救世軍が州内各地で食糧支援イベントを開催

2021.11.25

日刊ローカルニュース

慈善団体の救世軍( Salvation Army)では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、毎年恒例となっているオアフ島ワード地区のブレイズデルホールで実施していた感謝祭の無料ディナーの提供を今年も中止。今年も州内各地で食料配給イベントを行うと発表した。

救世軍では今年、オアフ島で約2,000食分の食糧支援を行うほか、ハワイ島やカウアイ島、マウイ島でも食料支援イベントを開催するとしている。

救世軍関係者は「今年も、ハワイ電力工業などによる支援のもと、州内の各地でサポートを必要としている人々に食料配給を行うことができます。また、今からでも救世軍をサポートするならば、募金を行っていただくことが最善のサポートになります」とコメント。12月31日(金)まで、州内にあるフードランドとサック・アンド・セーブ各店で寄付などを受け付けるプログラムも実施中であるとし、市民からの協力を求めている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top