オアフ島でワクチンパスポートを試験導入

2021.08.31

日刊ローカルニュース

ホノルル市のブランジアーディ市長は30日(月)、オアフ島内にあるレストランやバー、美術館などを利用する際に、新型コロナウイルスワクチンの接種証明書か陰性証明書の提示を義務付ける「セーフ・アクセス・オアフ・プログラム」を、9月13日(月)より60日間にわたって実施すると発表した。

今回ホノルル市長が発表した「セーフ・アクセス・オアフ・プログラム」では、オアフ島内にあるレストラン、バー、フィットネスセンター、ボーリング場やビリヤード場、映画館、美術館、動物園や植物園の屋内施設などを利用する際に、新型コロナウイルスのワクチン接種証明書か対象施設の利用48時間以内の陰性証明書の提示を義務付けているほか、レストランやバーに対しては、22:00以降にアルコール類の提供を停止するよう求めている。

なお、セーフ・アクセス・オアフ・プログラムは、ワクチン接種資格がない12歳未満の子どもは対象外となっているほか、スーパーマーケットやファーマーズマーケット、ショッピングモール、テイクアウト専門のフードトラックも対象外となっている。また、15分以内の滞在であればレストランのテイクアウトサービスなどを利用する際にもワクチン接種証明書の提示などは免除される。

ブランジアーディ市長はセーフ・アクセス・オアフ・プログラムの実施について「新型コロナウイルスの感染拡大の抑制と企業への経済的なダメージをできる限り抑えるために行われるもので、将来的なロックダウンの実施は望んでいません」とコメント。市民に対し、同プログラムの実施に理解を求めるとともに、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにワクチンを接種するよう呼び掛けている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top