今年のハリケーン発生件数は例年以下と予想

2021.05.20

日刊ローカルニュース

6月1日よりスタートするハリケーンシーズンを前に、アメリカ海洋大気圏局(NOAA)の中央ハリケーン・センターが今年度のハリケーン発生率の予想を発表した。

NOAAによると、今年ハワイ諸島周辺では2~5個の熱帯低気圧が発生すると予想しており、今年度は例年よりのハリケーンが発生する可能性が低くなるとみられるとしている。

なお、ハワイ州のハリケーンシーズンは6月1日から11月30日までとなっており、当局では1つのハリケーンの襲来でも大きな被害が出ることもあるとして、市民に対して、ハリケーン・シーズン到来前にハリケーン対策を怠らないよう呼びかけている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top