新型コロナワクチンの接種対象者を70歳以上に拡大

2021.03.04

日刊ローカルニュース

ハワイ州当局は3日(水)、新型コロナウイルスワクチンの接種対象者を70歳以上に拡大すると発表。8日(月)より、70歳以上の居住者に対する新型コロナワクチンの接種がスタートする見込みとなっている。

当局によると、ジョンソン・エンド・ジョンソン社が開発した新型コロナワクチンが到着。オアフ島には5,900回分、他島には6,000回分のワクチンが提供されており、ワクチンの提供数の増加が今回の70歳以上に対するワクチン接種開始の理由であるとしている。

州ではこれまでに、371,000回以上の新型コロナワクチンを投与。すでに人口の約15%が少なくとも1回めのワクチン接種を完了しているほか、75歳以上の居住者のうち、63%が少なくとも1回めのワクチン接種を受けている。

参考:ハワイ・ニュース・ナウ

ジャンルから探す
島・エリアから探す
キーワードから探す
島・エリア
CLOSE
CLOSE
お店を探す
ジャンルから探す
島・エリアから探す
目的別一覧ページ
はじめての方へ
CLOSE
CLOSE
page top