ハワイの最新現地情報が満載!

ハワイと日本をつなぐ美術展が作品募集中

ハワイと日本をつなぐ美術展が作品募集中

ハワイシニアライフ協会主催の「ジャパン・ハワイ・カルチャーエクスポ 2012」が、ホノルルフェスティバルの主会場ハワイコンベンションセンターで開催!

公開日:2012.01.20

ハワイお得情報

 昨年に引き続き、ハワイシニアライフ協会主催の「ジャパン・ハワイ・カルチャーエクスポ 2012」が、ホノルルフェスティバルの主会場であるハワイコンベンションセンターにて開催されます。

HISLEA01.jpg

 主な展示は「第2回 HISLEA美術展」と「東日本大震災支援プログラム展」の2つ。昨年も好評だった「美術展」では、ローカルアーティストの油絵、水彩画、書道などに加え、キム・テイラー・リース、ペギーホッパーなど著名なアーティストの作品も出品され、特価での即売会も予定しています。もちろん、ハワイそして日本のみなさんからの展示応募も受け付けているので、ぜひ参加してみてはいかがでしょう。

HISLEA02.jpg

 「東日本大震災支援プログラム展」では、震災で被災した方々が地域の復興のために励んでいる工芸品の展示、被災地とハワイの子供達の絵画展、はぎれで作る布ぞうりワークショップ、地震で壊滅的なダメージを受けた茨城県笠間市の笠間焼展と即売会などが行われます。

HISLEA04.jpg

 震災から約1年を迎える日本へ、ハワイからのサポートの気持ちを伝えるとともに、日本(被災地)の様子をハワイの皆さんに伝えていく機会として、ハワイ〜日本の文化交流の場ともなる展示会。ハワイ・日本の両方から募集した、子どもたちの絵画展も行われる予定です。

HISLEA03.jpg

 当日は、ハワイ大学のマイク・ダグラス教授(上の写真・右)、およびNPOビデオ作家・ヘンリー・モチダ氏が作成した、笠間市の復興活動を追ったドキュメンタリー映像「笠間焼きの復興/プレイス・オブ・ホープ」も、会場でプレミア公開されます。震災をきっかけとして地方の町やコミュニティーが互いに絆を深めていく様子が映し出され、日本の将来への希望も感じることができる映像。ぜひ、ひとりでも多くの方に見てもらいたい、とダグラス教授も語っています。

 「第2回 HISLEA美術展」では、作品応募を受け付けています。お問い合わせは、電話 (808) 351-1945、またはEメールmoto@tab-hawaii.com まで。応募要項や申込書はこちらにてご確認ください。

第18回ホノルルフェスティバル
ジャパン・ハワイ・カルチャーエキスポ2012

[日程] 2012年3月3日〜3月4日
[会場] ハワイコンベンションセンター  (1801 Kalakaua Ave.)
[料金] 入場無料
[主催] NPO ハワイシニアーライフ協会
[協賛] ホノルル フェスティバル財団

◆第2回 HISLEA美術展・作品応募について◆

応募作品: 水彩画、油絵、書道、写真、ミックス・メディア
出展料金:1点に付き$30、 日本からの出展料金は$50、各参加者に付き$10(作品を展示する為の手数料)
公募締切日:2012年2月10日(木) 17:00
申込方法:第2回ヒスレア美術展申込書にご記入の上、2月10日(木) 17:00までにアートボードにて申し込み。
問い合わせ:808-351-1945
E-mail:moto@tab-hawaii.com
※美術展についての詳細はこちら⇛

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top