3年ぶり!絶景コースが魅力のマウイマラソン2022開催

3年ぶり!絶景コースが魅力のマウイマラソン2022開催

3年ぶりにマウイ島で開催された「マウイマラソン」をご紹介。海沿いの眺望抜群なコースを走るマラソン大会で、ハワイの魅力をたっぷり体感してきました!

公開日:2022.05.10

ハワイのスポーツ情報「スポナビハワイ」

アロハ!スポーツナビゲーターのあべっちA-1です。

3年ぶりに開催されたマウイマラソンは50周年記念として約2,000名のランナーたちがエントリー。今回は久々に開催されたマラソン大会の様子をご紹介します。

ハワイでは3月末から新型コロナウィルス拡散防止のための規制がなくなり、ワクチン接種済み証明書提示やマスク着用の義務がなくなりました。2年間いろいろな規制に抑えられてきたランナーや旅行者も久しぶりのアウトドアイベントに心から楽しんで参加していました。

フルマラソン約500名、ハーフマラソン約780名、10k-360名、5k-360名という数字を見ればわかるとおり、多くのランナーはフルマラソンをガチで走るというよりは、リゾート地での旅ランを楽しむ人たちが多かった印象です。

それもそのはず、2,000名のうち約半数は米国本土からの参加者でした。今、新型コロナ(COVID19)やウクライナ侵攻などの影響で、アメリカ人も海外にバケーションに行けないので昨年からハワイは国内旅行のアメリカ人で賑わっています。

マウイマラソンの魅力は、コースがほとんど海沿いであることと古い町並みが残るラハイナやそれに続く旧道を走ることです。

ハワイらしい青い海を見ながら、フルマラソンはアップダウンが結構ありますが、ハーフ以下はカアナパリからスタートして戻ってくるほぼフラットなコースで初心者でも走りやすいのも魅力です。

コースト中のエイドステーションでは、笑顔いっぱいのボランティアが応援してくれるのもとてもうれしいです。

今年は50回記念といこともありメダルも50回記念のデザインで、記念のコインもプレゼントされました。

日本人ランナーはコロナ渦がまだ収まらないなかいろいろな理由で断念せざるを得ない方が多かったと思いますが、来年2023年4月23日(日)に第51回大会が開催されますので、ぜひ来年参加してください。ちなみに今年はホノルルマラソンも12月11日(日)に開催予定で第50回記念を迎えます!

海の向こうにはラナイやモロカイ島が見えたりします。こんな景色を見ながら走りたいですね!

Happy Running & Cheers!!

スポナビハワイ・ドットコム

定休日
9:00~17:00(月~金曜日)
この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート aloha street アロハブリーズ1周年記念企画
ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top