ハワイの最新現地情報が満載!

テラスハウスに出演したロコガールのエビアン登場!

テラスハウスに出演したロコガールのエビアン登場!

「テラスハウス・アロハステート」に出演していたエビアン・クーさんにインタビュー。2017年に立ち上げた「ILA SWIM」についてや家族のことなどを語ってくれました!

公開日:2019.11.08

アロハストリート・インタビュー

ネットフリックスでも配信されている「テラスハウス・アロハステート」に出演していたエビアン・クーさんにインタビュー。2017年にスタートした彼女のブランド「イラスイム」についてやハワイの魅力、ファミリー、ビジネスのこと、いろいろと語ってもらいました。

エビアン・クー/Avian Ku

ーーーアロハ! テラスハウスに出演後、自身のブランド「イラスイム」をスタートし、オンラインや88 Teesのカラカウア店の一角で展開されていますが、番組に出演する前からブランドを立ち上げる計画はされていたんですか?

エビアン:高校を卒業してから、ロスでグラフィックの勉強をしたり、上海でビジネスについて4年間学校に通い、ハワイへ戻って来た後にテラスハウスに出演したんですね。もともと自分のブランドをやりたいという気持ちはありましたが、ブランドを立ち上げるならもっと先だと思っていたんです。ただテラスハウスがきっかけで、ファンの方や応援してくださる方が増えたのでブランド立ち上げのタイミングを少し早くすることにしたんです。

ーーーテラスハウスの影響力ってやっぱり大きかったんですね。

エビアン:そうですね。ネットフリックスでも配信されたことで日本の方だけでなく、アメリカ本土でも声をかけられたり、SNSのフォロワーが増えたり…。うれしい反響がありましたね。

ーーーイラスイムのアイテムをチェックさせてもらったのですが、アクティブウエアが充実しているなと思いました。

エビアン:イラスイムでは自分が好きなものを作っていますね。体を動かすことが大好きなのでアクティブウエアもありますが、デニムに合わせやすいTシャツやキャップなどもそろえています。ロゴ入りバッグも人気ですよ。


ーーー水着もいろいろなバリエーションがありますね。個性的なプリントだったり、凝ったデザインの水着は洋服感覚で着用できそう。でも水着って洋服以上に趣味趣向がはっきり分かれるから、Tシャツなどに比べてビジネス的な点で言うと難しくはありませんか?

エビアン:そうなんですよ!  やらないほうがいいんじゃないのかな(笑)というくらい、難しいことだらけなんです。でも私はサーフィンをやっていて、水の中で過ごすことが多いので、水着はこれからもっと作っていきたいと思っています。毎朝早起きして、サーフィンをしてから仕事に行くことが多くて、今では私にとって癒やしの時間ですね。でも、この前までニューヨークへ行っていて3日ぶりにサーフィンをしたら、早速腕をぶつけちゃって青あざができちゃいまいました(笑)。

ーーーその青あざ、インタビュー前から気になっていました…。

エビアン:(笑)。毎日体を動かしてないと落ち着かなくて。昔はジムに通っていたんですが飽きちゃったんですよね。サーフィン以外にもヨガやジョギングをしたり、いろいろな運動をミックスすることが自分に合っていることに気が付きました。筋肉の付き方も変わってきますしね。ヘルシーなライフスタイルが大好きです。

Ila swim× Sig Zane × HAYNコラボ

ーーー夏は日本でポップアップイベントを行われていましたが、どんな反響がありましたか?

エビアン:8月に東京、名古屋、大阪、京都、福岡の5カ所を回ってポップアップのイベントを実施したのですが、すごく楽しかったです。そこではイラスイムと環境にやさしいサンダルを作るハワイブランドのHAYN、ハワイの有名デザイナーのシグ・ゼーンさんとのコラボアイテムを販売して好評だったので、今後同じアイテムをハワイでも販売できるよう計画しているところなんです。

ーーーボタニカルなプリントがハワイっぽいし、カラーコンビネーションもかわいいですね。

エビアン:ありがとうございます! シグ・ゼーンさんとコラボできるなんて夢のようなことでとてもうれしかったです。イラスイムはシーズンごとにコレクションを発表せず、できた時に新作が出るというスタイルなんです。シーズンと言ってもハワイはいつも夏だし(笑)。とくにこうでないといけないというルールもないと思うので、ハワイ的なのんびりした感じでもの作りをしています。だからこのコラボアイテムももうすぐ発売ということで…。

ーーーすべてエビアンがデザインしているのですか?

エビアン:デザインから注文の管理、SNSの投稿や写真撮影まですべて自分で行っています。もう本当に大変で(笑)! でも初めての自分のビジネスなので、これから育てるためにもちゃんとバックボーンを理解しておいたほうがいいと思って頑張っています。ママにも小さい時から「You need to learn how to live on your own.(ちゃんと自立で生きる術を学びなさい)」と言われ、いろいろ教えてもらったことも大きかったですね。

88 Tees

ーーーエビアンのお母さんはハワイの有名Tシャツショップ88 Teesを長年経営されているから、アパレルビジネスの先輩でもありますね。88 Teesのデザインというと、ものすごくたくさんあるイメージなんですけど…。

エビアン:3000以上はありますね。多すぎてわからなくなっちゃうんですよ(笑)。

エビアンがモデルになったYAYAちゃん

ーーーちなみに88 TeesのメインキャラクターであるYAYAちゃん(写真上の女の子)ってエビアンがモデル?

エビアン:そうです、私です。88 Teesのオープン当初は古着をメインに販売していたのですが、私をモデルしたキャラクターのYAYAちゃんが誕生してから、Tシャツをデザインして販売することになりました。今は私も88 Teesのプロダクトマネージメントメントを担当していて、こちらのビジネスのサポートもしています。

テラスハウスに出演したエビアン

ーーーでは今後、88 Teesはエビアンが引き継いでいく予定なのでしょうか?

エビアン:うーん、どうでしょう。いずれはそうなるかもしれませんが、ママはいつもお店に出勤すると思います。本当にスーパー元気で、スーパーウーマン。みんなに平等にやさしくて、強い。私もそんな女性になりたいです。私は一人っ子ということもあり、大学まで何不自由なく行かせてもらった上、いろいろな勉強もさせてもらったので、家族には感謝の気持ちでいっぱいです。今度は私が両親に恩返しする番。でもママは働くことが元気の素になっていると思うので、ずっとお店で働き続けると思います(笑)。

ーーー素敵な親子関係ですね。

エビアン:私は恵まれているなあって思うんです。学校に通う費用をバイトをしながら支払っている友だちの姿を見て、私は両親が全部面倒をみてくれてなんてラッキーなんだろう、って気がついて。

ーーー親に面倒を見てもらうのが当たり前と思う人たちも多いなか、そういうことに気がつけるってしっかりしてるなぁと思います。

エビアン:いえいえ、昔は超マイペースで時間にルーズでだめだめだったんです(笑)。テラスハウスに出てからちょっと変わったというか。自分のビジネスもスタートしたので、責任感もでてきたんだと思います。

エビアン・クー

ーーーテラスハウスに出演したことってやっぱりエビアンの人生においてとっても大きな出来事だったんですね。では、今後イラスイムをどんなふうに展開していきたいですか?

エビアン:よく聞かれるんですけど、難しい〜(笑)。自分を反映するようなブランドにしたいので、これからも私の好きなものをプロデュースしていきたいですね。お店の拡大は考えていませんが、今年日本でやったようなポップアップをメインランドでもやっていきたいと思っています。セレクトショップへの卸売りやオンラインでの販売も充実させたいですね。

テラスハウスに出演していたエビアンのブランド「イラスイム」

ーーーこれからの活躍を期待しています! コラボアイテムも発売が決まったらぜひチェックさせてもらいますね。ありがとうございました!

エビアン:ありがとうございました!

誠実で、明るくて、やさしくて、元気なエビアン。ハワイの魅力について尋ねてみると「とにかく人がやさしい! 人同士の関係性が深いというか、LOVEであふれていると思うんです。お互いのことを気遣い、愛を持って接することがアロハなんじゃないかなと。だから私もここに住み続けたいなと思っています」と語ってくれました。エビアンもそんなアロハにあふれたハワイの住人であり、いろいろな人に幸せのおすそ分けをしてくるエネルギーに満ちた女性だと思います。彼女の近況や活動の様子はインスタグラムでチェックしてくださいね!

イラスイム

<イラスイム>

住所
2168 Kalakaua Ave. 88 Teesカラカウア店内

GoogleMAPで見る

電話番号
808-922-8832
営業時間
10:00〜23:00
定休日
無休
ホームページURL

https://ilaswim.us/

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top