ハワイの最新現地情報が満載!

ハワイで買える!おすすめのリーフセーフ日焼け止め9選

ハワイで買える!おすすめのリーフセーフ日焼け止め9選

2021年よりサンゴ礁に有害な成分を含む日焼け止めの販売が禁止に。ハワイの海と自分のお肌を守る、自然派&オーガニックな日焼け止めのおすすめをまとめました!

公開日:2019.03.21

更新日:2020.04.09

まとめ記事

ハワイといえば多くの人が真っ先に思い浮かべる景色は、太陽が照りつける白い砂浜と真っ青な海、ですよね。

そんなハワイの海に生息するサンゴ礁が、じつは私たち海水浴客が体に塗っている日焼け止めによって深刻な被害を受けているということがここ数年で明らかになっています。そしてついに最近、ハワイ州ではこの美しい海を守るため、2021年1月よりサンゴ礁にとって有害な成分、オキシベンゾン(Oxybenzone)とオクチノキサート(Octinozate)を含む日焼け止めの販売を禁止する法案が成立。

日本からの日焼け止めの持ち込みは今までどおり可能ですが、ハワイの環境保護のためにも自然にやさしい成分で作られた「リーフセーフ」の日焼け止めを使うようにしてみませんか? と、いうわけで、現地で買えるハワイにもお肌にもやさしい、自然派のおすすめ日焼け止めをまとめてご紹介します!

※この記事は2020年1月8日に内容を更新しました。

 

 

ワイメアブルーギャラリー&ブティック(Waimea Blue N21° North Shore Hawaii)

ハワイでおすすめのリーフセーフの日焼け止め

●商品名
サンブロック(SPF25)

ハワイの自然や海の生き物を撮る日本人の女性水中カメラマンが手作りする日焼け止め。オーガニックのシアバター、ココナッツオイル、スイートアーモンドオイルなど肌に優しい天然素材のみを使用し、つけ心地も抜群です。

 

ここがポイント!

やわらかいテクスチャーで伸びが良く、お出かけ前や海に入る前にささっと塗りやすいのが魅力。オーガニック素材を使用しているので敏感肌でも安心して使えます。

●購入できる場所
ワイメアギャラリー&ブティック
住所:ノースショアマーケットプレイス内
電話番号:808-498-2218

ハワイ・メディシナル(HAWAII MEDICINAL)

ハワイでおすすめのリーフセーフの日焼け止め

●商品名
ボディ・ブロック(SPF30)

ハワイでは昔から天然の日焼け止めとして利用されてきたという「ナウパカ」の葉や、ココナッツオイル、オリーブオイル、シアバター、レッドラズベリーシードオイル、ビタミンE、キャロットシードオイル、そしてラベンダーオイルと、たっぷりのオーガニック保湿成分を配合したメイド・イン・ハワイの日焼け止めバーム。やさしいラベンダーの香りも魅力です。

 

ここがポイント!

 オーガニックミツロウが配合されているため、ナチュラルなウォータープルーフ効果もあります。目にしみる成分が使用されていないため顔にも使用OK。

●購入できる場所
・カカアコ・ファーマーズマーケット(住所:1050 Ala Moana Blvd)
オンライン

 

 

ラニカイ・バス・アンド・ボディ(Lanikai Bath and Body)

ハワイでおすすめのリーフセーフの日焼け止め

●ナチュラル・ミネラル・サンスクリーン(SPF35)

軽い使い心地と保湿力のあるオール・ナチュラルな日焼け止めローション。抗酸化作用の高いハワイアンボタニカルやビタミンがたっぷり含まれ、肌の潤いを保ちながら紫外線から守ってくれます。

 

ここがポイント!

 ノーマルな無香料タイプのほか、プルメリアやグァバ、マンゴーココナッツなどラニカイ・バス・アンド・ボディの定番の香りから好きなものを選べます。

●購入できる場所
ラニカイ・バス・アンド・ボディ
住所:600 Kailua Road, #119, Kailua, HI 96734
電話番号:808-262-3260

コクア・サンケア(Kokua Sun Care)

ハワイでおすすめのリーフセーフの日焼け止め

●ナチュラル・ジンク・サンクリーン(SPF50)

化学成分、人工香料、保存料などを使用していない高SPFの日焼け止め。ハワイのスーパーフルーツとして注目を集めているコーヒーの果実「コナレッド」やオーガニックのノニジュース、海藻のスピルリナ、ククイナッツオイル、マカダミアナッツオイル、プルメリアエキス、ハチミツなど、ハワイ生まれの7種の抗酸化物質が配合されています。

 

ここがポイント!

 耐水時間は最長80分で、海で遊ぶ時にぴったり! 香料無使用で、赤ちゃんの肌にも使用できます。

●購入できる場所
ホールフーズ
ダウントゥアース

リトル・ハンズ・ハワイ(Little Hands Hawaii)

ハワイでおすすめのリーフセーフの日焼け止め

●ボディ&フェイス・リーフ・セーフ・サンクリーン(SPF35)

ハワイ島産マカダミアナッツオイルやハワイのミツバチから採取したビーワックスなどの天然素材配合のナチュラル&オーガニック日焼け止め。スティックタイプとジャータイプがあり、さらに無色と肌色になじむ「ティント」の2種類が販売されています。肌にピタッと密着しながら、塗り心地も滑らかです。

 

ここがポイント!

美肌や抗炎症作用、殺菌、防腐効果があるエッセンシャルオイルを配合しています。ウォータープルーフ仕様で、スポーツやアウトドアシーンにオススメ。

●購入できる場所
サブライム
住所:ワイキキ・ショッピングプラザ1階
電話番号:808-922-1051

プアラニ・ハワイ・ビーチウェア
住所:3118 Monsarrat Ave., Honolulu, Hawaii 96815
電話番号:808-200-5282

Tギャラリア ハワイ by DFS

ロウ・ラブ(Raw Love)

ハワイでおすすめのリーフセーフの日焼け止め

●オール・ナチュラル・ミネラル・サンクリーン(SPF35)

マウイ島生まれの100%天然植物素材のナチュラル日焼け止め。コールドプレスの無精製ココナッツオイルや生シアバター、セサミオイル、ホホバオイル、ビタミンEにラベンダーやペパーミント、ユーカリなどのエッセンシャルオイルが配合されています。

 

ここがポイント!

 抗酸化作用や保湿効果があり、ウォータープルーフ仕様で耐水時間は約40分。マウイ島で活躍するアスリートからも人気です。

●購入できる場所
ホールフーズ
オンライン

エーオー オーガニックス ハワイ(Ao Organics Hawai'i)

エーオーオーガニックスの日焼け止め

●商品名
エーオー オーガニックスサンスクリーン(SPF30+)
ハワイ島生まれのエーオーオーガニックスの日焼け止めは、「子供たちのため安全な日焼け止めを作りたい」という想いから、オーガニックのココナッツオイルやビーワックス、ラベンダーオイルなどをブレンドし、ていねいに手作りしています。

 

ここがポイント!

 片手で塗れるスティックタイプや、小麦肌になれるティント入りなど様々な種類やサイズがそろいます。

●購入できる場所
ノースショア・サーフショップ・ブティック
住所:66-200 Kamehameha Hwy., Ste C, Haleiwa, HI 96712
電話番号:808-637-6777

グッドフィーリングス
住所:ワイキキ・ショッピングプラザ2階
電話番号:808-517-3503

・ザ・オアフクラブ
・ボーンオブウォーター
・バリアホノルル

アウアウ ハワイ('au'au hawai'i)

アウアウのスティックサンスクリーン

●商品名
アウアウサンスクリーンスティック
ミネラル、ハワイ産ミツロウ、ハワイ産マカダミアナッツオイルで作るハワイ島生まれの日焼け止めは、プルメリアなどの心地良い香りとベタつかずよく伸びるテクスチャーが特徴。海で遊ぶ時など、アウトドアシーンをはじめ、化粧下地として使用も可能です。

 

ここがポイント!

 カバンの中でかさばらないスティックタイプで、持ち運びもラクラク。顔や体のほか、唇にも使用できます。

●購入できる場所
ミューズ・アット・ロイヤル・ハワイアン・ホテル
住所:ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート内
電話番号:808-926-9777

ミューズ・ルーム
住所:332 Uluniu St, Kailua, HI
電話番号:808-261-0202

オール・グッド(All good)

ハワイでおすすめのリーフセーフの日焼け止め

●ココナッツ・サンスティック(SPF30、写真左)
●スポート・サンスクリーン(SPF30、写真右)

カリフォルニア生まれの日焼け止めメーカー「オールグッド」。オーガニックグリーンティーやローズヒップ、熱帯植物「ブリチ」のオイルなど、高い抗酸化作用を持つ素材が配合されています。

 

ここがポイント!

 マリンスポーツにもぴったりな水と汗に強い成分なのに、ベタベタせず軽いつけ心地が人気です。

●購入できる場所
ベルヴィーハワイ
住所:ワイキキ・ショッピングプラザ1階
電話番号:808-926-7850

知っておきたい豆知識

− 禁止となったオキシベンゾンとオクチノキサートはどんな成分?

オキシベンゾンとオクチノキサートは、紫外線吸収剤として使われる成分です。
オキシベンゾンは、人体にも安全な成分だとは言い切れず、最近では日本製の日焼け止めにあまり使われなくなっているのだそう。

−サンゴ礁にどんな影響があるの?

オキシベンゾンとオクチノキサートは、サンゴの白化や死滅といった影響を与えています。

− 日本製の日焼け止めの持ち込み&使用してもOK?

日本から持参した日焼け止めをハワイで使うことは可能です。とはいえ、ハワイの綺麗な海を守るためにも、なるべくリーフセーフの日焼け止めを使用したいですね。
また、日焼け止めをおみやげとして日本に持ち帰るときは、機内持ち込みではなく預け荷物に入れましょう。

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート・マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top