ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
真っ黒なチャコールパンケーキが今年ブームの予感!

真っ黒なチャコールパンケーキが今年ブームの予感!

ワイキキ中心に真っ黒なチャコール・パンケーキが登場!しかも12ドル、さらにクーポン利用で15%オフに!!

公開日:2018.03.21

更新日:2018.09.17

編集後記ブログ

アロハ! メグミです。

パンケーキブームもひと段落した感のあるハワイ。
…ですが、最近、ものすごいパンケーキを見つけてしまったのです!

見てください、真っ黒なんです!!!

しかも、お味もかなりイケてるときたもんだ。

 

真っ黒パンケーキが食べられるのが、こちら。

ワイキキ中心のクヒオ通り沿いにある「デュークス・レーン・マーケット&イータリー」。ABCストアが運営する新しいお店で、ここ一カ所の中にコンビニ、酒屋、フードコート、ベーカリー、本格レストラン&バーが凝縮しています。

真っ黒パンケーキが食べられるのは、この中にあるレストラン「BASALT(バサルト)」です。

つやっつやの黒光り具合が、黒曜石のようですね。

さっきから真っ黒、真っ黒言ってますが、正式なメニュー名は「チャコール・バターミルク・パンケーキ」です。

チャコールとは「炭(すみ)」のことですが、この真っ黒の正体はなんと、ココナッツの殻の炭だそうです。食紅じゃないんですね〜。
※2018年3月22日追記:取材時は日本産の竹炭を使っていましたが、その後、日本産の竹炭からココナッツ殻の炭に変更したそうです。)

トッピングには、こちらも炭が入ったグレーのホイップクリーム、イチゴやブルーベリー、ぷりっぷりのブラックベリーに、自家製ベリーソースがたっぷり。

断面もこのとおり、真っ黒です。

この炭のパンケーキがですね、ふっかふかの弾力なんですよ〜。

通常のバターミルクパンケーキの、あのパサッとした感じや、しっとりしていてもボロボロ崩れる感じがなく、ふわっとしていながらモチッとした弾力があるんです。

炭そのものには、あまり味がないのですが、食感が抜群に良いのと、フレッシュなベリー類とソースがベストマッチしていて、これはひと皿ぺろっと食べられちゃう美味しさですよ〜。

私、いつもはパンケーキをひと皿完食できないのですが、これは本当に食べ切れるやつでした。サイズが小さいわけじゃないんですよ、むしろ大きめパンケーキが3枚なので、けっこうボリュームあります。

ちなみにお値段は$12。かなりお得!!

 

もうひとつ、BASALT(バサルト)のおすすめ朝食メニューが、こちらの「ハワイ産ヤギチーズのオムレツ」。こちらも$12なり。

 

横から見ると、オムレツの中にぎっしりと具材が詰まっているのがわかります。上にはちょっと甘いチャツネがアクセントとして乗っています。

ヤギチーズ(ゴートチーズ)は、ちょっと強い香りががあるので、苦手な方もいるかと思いますが、私はこのクセのある味わいが大好きなんです。ヤギチーズがお好きな方には、かなりおすすめのメニューです!

付け合わせにベイクドポテトやフルーツ、マフィンもあり、こちらもボリュームたっぷり。これで$12は破格だと思います。

 

店内はかなり広々としていて、テラス席もたっぷりあります。ワイキキ中心で、このクオリティの朝食が、しかも$12で食べられるって、かなり貴重だと思うんですよね。

さらに、アロハストリートの最新号(2018年8/9月号)とウエブに掲載のクーポンを利用すると、BASALT(バサルト)でのお食事が15%オフになるので、さらにお得! チャコールパンケーキやヤギチーズのオムレツにも使えるので、ぜひご活用くださいね〜!

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top