ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
朝〜夜まで大満足!ハワイ島マリオットの新スポット

朝〜夜まで大満足!ハワイ島マリオットの新スポット

ハワイ島のワイコロア・ビーチ・マリオットに新登場した「アカウラ・ラナイ」。早朝6:00からカクテルタイムまで、絶景とともに楽しむ贅沢をどうぞ!

公開日:2018.03.13

更新日:2018.03.26

ハワイ島(ビッグアイランド)特別コラム

アロハ!リツコです。

先日のハワイ島出張では、ワイコロア・ビーチ・リゾートにある「ワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ」に滞在しておりました。

2017年にはタイムシェアもでき、大きなリノベーションを終えたばかりの新生マリオット。

そのロビー階にあるラウンジスペースが「Aka'ula Lanai(アカウラ・ラナイ)」として生まれ変わったということで、その様子をご紹介します!

 

■とにかく気持ちいい!開放的なアカウラ・ラナイ

じゃじゃーん、ほらほらこの感じ!いいですよねえ。なんと、滞在中に朝・昼・夜と3回も行ってしまったアカウラ・ラナイ…(笑)。だって、とにかく居心地がいいんですもの。

プールやアナエホオマル・ベイを見渡せる開放的でゆったりしたスペース。時間が経つのを忘れてしまいそうです。

でも、それじゃレポートにならないってことで…まずは清々しい朝食タイムから!

 

●朝6:00オープンのカフェスペース

こちらは早朝6:00からオープンしているのがうれしい限り。美味しいコーヒーや軽食が、この気持いい空間で楽しめます。

デニッシュやキッシュなどがかわいくディスプレイされています。

ころんとしたマラサダは小さめで朝の目覚めにもピッタリな感じ。

このマラサダを、淹れたてのコーヒーとともにいただきました!ふわっふわのサックサク。なんともやさしい味わいのマラサダ。ちょっと急いで次の行動に移りたい取材前の朝には、これくらいがパーフェクトでした。元気でるわ〜。

 

●ランチはヘルシーにサラダ&フルーツで

取材から一旦戻ってお昼頃。この時間になると、ラナイはさらに明るく景色も美しくなってきます…。すてき。

そんなランチタイムには、シーザーサラダやフルーツなどをチョイスして、ヘルシーにエナジーチャージするのがオススメ。

メイソンジャーでサーブされるフルーツ入りのヨーグルトは、美味しいだけじゃなく見た目もかわいくて女子力がアップしそうです(笑)。

っていうか、このロケーション!ありがたすぎでしょ。

あ〜、幸せ。食事の後は、ゆったりしたソファー席へ移ってお昼寝したり本を読んだりする贅沢時間を楽しむのも素敵だなあ…。取材じゃなければ、夕方までゴロゴロしてしまっていたに違いありません。

 

●ほら貝の音色とともに始まるディナータイム

夕方になると、ホテルの敷地内にあるトーチに火を灯しながらほら貝を吹くお兄さんが登場。なんともハワイらしい演出に、リゾート気分が盛り上がる頃には、アカウラ・ラナイでディナーメニューが楽しめます。

ディナーのメニューは、ハワイ島を走るハイウェイの名前にちなみ、$11、$19、$25のメニューに分けられています。

一日中取材で走り回り、ちょっとお疲れモードだった私は、軽めの「スープ&スライド」をオーダーすることに。4つのスライダーから2種類を選べるということで、「パニオロ・キャトル・スライダー」と「ベーコン」をチョイスしてみました。

小ぶりなスライダーとスープが、お洒落な容器でサーブされます。ワイメアの牧場で育った牛肉がジューシーなパニオロ(カウボーイ)スライダーは小さくても食べごたえ十分。ベーコンのスライダーは「バオ」バンズにキムチ入りとエスニックな一品で、これまた美味しい!

アカウラのお料理は、ハワイ島の山や海の恵みをふんだんに活かすことにこだわっているのだそう。プランテーション時代から伝わるメニューから現代的なアレンジが効いたものまで、バリエーション豊かにそろっています。

お天気がいいと真っ赤に染まるハワイ島ならではの極上サンセットが見られるのも魅力。私が行った日は、夕方曇ってしまったのが残念でしたが、そんな雰囲気もまたいい感じ。

ディナータイムにはライブ演奏もあるので、カクテルを片手にハワイ島の夜をゆっくりカジュアルに過ごすのにピッタリです。

ネイバーアイランドならではのゆったりした雰囲気の中、心地よい風を感じながら、朝・昼・夜とそれぞれの表情を楽しめるアカウラ・ラナイ、ほんと気持ちいい…。いや〜、今度行ったらまた通ってしまいそうです。

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top