ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
これは食べるべき!実力派シェフの朝食メニュー

これは食べるべき!実力派シェフの朝食メニュー

自家製ベーコンだけじゃない!ハワイ島のニューウエーブシェフの一人アレン・ヘスさんのパンケーキやフリッタータが絶品な件を、調査してきました!

公開日:2018.01.25

更新日:2018.09.30

編集部体験レポート

 

アロハ! メグミです。

ちょうど2年前に、こんな記事を書かせていただいたのですが、

 

んま〜、とにかく、この「マイ・グリル」というレストランの自家製ベーコンが、美味しいんですよ。

 

ベーコンというと、薄くてカリッカリのやつを思い浮かべますが、マイ・グリルの自家製ベーコンは、分厚くて、ジューシー。スモーキーな香りと脂の甘みがたまらない…そんな味。

しかも、地元産の食材をたっぷり使っていて、お肉以外も、むちゃくちゃ美味しい。全体的にクオリティが高いお店なんです。

ああ、こう書いていて、また食べたくなっている自分がいます(笑)。

 

先日、ハワイ島の情報通のマーゴさんから、「マイ・グリルの朝食がすごいから、絶対食べたほうがいい!今度いっしょに行きましょう!」という連絡が。
しかも、

「パンケーキが、すごーく美味しいのよ!!!」

と、言うではありませんか。

得意なのは肉と野菜のお料理だと思っていたけれど、パンケーキとな? それは気になる!
ということで、リツコ編集長といっしょに出かけてまいりました。

 

マイ・グリルは、ハワイ島の西海岸にある巨大リゾート「ワイコロア・ビーチ・リゾート」の中の、ゴルフ場に併設されているレストランなのです。

もちろん、ゴルフをプレイしなくても、誰でもレストランを利用することができます。

 

入り口で、お決まりのポーズ(笑)。
ドアには、大きく「BACON(ベーコン)」の電飾が輝いております。

 

では、さっそく中に入っていきましょう〜!

吹き抜けの天井が開放的。店内はけっこう広いです。

私たちは朝9時ごろに行ったのですが、ほぼ満席でした。やっぱり人気なんですね。美味しいもんなぁ。

 

カントリー調の、かわいらしいインテリア。

テーブルにも生のお花が飾ってあります。高級なお洒落さではなく、カジュアルな雰囲気なのがいいんですよね。子ども連れでも、家族でも、誰とでも気軽に行けるこの感じ、リゾート内ではけっこう貴重だと思います。

 

ではでは、お待ちかね、今回のお目当てのパンケーキが、こちらです!

「バナナ・ブラウン・バター・パンケーキ」$21

小ぶりながらもしっかり分厚いパンケーキに、卵3つぶんのスクランブルエッグ、パパイヤ半切り、サイドのお肉が付いてきます。

お肉は、自家製ベーコン、ポーチュギーソーセージ、リンクソーセージから好きなものが選べます。私は迷わず、自家製ベーコンをチョイス!

 

まずは、リツコ編集長から、実食をどうぞ。

 

リツコ「ん〜! んんん〜!! ほれ、ほいひー!」

 

…朝なのにお顔がスッキリしてるなーと思ったけど、やっぱり食レポはこうなるんですね…(笑)。

と笑っていた私でしたが、この後に自分も食べてみて、リツコ編集長のこの興奮ぶりも納得の美味しさに驚愕したのでした。

 

バナナと砕いたマカダミアナッツが、たーっぷりと入っています。

生地はしっとりしたケーキのような食感なのですが、外側が程よくキャラメライズされていて、パリッとした香ばしさもあり。

甘すぎず、素材の味がしっかり味わえるのも、よし。

このパンケーキには、ハワイ島産のプアコ・ハニーが使われているのだとか。私はいつもパンケーキがメープルシロップでベチャベチャになるのが嫌いなのですが、そんな心配も一切なし。

 

あんまりほめ過ぎると、嘘くさくなってしまうのでイヤなのですが、でも、

このパンケーキ、本当に美味しいですよ。

ワイコロアに宿泊していなかったとしても、わざわざ足を運ぶ価値は十分あると思います。

 

付け合わせのベーコンも、むちゃウマです。

コンチネンタル・ブレックファストで定番のカリッカリのベーコンではなくて、分厚くてしっとりしています。

この脂がですね、うまいんですよ〜本当に。噛めば噛むほど味が出てきて、「スルメかお前はっ!」とつっこみたくなります。

 

こうして書いていても、じわ〜っとよだれが出てくるほどなので(笑)、つくづく、このお店があるのがハワイ島でよかったなと思います。もし近所にあったら、私は絶対に通いまくって豚小屋まっしぐら…あな恐ろしや。

 

日曜限定「ファーマーズ・フリッタータ」$18

 

朝食は毎朝8:00〜10:30の間に提供されているのですが、日曜日だけは「サンデーブランチ」となり、7:30〜11:00の間に特別メニューが食べられるんです。

なかでもフリッタータが絶品というマーゴさんのおすすめで、私たちも試してみることに。

 

ふわっふわの卵の掛け布団をめくると、ベイクドポテトがたっぷり! かなりのボリュームです。

 

そりゃ美味しいですよ、はい。

なんか自分が「美味しい美味しい」言いすぎて、イヤになってくるのですが、でも本当に美味しいんだから仕方がない。

 

農家から届く新鮮な卵に、ナカノ農園のトマト、ハワイ島産のゴート・フェタチーズ、先ほどのポテト、そして自家製ベーコンのチップをたっぷりトッピング…という、地元産オンパレードの豪華さ。

卵がふわっふわなエアリーに仕立てられていて、さっぱりしたゴートチーズとの相性も抜群。オムレツって、最後のほうチーズが重たくて完食がしんどくなってくる時がありますが、こちらのフリッタータはその重さがないんですよね。ナカノトマトも味が濃くて、グルタミン酸たっぷりな感じ。

 

ちなみに、こちらはローストしたカボチャなのですが、ディナーメニューで自家製ベーコンをオーダーすると、その付け合わせのひとつとして選べるようです。

トロッと甘いかぼちゃに、お塩と七味がかかっていて、美味しかったぁ〜。

 

こちらが名物シェフのアレン・ヘスさん。
私が勝手に「ハワイ島のニューウエーブ・シェフ」と呼んでいるうちの一人です。

かぼちゃはワイメア産を使用。ワイメアのカボチャは、雨が多い季節には大きく、春から夏にかけての乾季には小ぶりのサイズになっていくのだとか。

 

そして、最後に…。

はい、食後のコーヒーも、ぜひここで!

このお店のコーヒーは、アレンさんのファミリーが営む農園で育ったカウコーヒーなんです。爽やかなシトラス系の味わい。

 

 

ちなみに……。

アレン・ヘスさんは、毎週土曜日の朝、ワイメア地区で開催されているファーマーズ・マーケットにも出店しています(これがまた大人気だそうで、やっぱり実力があるシェフは、どこへ行っても頭角を現してしまうんですね〜)。

ファーマーズ・マーケットでも、フリッタータやパンケーキが食べられるそうですよ。ただしサイズや形はちょっと違うかもしれません。私も近々、ファーマーズマーケット・バージョンをチェックしに行きたいと思っています。

みなさんも、ぜひ〜!!

この記事を書いた人

この記事を書いた人

マローン恵(メグミ)

ワイキキ、マノア、モンサラット、マキキ、カイムキを経て現在はヌウアヌ在住。好きなものは地ビールと地コーヒーと地チョコレート(全部発酵食品!)。ハワイ島取材班としても意欲的に活動中。

Twitterアカウント:@Megumiinhawaii

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top