ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ハワイの短大(KCC)に試験なしで入学する裏技

ハワイの短大(KCC)に試験なしで入学する裏技

ハワイで進学に興味がある人必見!語学学校「IIE ハワイ」の特別プログラムなら最短16週間でKCC短大への入学準備が万端に。

公開日:2018.01.29

更新日:2018.05.11

編集部体験レポート

アロハ! ヨリエです。

留学の種類はさまざまあります。そのなかから、今回は大学進学を視野に入れた語学留学をフィーチャー。ワイキキにある語学学校「IIE ハワイ」で調査してきました。

テーマがかなり狭いですが、興味のある方は読んで損はないはず。


【テーマ】
「ハワイの語学学校(IIE ハワイ)を経て、TOEFLのスコアなしでハワイの短期大学(カピオラニ・コミュニティ・カレッジ)に入学する」という選択肢について

【こんな人に読んでいただきたい】
アメリカの大学に入学をすでに検討中の方
TOEFLの点数が伸び悩んでいる方
将来的に留学が視野にある方、そのご両親

【目次】
はじめに
先生に聞く!進学が目的のATコースって?
KCC入学を目指す語学学校生の本音
IIE卒業、KCC入学後のキャンパスライフ
まとめ

はじめに


私も留学という道を通ったひとりです。お金も時間もできる限り有効に使いたいから、数ある選択肢をどう選ぶかは本当に大事だと思います。

ちなみに私はアメリカ東海岸の4年制大学を卒業しました。日本で短大を卒業後ハワイの語学学校に2カ月通い、その間にTOEFLのスコアを取得。アメリカの4年制大学に編入という形で進学しました。英語が全くできない状態から、TOEFL、ハワイの語学学校、アメリカの大学生活を一応は経験しています。

果たして、TOEFLなしでアメリカの大学に進学できるって本当? そのメリットは?

●TOEFLとは
英語圏以外の出身者がアメリカの大学に入学する場合、入学の条件にあるのが英語力。その英語力を証明する方法のひとつとして、TOEFLのスコアを必要条件にしている大学が多くあります(スコアは大学により異なる)。

●テストの概要
TOEFLは英語を母国語としない人たちの英語コミュニケーション能力を測るテスト。アメリカの大学で必要な「読む」、「聞く」、「書く」、「話す」の技能を総合的に測定します。テスト時間は4〜4.5時間。10分間の休憩を挟み、みっちり行います。

先生に聞く!進学が目的のATコースって?


IIEのアカデミック・ディレクター(主任講師)、ジャネー・ロバーツ先生。び、美人……! そしてとても気さくで、インタビュー中もスタッフや生徒がカジュアルに話しかけてきます。みんな仲良い!

【IIEにあるATコースの概要】
英語力が基準のレベル(B1+/中級〜上級)に達した生徒はAcademic Track(アカデミックトラック/通称AT)コースを受講できる。最短16週間受講し、主任講師の承認があればKapiolani Community College(カピオラニ・コミュニティ・カレッジ/通称KCC)に試験なしで入学できるというもの。このプログラムはIIEが2007年にハワイで初めてKCCと提携を開始し、これまで多くの生徒が入学・卒業している。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

ATコースを受講する利点を簡単に教えてください。

ジャネー先生
ジャネー先生

TOEFLのテストを受けずにKCCに入学できるのが最大のベネフィットです。TOEFLのテストは難しいし、勉強が本当に大変ですから。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

TOEFLのテストは出題に生物学や化学など、幅広い範囲の学術的な単語が使われていることも多く、高得点を取るために覚えることが膨大ですよね。でも、苦労してTOEFLのスコアをクリアし大学に入学しても、授業には全然ついていけないっていうことは、往々にしてある。

私もそうでした。急いでTOEFLの目標点数を取ったものの、早く取れたら良いってものではありませんでした。テストはできても、大学の授業の展開についていけない。かといって、大学進学の前にそれほど長い期間かけて語学学校に通う時間と金銭的余裕もなかったし……

ジャネー先生
ジャネー先生

そうですね、TOEFLが大学入学の必要条件にあると、英語の勉強がテストのスコアをアップするためだけの勉強になりがち。でも実際大学ではひとりで問題を解くだけでなく、もっとコミュニケーション能力が必要だし、アメリカならではのディスカッションやエッセイのコツも掴んでいないと困りますよね。ATコースなら最低16週間をかけて満遍なく大学入学の準備をします。大学入学後に必要なスキルと一般英語をバランス良く習得するカリキュラムで、さらに希望者はこれにプラスしアカデミックな英語の個人指導を受けることもできるんですよ。

教える講師はもちろん学士以上の学位があるので、アメリカの大学の授業がどんなものであるかという経験と知識をもとに、ATコースのプログラムが組まれています。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

なるほど。ATコースは、TOEFLの勉強が不要なことが良いのではなく、アカデミックな授業を大学入学前にじっくり経験できるのが良いってことですね。16週間でそれができるなら、ちょうどいいかも。進学もできるし、大学で使うリアルな英語もしっかり身につくし、一石二鳥じゃないですか。

ジャネー先生
ジャネー先生

ええ。あとは、ATコースを経てKCCに入学する際は、IIEのスタッフが入学手続きに必要な書類作成の手伝いもします。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

わ! それはラク。全部英語で書類を用意するのって、ストレスフルですからね。

ジャネー先生
ジャネー先生

そうですよね。複雑だけど抜けがあってはいけないですし。IIEには専門のスタッフが常駐していて、KCCに入学できるタイミング(年に3回)や、ビザについての相談にも乗りますよ。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

サポート体制が万全ですね。これなら子どもを留学させる親もきっと安心だ。

ATコースのレッスン風景。一方的な講義ではなく、先生と生徒が対話しながらレッスンが行われていました。

KCC入学を目指す語学学校生の本音


IIEでATコースを受講する明るく社交的なリノちゃんと、22歳とは思えない落ち着いた雰囲気のソウくん。クラスメートの二人に、先生は抜きでお話を聞きました。

  • リノちゃん(21歳)夢はパーソナルトレーナーになること。2016年にIIEに2カ月通った後、2017年後半に再度IIEに戻り、ATコースを受講。

  • ソウくん(22歳) KCCで旅行・観光学または経済の学部専攻を希望。IIEで最も優秀な生徒が選出される「Student of the month」に選ばれた優等生。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

二人はどのような経緯で現在IIEに通っていますか?

ソウくん
ソウくん

語学留学を考えていたときに、「ちゃんと勉強したい人はIIEがいい」って、紹介してくれる人がいたんです。最初は3カ月入って、KCCに進学することを決め、日本で学生ビザを取得してからまたIIEへ戻りATコースを受講することにしました。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

なるほど。ではリノちゃんは?

リノちゃん
リノちゃん

もともとハワイが好きで、ハワイに彼氏もおったし、

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

ちょっと待って、最初に整理していいですか(笑)。なぜ留学前からハワイに彼氏が?

リノちゃん
リノちゃん

日本の外国語短大に通っていた時に、旅行で何度かハワイに来てて。その時に知り合った彼氏です。大学の春休みにハワイに長期で行きたいって言ったら、親が「遊んでばっかりなったらあかん」ってなって、IIEに放り込まれました(笑)。

その人とは別れたんやけど、ハワイでやりたいことができて、今度はKCCに行くためにIIEのATコースを取ることにしたんです。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

あー、そういうことか。わかりました。で、二人ともATコースを受けて、いまは後半。主任講師のOKが出れば、KCCに行けるかもっていうところですね。

リノちゃん
リノちゃん

ATコースは絶対に16週間ぴったりで終わらせて、KCCに行きます。それ以上はいたくない。というのも母親との約束で。「16週間以上かかるなら大学行かんでいい」って言われてるから。リノ、プレゼンさせられてん。いつまでに大学入って、その次はこうして、こうしますっていうのをちゃんとパソコンで作って、親にプレゼンしてきました(笑)。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

へ〜、すごい。リノちゃんのことを本気で応援してくれる素敵なご両親ですね。ソウくんもなるべく早くKCCに入りたい?

ソウくん
ソウくん

そうですね。やっぱり日本の友だちはもういいところに就職してますし、早く大学行って、早く卒業したいっていうのはあります。日本にいる弟が来年大学受験でまたお金がかかりますし。親の負担を早く軽くしないと。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

二人ともしっかりしてるなあ。では、KCCに入るのに、TOEFLなどほかの方法ではなく、ATコースを受けることにした理由は?

リノちゃん
リノちゃん

リノは英会話は得意だけど、TOEFLとかのテストのスコアがすっごい悪いから。友だちがIIEのATコースからKCCに行ってて。それを見ても、こっちの方が近道で確実だと思いました。

自分より若い子ばかりがクラスメイトだときついな、と思ってたけど、ここだと年齢も気にならんし。

ソウくん
ソウくん

そうですね。しっかり下準備ができるこの16週間のプログラムが本当に一番いいって僕も思います。IIEは年齢も国籍もいろいろな人たちがいて、そこもいいですね。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

私にしてみたら二人とも若いですが、年齢も気になるんですね。

ATコースの授業の内容はどうですか?

ソウくん
ソウくん

授業ではほぼずっと話してます。ディスカッションが多いですね。心理学とか専門的なトピックについて議論したりもしますよ。

リノちゃん
リノちゃん

クラスは楽しい! 先生同士、生徒同士も仲がいいです。この学校はスイス人が多くて、放課後もその子たちといつも一緒にいます。あと先生と生徒も仲がいいから、学校以外で遊びに行ったりもするし。仲はいいけど厳しいから、学校で英語以外を話したらイエローカードを出されて、3枚めで退学になる可能性もありますけどね。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

あ、あの紙だ。もらったことはありますか?

リノちゃん
リノちゃん

ないです。

ソウくん
ソウくん

僕もありません。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

ちなみに、留学の費用についても聞きたいのですが。

学費の詳細はこちら>>

ソウくん
ソウくん

生活費は広島と比べるともちろん高いですけど。いまはワイキキで一人暮らしで、家賃は$1400です。

リノちゃん
リノちゃん

高っ! リノの家賃はシェアアパートで$900。シェアだといろいろ大変ですけど。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

お小遣いはどうしてますか?

リノちゃん
リノちゃん

自分で貯めたお金を持ってきました。日本でバイトしたお金と、成人式でもらったお金。旅行に使ったりして、あっという間に使いましたけど。どうしよう、もうなくなる(笑)。

↑ IIEで知り合った友だちと旅行した時の写真

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

遊ぶお金は自分で貯めたんだ、えらい。今しかできないこともありますよね。

本題に戻りますが、KCCに進学を決めた理由は?

リノちゃん
リノちゃん

リノは英語はしゃべれるけど、ほかのスキルも持ってなあかんと思って。将来的にはパーソナルトレーナーになりたくて、まずはそれに関連した分野をKCCで学べたらいいな、と。

リノの友だちは、リノが遊んでばかりで本当に大学に行くって、思ってないんです。勉強してる写真とか別に見せへんしね。短大の友だちはみんな夢叶えてるし、仕事持ってるし。いまは日本に帰ると引け目を感じるけど…… 英語のほかにもスキルを身につけて、海外で好きな仕事がしたい!

ソウくん
ソウくん

一番は学費ですね。最初はハワイ大学も考えてましたが、学費が全然違って(KCCと比較して高額)やめました。あとは知名度。入学は比較的簡単で、卒業は難しい、っていうレベルも丁度いいかと。KCCを卒業してほかの大学に編入もできるし、OPT(アメリカで1年間就労できる許可)で働くこともできるし、まずはKCCに行ってみて考えます。

僕も日本に帰ると、働いている友だちとの会話に差ができちゃうのはありますね。みんなほんとに立派なんです。でもそんなに楽しそうではないかも、と見えるところもあって。いまはこうだけど、気づいたら自分の方が稼いでるとか、やりたいことしているとか、数年後にそうなっていたいなって思っています。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

うんうん、わかります。私も二人と同じ年くらいの時は同じようなこと感じてたかも(遠い目)。

目標に向かって前向きな二人ですが、もしいま一番大変なこと、これから不安なことがあれば教えてください。

リノちゃん
リノちゃん

不安なことは、KCCが面白いかどうか、ですね。リノにとって人生はパーティだから。どう楽しくいくかなと。

編集部:ヨリエ
編集部:ヨリエ

わあ、超前向きな不安だ(笑)。ソウくんは?

ソウくん
ソウくん

うーん、僕、しょっちゅうホームシックになるんですよ。家族と地元の広島の友だちが大好きなんで。こっちでも楽しい友だちはもちろんいるんですけど。

あ、あとはKCCに入ってからも、日本人の集団に流されないかは不安。

リノちゃん
リノちゃん

大丈夫、リノがおるから!(訳:日本人以外とばかり一緒にいるから誘うよ)

ソウくん
ソウくん

……ちょっと毎日はしんどいかな(笑)。


二人ともしっかり目標に向かって一生懸命な様子が印象的でした。

ハワイに留学しても「遊ぶだけ」「英語が身につかない」という偏見は昔からあるように感じますが……リノちゃんもそう見えるのかなと(笑)。でも、アメリカの大学で勉強せずに卒業できることはありえないし、ちゃんと課題をこなしながら遊んで楽しむ余裕があるって本当にすごいことだと思います。ATコースだってそう。限られた時間で英語を身につけるプレシャーのなか成果を出すって、半端な気持ちでは無理です。だからこそ、その先にきっと素敵な道が拓ける。

 

「KCCに行くならIIEのATコースが確実で近道。」

二人の意見に同感です。

まだまだ先の将来に留学に興味があるなら、まずはリノちゃんやソウくんのように、短期でIIEに行ってみるのもいいですよね。なにかが見つかるきっかけになるかもしれません。

あー、いいなあ! IIEは、夢に向かう生徒と、本気でサポートする先生、スタッフの良いエネルギーにあふれていました。

次のページは、
リノちゃんを連れてKCC見学へ

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top