ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
このバーガーを食べずにBig Islandビーフは語れない

このバーガーを食べずにBig Islandビーフは語れない

ハワイ島のブランド牛「ビッグアイランド・ビーフ」を使った超絶ふわウマのバーガー、ハワイ島ワイメアにあります!

公開日:2017.09.09

更新日:2018.01.17

ハワイ島(ビッグアイランド)特別コラム

アロハ! メグミです。

いきなりシズル感たっぷりのハンバーガー写真から失礼します。
ダイエット中の方、真夜中にこの記事を開いた方から「飯テロだ!」と怒られても仕方がない…そんな美味しそうな写真ですよね。

これ、むっちゃ美味しいんですよ〜。

いや本当に。

ハワイ島取材班のリツコ編集長(左)と、メグミこと私(右)。
2017年9月15日からJALの成田-ハワイ島コナ直行便就航!ということで、ハワイ島のおすすめ情報をどんどんご紹介しております。

ハワイ島とひとことで言っても、むちゃくちゃ広いんですよ。
面積は、東京都の約5倍もあるんです。23区じゃなくて東京都全体が5個ぶんですよ。

とにかく広いので、移動距離がハンパないため、正直なところ、2〜3泊の滞在だと行けるところは限られてしまいます。

…が!
そんなハンデを押してでも、ぜひとも行っていただきたいお店が、こちらの「ヴィレッジ・バーガー」なのです。

場所は、パーカー牧場のお膝元、ワイメアという街にあります。

このワイメアという場所がですね、直行便が就航するコナから車で約50分。もう1つの空港があるヒロからだと車で約70分。つまり、主要都市からけっこう離れているんです。

青い矢印があるのがワイメア。

ですが、ワイメアは、コナ側(島の西)からヒロ側(島の東)に移動する際の中継地点でもあるのです。
ワイコロア周辺のリゾートホテルにお泊りの場合、火山観光などでヒロ側に行く際には必ずと言っていいほどワイメアを通ります。

つまり、
スケジュールの組み方次第で、ワイメアに行くことは可能!

なのです。
1時間、いや30分でもいいので、ワイメアに立ち寄って、ぜひこのハンバーガーを食べていただきたい!

 

ビレッジ・バーガー」は、ワイメアの中心地にあるショッピングセンター「パーカーランチセンター」の中にあります。

すがすがしい高原の景色が見えますよ〜。
やっほーい。

ワイメアは、ハワイ流カウボーイ「パニオロ」の街として栄えた場所で、現在でもパーカー牧場をはじめとする畜産業が営まれています。また、高原の気候を生かした野菜栽培も盛んな農業地帯でもあります。

そんな街の景観を守るため、ワイメアの商業施設は低層階のかわいらしい小屋のような造りになっています。スターバックスとかスーパーマーケットの「フードランド」も、小屋風バージョン。

こちらが「ヴィレッジ・バーガー」です。いつも旅行者や地元の人でにぎわっています。

 

店内はオーダーカウンターのみの小ぢんまりとした造り。
この日はちょうどランチ時にお店に行ったのですが、行列ができていました〜。

ここのパテはすべて手作りで、シェフがひとつひとつ手でこねています。オーダーが通ってから焼き始めるので、出来上がるのに少し時間がかかります。

カウンターでオーダーすると、ぶるぶる震える呼び出し機を渡されます。この機械がぶるぶる震えたら、バーガーができた合図。

 

さて、私のおすすめは、こちら!

●ハワイ・ビッグアイランド・ビーフ・バーガー
●カフア・ランチ・ワギュウビーフ・バーガー
●ハマクア・マッシュルーム・バーガー

です!もしメニュー選びに迷ったら、この3つから選べば間違いありません!!
(手前にあるディップは各プラス$1)

このお店でパテに使われているのは、100%ハワイ産のビーフとヴィール(子牛肉)。ホルモンや抗生物質を投与していない、安全な地元産のお肉のみを使用しています。

いまやブランド牛ともなっているハワイ島産の牛肉「ビッグアイランド・ビーフ」ですが、じつは以前は、ちょっと高級なレストランに行かないと食べられないものでした。長年シェフとして活躍していたエドウィン・ゴトウさんが、独立を機に「誰でも気軽にビッグアイランド・ビーフが味わえるように」とスタートしたのが、このお店なんです。

 

このパテが、もう…ふわっふわなんですよ〜。
一緒にいたカメラマン内田さんも「すごい、ふわふわだ…」とあまりの感激に言葉を失うほど。

 

ぜひポテトもオーダーしてくださいね。
これがもう、芋好きにはたまらない美味しさなので。

手でカットしたじゃがいもを2度揚げしていて、カリッとホクッが絶妙なバランス。上の写真はトリュフオイルをかけた「トラフル・フライ」。このほかパルメザンチーズをかけたバージョンもあります。

ディップも自家製で美味しいですよ〜。写真手前がレッド味噌マヨネーズ、奥がわさびマヨネーズです。各$1。

 

誰がどれを食べるかで、静かに牽制し合う二人…(苦笑)。

 

私は今回初めて、お肉を使っていないハマクア・マッシュルーム・バーガーを食べてみましたが、これがなかなかイケました!

大きなポータベロ・マッシュルームがべろーんと入っているかと思いきや、薄くスライスしたマッシュルームがパテ状になっていて、見た目はまさにバーガーそのもの。

お味のほうも、キノコの旨みがしっかり濃くて驚くほど。コリッとした歯ごたえもあって、かなり食べごたえありましたよ。

 

こちらがオーナーシェフのエドウィン・ゴトウさん。

ハワイの名だたる一流ホテルや有名レストランでのシェフ経験を経て、独立。ヴィレッジ・バーガーの数件となりにあるヌードル専門店「ヌードルクラブ」もエドウィンさんのお店なのですが、どちらのお店も「ここまで来てよかった〜!」と思わせてくれる、まさに逸品と呼ぶにふさわしいメニューです。

 

パーカーランチセンターもなかなか味のある場所なので、ハンバーガーができるのを待ちながら、また食べ終わったあとの腹ごなしに、ぶらぶら歩いてみるのもおすすめですよ。

パニオロ(ハワイ版カウボーイ)をモチーフにした壁画やインテリアがいろんなところに散りばめられています。

広々としたフードコートもありますよ。

ヴィレッジ・バーガーの前に置いてあるテーブル席はすぐに埋まってしまうので、もし空席がなければ、このフードコートで食べるのもおすすめですよ。

 

ハワイ島旅行の際には、ぜひぜひ、ぜひ!ワイメアまで足を伸ばしてみてくださいね〜!!

アロハストリート☓ハワイ州観光局
スペシャルコラボBOOK

「ハワイ島トラベルプランナー」

ハワイ島の基本情報や最新のショップ&レストラン、アクティビティの情報が満載!現地で使えるクーポンやドライブマップが付いています。

配布場所:オニヅカ国際空港(コナ)にて、ハワイアン航空およびJALの日本-ハワイ島直行便到着時に手配りしているほか、ハワイ島の主要ホテルやショップにて配布中です。

ウエブにて全ページ閲覧できます!

左のマガジン表紙画像をクリックすると、ウエブブックにて全ページが閲覧可能です。

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top