ハワイの最新現地情報が満載!

ハワイ島を1日で満喫!火山&溶岩&雲海に沈む夕陽

ハワイ島を1日で満喫!火山&溶岩&雲海に沈む夕陽

ハワイ島を遊び尽くす、約13時間の特別ツアー体験!メリディアン・ハワイ・ツアーは、ガイドさんも強者ぞろいで楽しかった〜。

公開日:2017.09.06

更新日:2018.03.15

ハワイ島(ビッグアイランド)特別コラム

「サーストン・ラバチューブ(溶岩トンネル)」

「火山の噴火により大量の溶岩が流れ、表面の溶岩だけが先に固まって、内側の熱い溶岩だけが流れ続ける…。で、流れきった後にできた空洞が“ラバチューブ(溶岩トンネル)”なんですよ〜。」

トンネルの入り口までの道のり、チアキさんが植物のこと、火山のことをあれこれ教えてくれます。

めちゃめちゃ、詳しい。さすがは「ハワイ火山国立公園公認ガイド」に認定されているボルケーノガイドの達人。知識量、半端ありません。

「この辺りで昔、

“どっかーーーん!!!”

って大きな噴火があってな〜」と、身体を張って説明をしてくれたりもします。

面白すぎます(笑)。

それにしても、トンネルの入口周辺は、まさにジャングル。密林。熱帯雨林です。ほかではあまり見られない、めずらしい植物も多く見られます。

これはハワイ固有種の「ハプウ」というシダ植物。ハワイ島の中でも、限定された場所にしかないのだそうです。

大きなぜんまいみたいな見た目で、気づくとあちこちに生えています。

あんまり大きくて、自分の大きさがよくわからなくなります。ちょっと、非現実的な世界。

そんな中を、足を滑らせないよう、てくてく歩くこと十数分…

到着!

たどり着いた溶岩トンネルの入り口では、とりあえず記念撮影を。この時は、ここで写真を撮るための列ができていたので、ささっと撮って進みました(笑)。

中に入ると、ちょっとひんやり。ちゃんとライトもあるし、そんなに長いトンネルじゃないのですが、それでも自然の力というか、火山の威力というか、そういったパワーを感じます。

このラバ・チューブは約500年前にできたもの。パワースポットとしても知られているようで、見える人にはオーラが見えるそうなのですが、残念ながら私には見えず…。

でも、澄んだ空気をたくさん吸ってしっかりパワーチャージさせていただきました。

●さあ、お次はいよいよ「溶岩ウォーク」&火山噴火口…。次のページへ!

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top