ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
マキさん&ヘブンリーのコラボメニューがすごい

マキさん&ヘブンリーのコラボメニューがすごい

カリスマコーディネーター&インスタグラマーのマキ・コニクソンさん監修の特別ポキ丼&アサイーフレンチトーストがすごい!

公開日:2017.08.16

更新日:2018.01.12

特別企画&レポート

※この記事は2017年月16日に公開されました。

 

.

アロハ! メグミです。

ワイキキ中心のビーチシックなヘルシーカフェ「ヘブンリー・アイランド・ライフスタイル」で、ただいま限定メニューが提供されているのですが、それが大人気を博しているのをご存知ですか?

まずはこちらのインスタグラムをご覧ください。

 

そうなんです、カリスマコーディネーターであり、大人気インスタグラマーのマキ・コニクソンさんと、ワイキキにある「ヘブンリー・アイランド・ライフスタイル」「グーフィー・カフェ&ダイン」という人気2店とのコラボメニューなんです!

 

そのメニューが、こちら!!

マキズ・ジュエル・アヒポキボウル($17)

ハワイの宝石箱のようなアヒポキボウル。近海マグロのアヒポキ、カウアイシュリンプ、辛子明太子、ローカルアボカド、ホワイトフィッシュキャビアと10穀物米。3種のジュエルゼリー(ビーツ、たくあん、ポン酢風味)とご一緒に。

 

マキズ・オーガニックアサイー・フレンチトースト($14)

ハワイアン・ローカルブレッドとたっぷりのローカルエッグを使用。オーガニックアサイーの美味しさがたっぷり詰まったオリジナル・フレンチトースト。

 

 

マキさんが普段から大好きでよく通っているという「ヘブンリー・アイランド・ライフスタイル」「グーフィー・カフェ&ダイン」との、初となるコラボメニュー。
私もいただきましたが、これはもう、リピート間違いなしの美味しさ!!

この2店を運営するZETTON,INC.の社長である稲本健一さんとマキさんとは、かねてから交流があり、共著「ハワイ・ベストレストラン2015」を出版する間柄です。

今回、ふとしたきっかけで実現した夢のコラボについて、マキさん、そして総料理長のケイゴさんにお話をうかがいました!

 

大好きなものばかりを詰め込んだ、和テイストのポキボウル

マキさん
マキさん

普通ポキ丼っていうと、マグロだけじゃない?

でもこのメニューは違って、やわらかいカウアイシュリンプと、アボカド、明太子、シーアスパラガスが、たーっぷり入っていて。

私が好きなものを全部入れてもらったの(笑)。

ケイゴさん
ケイゴさん

マキさんが和食がお好きだということなので、マヨネーズも日本のマヨネーズを使っていたり、細かいところもこだわりました。

マキさん
マキさん

そうそう、ハワイというかアメリカのマヨネーズって、日本のとはちょっと違うんだよね。

この横に添えてあるキラキラのジュエルゼリーも美味しいの!これが出汁というかソースになっているから、ポキ丼に混ぜるとスーッと溶けて、味の変化も楽しいよね。

ケイゴさん
ケイゴさん

写真だと見えないですが、具の下は十穀米なので、ヘルシーさにもこだわりました。

マキさん
マキさん

「ヘブンリー」といえば、おしゃれでヘルシーなのがポイント。

このアヒポキ丼も、こんなに具だくさんでボリュームもあるのに、食べた後に胃にもたれず、お腹も出ないから、女子にはうれしいよね。

ケイゴさん
ケイゴさん

女性はもちろんですが、じつは男性にも人気なんですよ。けっこうオーダーされるお客様が多いですね。

マキさん
マキさん

さっきも、男性2人がこのポキ丼を美味しそうに食べていて、すっごくうれしかった〜。ついこの前も、お店に来た時、女の子たちが「このメニューを食べに来たんです」って言ってくれて…みんなが喜んでくれると、本当にうれしいよね。

ぺろっと食べちゃうアサイーのふんわりフレンチトースト

マキさん
マキさん

私、もともと「グーフィー」のフレンチトーストが大好きなの。今回、「ヘブンリー」と「グーフィー」の2店がコラボしているっていうのもポイントだよね。

このアサイー・フレンチトーストは、オーガニックのアサイーを使っていて、美味しいしヘルシーなんだよね。

ケイゴさん
ケイゴさん

卵もハワイ産の新鮮なものを使っています。けっこうコストもかかってます(笑)。

マキさん
マキさん

ベリー色ですごくキレイだよね。すごくインスタ映えするから、いつも撮っちゃう(笑)。

ケイゴさん
ケイゴさん

マキさんといえばインスタなので、見た目にもかなりこだわりました。

通常のフレンチトーストではパンに生クリームやミルクを使うんですが、このメニューではアサイのソースに浸して、パン生地をピンクっぽくしています。さらにアサイーを煮詰めて、とろみを出しています。

マキさん
マキさん

添えてあるアサイーのクリームも、まろやかなのに軽くて食べやすいし。

フレンチトーストって、それだけでけっこうお腹いっぱいになっちゃうんだけど、このメニューは軽い食感でペロッと食べちゃう。デザートとしてみんなでシェアするのもオススメ。

グーフィー&ヘブンリーは ハワイのビーチ風カフェのパイオニア

マキさん
マキさん

ヘブンリーもグーフィーも、もともと大好きなお店。仕事柄、日本からのテレビクルーと打ち合わせや食事することが多いから、そんな時はよくヘブンリーやグーフィーにみんなを連れていくの。

もう必ずと言っていいほど、みんなハワイ滞在中にもう1回行きたい!って言ってくれるの。何を食べても美味しいし、雰囲気も最高だし、また来たいって思うお店だよね。

ケイゴさん
ケイゴさん

ありがとうございます。おかげさまで、リピーターさんも多いですね。

マキさん
マキさん

グーフィーもヘブンリーも、ハワイのこういうビーチスタイルなカフェ・ダイニングの先駆けだよね。

だって、やっぱりオシャレだもん。

私もインスタグラムをやっているけど、今ってSNSの中でもダントツにインスタでしょ。インスタグラマーっていう名前があるぐらい、おしゃれな人はみんなインスタをやっているしチェックしてる。

で、ヘブンリーやグーフィーって、すごくフォトジェニックじゃない?もうインスタグラマーの大好物

ケイゴさん
ケイゴさん

(笑)。

マキさん
マキさん

私も、ヘブンリーに通ってるっていうほど何度も来てるけど、それでもやっぱり毎回、まずはココを撮っちゃうもん(笑)。

「いつもココ撮っちゃう」という奥のソファ席のインテリア。

マキさん
マキさん

インテリアも料理も、今の時代をちゃんと捉えてるよね。

ケイゴさん
ケイゴさん

そうですね、料理も味だけでなく見た目もしっかり考えています。ボスにダメ出しされることもありますが(笑)、基本は自由にやらせてもらっていますね。

マキさん
マキさん

インスタをやってると、「お金を払うからこれを紹介してください」って言われる時があるんだけど、私は絶対にそれはやらないの。だってお金をもらったら、自分が好きな意見が書けなくなっちゃうでしょ? 私は好きなものしか「好き」って書けないし、信頼はお金では買えないから。

ケイゴさん
ケイゴさん

はい。

マキさん
マキさん

だから、私のインスタって、本当に好きなお店しか出ていないから、けっこう偏ってるんだけど、それでもいいの。だって、好きなお店によく行くのは当然でしょう?

で、ヘブンリーには本当に何度も来てるっていうのが、私のインスタを見るとわかると思う(笑)。

ケイゴさん
ケイゴさん

ありがとうございます。

マキさん
マキさん

でね、見た目のオシャレさも大事なんだけど、やっぱりここって、美味しいの。味がイマイチだったら、何度も来られない。いちばん大事なのは、やっぱり、味なんだよね。

ケイゴさん
ケイゴさん

ありがとうございます(照れ)。

 

● ● ● ● ●

 

マキさんのお話から、本当にこのお店が好きなんだな…という思いがひしひしと伝わってきました。「自分が好きなものしかオススメできない、嘘はつけない」という言葉に、深く同意。マキさんのインスタグラムに21万人ものフォロワーがいるのも、納得です。

ケイゴさんは、「アロハテーブル・ワイキキ」「グーフィー・カフェ&ダイン」「ヘブンリー・アイランド・ライフスタイル」というZETTON,INC.の3店を統括する料理長。フレンチのバックグラウンドを持ち、ハワイ産食材を使ったオリジナリティあふれるメニューを次々と生み出しています。ひとつひとつの料理にしっかり手間をかけているから「仕込みが追いつかないんです(笑)」とのことですが、一切妥協しない芯の通った姿勢に、シェフ魂を感じます。

マキさんとのコラボメニューは、ただいま「ヘブンリー・アイランド・ライフスタイル」にて味わうことができます。
朝食からランチ、ディナーまでずっと提供されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

お食事が10%オフになるクーポンも、お忘れなく〜!

この記事を書いた人

この記事を書いた人

マローン恵(メグミ)

アロハストリート副編集長。ワイキキ、マノア、モンサラット、マキキを経て現在はカイムキ在住。好きなものは地ビールと地コーヒーと地チョコレート(全部発酵食品!)。ハワイ島取材班としても意欲的に活動中。

Twitterアカウント:@Megumiinhawaii

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top