ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
これがリアルなハワイライフ<独身男子編>

これがリアルなハワイライフ<独身男子編>

ハワイに移住した日本人って、どんな生活をしているの?気になる家賃は?カカアコでひとり暮らしをする営業マンのお宅に突撃取材!

公開日:2016.08.17

更新日:2017.09.21

特別企画&レポート

title2.jpg
アロハ! ケイです。

ハワイで暮らすという夢を実現させた人って、いったいハワイでどんな生活を送っているのか、気になりますよね。

今回はそんな「気になる!」を、いまホットなカカアコ地区に住みはじめたばかりの人に、突撃取材してきちゃいました。

3.jpg

<住人データ>
名前:ゆうきさん(32歳/独身)
出身:愛知県名古屋市
ハワイ歴:もうすぐ1年
職種:営業マン
趣味:サーフィン、絵、ボランティア活動動画編集

それでは、おじゃましま〜す!

4.jpg<お部屋データ>
エリア:カカアコ
建物:賃貸アパート
家賃:$1250(約12.5万円 ※2016年8月17日現在)、光熱費別
間取り:スタジオ(ワンルーム)約20畳、ユニットバス、システムキッチン、クローゼットあり

こちらのアパート、築4年とハワイでは貴重な築浅物件。しかもペットOKな点も、同じくハワイにおいては希少です。
近い条件で東京・山手線沿いの物件を検索してみたところ、池袋駅から徒歩8分のアパートと同等の家賃でした。

10.jpgフローリングもおしゃれな色合いだし、キッチンも冷蔵庫・食器洗浄機・電子レンジ・オーブン付きのフル装備だし、なにより天井が高いってすばらしい!
鉄骨むき出しの感じがニューヨークのロフトみたいでおしゃれ〜。

5.jpgこちらは家具なしの物件のため、入居後にすべてIKEAでそろえたそう。
じつはハワイにはIKEAの直営店はないのですが、独自の船便サービスが存在し、それを利用してたくさんのロコがIKEAの家具をゲットしています。もちろん輸送費がかかりますが、それがかかったとしても、ハワイにある家具屋さんで買うより安いのです。
それにおしゃれですしね!

 

【アパートの共同スペース】

14.jpg洗濯機乾燥機は、各フロア共同のランドリールームを利用します。

専用カードで支払うシステムで、洗濯機が1回$2.25乾燥機が$2...合わせて$4.25。400円くらいでしょうか。ちょっと高い?
しかも1フロアに18世帯あるのに、洗濯・乾燥機各2台ずつって、かち合ったりしないですか?

ゆうき:夜や週末は混むけど、お互いに譲り合ってなんとかなっています。住んでいる人みんな、良い人たちばかりなんですよね。

15.jpgゆうき:日本からこっちにきて、すごく便利だな〜と思ったのはこれ、トラッシュ・シューターかな。

ここから毎日のゴミを捨てられるので、たしかに便利ですよね。こちらのアパートには、ふつうゴミ用と、リサイクルゴミ用の2つのシューターがありました。

1.jpg各階のエレベーターホールの壁にあるこちら。ハワイ語のアートなんです。
言葉は各階でさまざまで、こちらは「オルオル(快い、気持ちが良いなどの意味)」。

毎朝の出勤前とかにパッと目に入ると、自然と笑顔にしてくれそうですよね。

16.jpg

屋上BBQスペース。テーブルとイスもあります。
海が見えて、風が気持ちいい〜!

BBQグリルは1台しかありませんが、ここでも住人同士譲り合い。「こっちの半分どうぞ〜」といった感じなんだそう。なんてアロハなアパート。

25.jpg

ゆうき:いつもサーフィンするポイントはあそこ。仕事のあと、ボードを抱えて、自転車でひとっ走りです。サンセットの中サーフィンをしていると、ハワイに対して感謝の気持ちでいっぱいになりますね。

 

【ハワイでの毎日の過ごし方】

8.jpgじつはまだ、スーパーがないカカアコでは、2018年に誕生予定の高級コンドミニアム「アエオ」の1階にホールフーズ・マーケットが入ることが話題となっています。

現在ゆうきさんが食料品を買いにいくのは、毎週水曜日にニール・ブレイズデル・センターで行われているファーマーズマーケットや、会社の近くにある日系スーパーのニジヤマルカイマーケット

毎日の朝食に作っているというスムージーを味見させてくれるということで、冷蔵庫からパパッと数種類のフルーツを取り出して、手際よくカットしています。

9.jpgここで戸棚から取り出したのは、ハワイのスーパーフードとして注目されている「スピルリナ」ではありませんか!

ゆうき:日本に住んでいたときは青汁のパウダーを使っていたんだけど、こっちに来てからはコレです。苦味がなくて飲みやすいですよ。

24.jpgリンゴ、バナナとスピルリナのスムージーで乾杯!

お味はとってもなめらかで美味しかったです。初めてのスピルリナでしたが、まさに苦くない青汁。というのも、スピルリナは海藻から作られているので、葉野菜の青汁とは全くの別物。さすが海に囲まれたハワイの健康食品。植物性プロテインもたっぷり入っているので、サーフィンで筋肉を使うゆうきさんにぴったりですね!

12.jpgところで、キッチンの戸棚の上に、あまりにも多すぎるコナ・ブリューイング・カンパニーのビール瓶が並んでいますが...。

ゆうき:これはちょっと前に、日本の友人がハワイに遊びにきたときウチに泊まって、3日間で飲み干した分。記念に飾っています(笑)。

13.jpgゆうき:最近はスーパーで買うよりお得な、こっちの方に通っています。樽からそのまま入れてくれるからおいしいですよ。

と、手にしているのは、同じくカカアコにある「ホノルル・ビアワークス」の持ち帰り用ボトル。5パイント(約2.4L)入って、約$19だそう。
歩いて数分の場所にビール醸造所があるゆうきさんのお家がうらやましい...。

21.jpgゆうき:最近はサーフィン以外に、絵にも挑戦しています。1ブロック先にアートスタジオがあって、そこに先生もいるんです。

20-3.jpgそこかしこにあるおしゃれなウォールアートが人気のカカアコ。近所のスタジオで活動しているアーティストと仲良くなったのをきっかけに、自分でもお休みの日に絵を描いているそう。

こちらがハワイでの第一作品。自分で描いたアートを飾ってある自宅なんて、素敵ですよね〜!

18.jpgお休みの日の朝はときどき、自宅から歩いてすぐの複合施設「ソルト」にある「アーヴォ」でゆったり朝食をとるというゆうきさん

19.jpg注文したものが出来上がるのを待っている間に、併設のボタニカルショップ「パイコ」で、自宅の部屋に飾る植物を物色したり...とか。くぅ〜〜!おしゃれ!

まるでライフスタイル雑誌に出てくる、絵に描いたようなハワイライフを送るゆうきさん。これから叶えたい夢は「ホノルルマラソン完走マイカー&彼女ゲット(笑)」と話していますが、いまのところ毎日アロハいっぱいなハワイの生活を満喫している様子。

● ● ● ●

さて、アロハストリートでは、ステキなハワイライフを叶えてくれる「お部屋情報」ページを提供しています。

classified.jpg
アパートやコンドミニアム、一軒家のレンタル物件からルームシェア情報まで、日本語で詳しく紹介されています。物件に関する問い合わせも日本語OKなところがほとんどです。掲載随時更新されているので、ハワイに住んでみたい人はぜひチェックしてみてくださいね!

<< アロハストリート「お部屋情報」ページはこちら >>

<< 求人や不用品売り買いの生活お役立ちページ「クラシファイド」はこちら >>

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top