ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
旬のヘアスタイル&メイクをワイキキで!【フェイセズ・スタジオ・アンド・サロン】

旬のヘアスタイル&メイクをワイキキで!【フェイセズ・スタジオ・アンド・サロン】

フォーマルなパーティやウエディングの参列者用ヘア&メイクならここにオマカセ。プロの技が光る驚愕の美的マジックをレポート!

公開日:2016.06.29

更新日:2017.06.18

編集部体験レポート

Title_Faces.jpg

アロハ! ヒロヨです。
ジューンブライドということでウエディングシーズンだった6月のハワイ。ワイキキの町中やビーチでも、美しいドレスを身にまとった花嫁さんとタキシード姿の花婿さんのをあちこちで見かけました。幸せそうでうらやましい! そして挙式の参列者のみなさんもとても華やかです~。

んん???ちょっと待てよ。

花嫁はウエディング会社が手配するスタイリストさんがヘアセットするとして、参列者のヘアセットは一体どこで...?

Elevator2.jpg

実は、ワイキキの中心に参列者用のヘアセットをしてくれるサロンがあるのです! 場所はショッピングやグルメなど様々なジャンルのショップが集結するロイヤル・ハワイアン・センターA館2階。カラカウア通りに面した、フェンディとカルティエの間にあるエスカレーターを上がり、右側にあるのが「フェイセズ・スタジオ・アンド・サロン」。

Exterior.jpg
通常のヘアサロンサービスのほか、ヘアセットやプロのメイクも提供し、日本語も通じる心強ーいビューティ・サロンなのです。しかもヘア&メイクはたった約40分で仕上がるという驚異の早さ。私のランチ時間よりも短い...。ではそのプロセスを早速レポートしますよ!

と、その前に。私はヘアメイクに関してちょっとしたトラウマが...。あれは忘れもしない成人式の記念撮影の時。伯父と伯母がふんぱつして高級デパートの高級スタジオを予約してくれ、オマカセで撮影用ヘアメイクをしてもらい、サロンを出た瞬間弟に

「...お前、気持ち悪い

ガーーーーーン。

 

 鏡を見ながら自分でもうすうす気がついていたものの、身内の素直な感想は身に応えました...。素材(私)が悪いのは重々承知していますが、宝塚の男役になったかのような、こってりメイクとすごいヘア。どうやらひとりひとりの個性に合ったヘアメイクではなく、画一的な撮影用ヘア&メイクをほどこした結果、このような惨事になった模様。以来せっかく撮影してもらった成人式の写真は、開かずの間ならぬ開かずの写真と化しています(苦笑)。そんなトラウマを克服すべく、個人的なリベンジも含めた体験取材スタート!

14:15
入店

Nyuten.jpg

緊張と不安で表情がこわばっております...。そんな私を「いらっしゃいませ!」と元気よく日本語で迎えてくれたのは、オーナーのジェニーさんとキョウコさん。通常は一人でヘアとメイクの両方を担当しますが、今回は特別に二人で一緒にやってくれることに。

 

14:17
ヘアスタイルの注文

soudan.jpg

キョウコさん:「お店にカタログもありますが、最近はネットで事前に調べて、スマートフォンでやりたいヘアスタイルを見せながら注文してくださるお客様が多いですね。もちろんオマカセでも大丈夫ですよ!」

私もスマホを持参! 正直今どんな髪型が今日本で流行っているのかよくわからなかったので、「パーティ、ヘアスタイル、人気」という検索ワードでひっかかったなかから、「難易度が高そう!私の髪質ではできなさそう!」というちょっと意地悪(笑)な視点で選んだのがこちら。(参照元:ウーマン・エキサイト、ビューティナビ) 外国人風ふわゆるヘアスタイルは、自分ではできないしキープするのが大変。ここはプロの腕の見せ所です。

hair_acc.jpg

サロンへはヘアアクセサリーを自分で持ち込んでもOK。手持ちのものを見せて、そのなかから上記の2種類をチョイスしました。メイクは過去の教訓を活かして「極力ナチュラルで!」の一点のみ。

 

14:20
ヘア&メイクスタート!

入店からヘアスタイルの相談までは約5分ほど。ヘア&メイクのオーダーを聞くなや否や、キョウコさんはテキパキと髪を巻き始め、ジェニーさんはメイクをスタート。

before.jpg
あまりの早さにビフォーの写真を撮るスキがなく、「と、とりあえずこの始まったばかりの状態で一回撮っておいてー!」と慌てて頼んだ写真がこちら。にも関わらずもうほとんど髪が巻かれ、ファンデも塗られている...。は、早い。

set_S.jpg
キョウコさんはドライヤーで髪にしっかりカールをつけ、逆毛をたてたり、サイドを編みこみしたり、おしゃべりしながらも常に手を動かしている状態。ジェニーさんもヘアセットをしているので、多少顔がぐらついているにも関わらず、慣れた手つきでアイシャドウやチークをサササーと迷いなく重ねていきます。

 

私:「キョウコさん、私くせ毛で頭が絶壁なのですが...」

キョウコさん:「大丈夫です!」(即答)

キョウコさん自身もくせ毛だそうで、扱い方はおてのもの。 頭の形もちゃんときれいに出るようにアレンジしてくれます。頼れるわ~。

セットが終わりに近づくのと同時に、メイクもフィニッシュへ。ジェニーさんは、鏡の前に置かれたいくつものコスメやブラシを使い分けメイクを仕上げて行きます。1人でヘア&メイクをする際は髪の毛を巻いて、型がつくまでの待ち時間にメイクをするそうです。

make.jpg

ジェニーさん:「メイクアップにはプロユースの製品を使っています。ファンデーションは、薄付きだけどカバー力の高いサロン用コスメブランドのジョー・ブランコのもの。肌の弱い方も安心ですよ」

メイクが怖い私は、鏡をジーっと凝視。でもジェニーさんは私の肌や骨格を見ながら微調整をしてくれているのが分かり、途中で注文することはなにもありませんでした。眉毛の形もどんな形にしたいかちゃんと聞いてくれるので安心!

ちなみにサロンに来る前はすっぴんが好ましいですが、軽くメイクしていても大丈夫だそう。髪の毛は前日にシャンプーして、ヘアケア剤を使わず、乾いた状態で入店するのがベストとのことです。

 

14:40
終了~!

hair_back_S.jpg

今回は2人でやってもらったので半分の時間で終了しましたが、1人だと約40分。やはり噂通り早い仕上がりです。で、髪型は上の写真をご覧ください。注文通りふわゆる~になっています。でもしっかり固定されていて頭を振り回しても崩れません! さすがプロの技。

hair_side_s.jpg

ちなみにサイドはこんな感じ。

arrange_S2.jpg
カジュアルなカチューシャを合わせれば、2次会用にもぴったり。「どんなヘアスタイルでも、見本通りに仕上げますよ!」とまさに人間コピー機(笑)のような頼もしさのキョウコさん。

syugou_S.jpg

トラウマだったメイクも希望通りのナチュラルな仕上がりに! 普段はファンデーションの質感が苦手で使っていませんが、軽いつけ心地で「塗ってる感」がなく、これなら私もデイリーで使えそう。「ああ、もう一度ここで成人式のあの撮影をやり直したい...」と思わずにはいられないほどの、大満足のサロンリベンジ体験でした。ちなみにサロンには撮影用のスタジオも併設されています。

Flower.jpg
今回私が体験したヘア&メイクは$99~、ヘアかメイクのみの場合は各$50~です。ヘアアクセサリーは、今回のように持ち込みOKですが、サロンでもトロピカルな花のヘアアクセサリーを販売しているので、手持ちのアクセサリーがなくても心配無用。予約をすれば、生花の髪飾りも注文可能です。

Present.jpg

また、7月20日(水)までにアロハストリートのウエブから申し込みをした方に、キュートなヘアピン、または、バス&ボディワークスのボディローションのどちらかをプレゼント。予約はもちろん日本語でどうぞ。1日前までの予約がおすすめですが、空いていれば当日のウォークインも可能です。日本人好みのヘア&メイクで、とっておきの自分に変身してみませんか?

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top