ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
ワイキキでお値打ち料金の家庭料理ランチ

ワイキキでお値打ち料金の家庭料理ランチ

ワイキキの裏通りにある、知る人ぞ知る隠れ家風レストラン「花の里」。ランチ&ディナー共にリーズナブルでおいしいと評判のメニューをご紹介します!

2016.05.13

編集部体験レポート

hanano-sato-title.jpg
 アロハ!ユカリンです。
 イタリアンやフレンチ、中華に韓国料理、エスニックなど、バラエティ豊かなレストランが点在するワイキキではありますが、ランチタイムに何を食べたらいいのか迷っちゃうことありますよね?そんな時、気軽に日本の家庭料理が食べられたらうれしくありませんか?今回はそんな人たちにおすすめしたいレストラン「花の里」をご紹介します。

IMG_7246.jpg
 「花の里」は、ワイキキビーチの目の前にあるツインタワーの高層ホテル、ハイアット リージェンシーの裏通りにひっそりと佇む隠れ家風の食事処。カウンター席とテーブル席がある店内は、お客様が12人も入ったら満席になるほどコンパクト。でも、それがまた居心地がいいのです。

★人気ランチメニュー:トップ3

IMG_7242.jpg
【カレーライス】
家庭料理の代表格と言っても過言ではない、カレーライス。花の里のカレーは、まさにそんな味。ホロホロになるまで煮込んだビーフがゴロゴロと入ったビーフカレー($7.98)と、形がなくなるまでじっくりとコトコト煮込んだ野菜のエキスが口に入れた途端に広がる野菜カレー($7.48)は、ランチタイムだけの人気メニュー。これが食べたくて通ってしまうのもわかる気がします。ワイキキで働く日本人やロコに大好評で、すぐに売り切れちゃうというのも納得です。

IMG_7121.jpg
【ラーメン】
ワイキキにはラーメン屋さんが結構あります。が、しかし!ワイキキの中心よりも西側に集中しているのです。動物園のある東側方面には、ほとんどないというのが実情。ワイキキビーチの中でも、キッズの海遊びに最適な防波壁のあるエリア近くにある花の里なら、子どもたちが大好きなラーメンもお腹が空いたらすぐに行けるのがうれしいですよね。

IMG_7150.jpg
 オーナーが手作りするボリューム満点のチャーシューがまたジューシーでおいしいんです!写真のしょうゆラーメン($7.98)&とんこつラーメン($7.98)以外にも、みそラーメン($7.98)や、しおラーメン($7.98)、キムチラーメン($8.98)のほか、チャーシューラーメン($9.98)、ザーサイ肉みそラーメン($9.98)もありますよ。さらに、ラーメンだけじゃ足りない~って人にはラーメン+ミニ・カレーのコンボ($10.98~)も!

IMG_7214.jpg
【海鮮丼】
近海マグロ、ハマチ、サーモン、エビ、タコ、イクラ、つぶ貝、ホタテの貝柱、8種類の海鮮が入った豪華な丼。これにお味噌汁が付いて$11.98という驚きのお得プライス。

IMG_7260.jpg
 ハワイで獲れる近海マグロは、弾力があって独特の味わい。一度食べると、クセになるおいしさですよ。そうそう、マグロ好きな人には、鉄火丼($12.98)やアヒポキ丼($10.48)、スパイシー・アヒ丼もおすすめ。丼ものは、このほかにもサーモン・ポキ丼($9.98)やスパイシー・サーモン丼($9.98)、タコポキ丼($9)もありますよ。みんなで違うのをオーダーして食べ比べるのも楽しいですね!

IMG_7261.jpg
 「店内でアルコール類の取り扱いはしていません。お好みのお酒をご自身でお持ちください。ディナータイムには、肉じゃがやモツ煮込み、ネギトロ辛みユッケなどの一品料理をはじめ、各種お刺身、寿司、定食をご用意しています。ハワイ滞在中に家庭料理が食べたくなったらぜひいらしてくださいね。お待ちしています。」とオーナーの斉藤さんにメッセージをいただきました。

 リーズナブルな料金で、日本の味を堪能できる「花の里」。お酒好きな人には、BYOB(bring your own beverage)で持ち込み自由というのがうれしいんですよね!お得でおいしい花の里のランチ&ディナーをあなたもぜひ召し上がってみてくださいね!ディナータイムにお食事をオーダーするとアイスクリームがいただけるクーポンはこちら>>

 家庭料理と書かれたどこか懐かしい看板が目印で、ワイキキ中心、キングスビレッジ徒歩圏内という好立地にもかかわらずリーズナブルに一品料理や定食が食べられると評判の和食屋。ランチはマグロ、サーモン…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top