ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
ハワイ島ロコ街シリーズ〜やっぱりホノカア

ハワイ島ロコ街シリーズ〜やっぱりホノカア

素顔のハワイがある、ローカルタウンをめぐるシリーズ。第4回目は、映画「ホノカアボーイ」の舞台になった、この街へ!

2016.03.11

ハワイ島(ビッグアイランド)特別コラム

title__IMG_0484.jpg
アロハ! メグミです。

古き良き時代の雰囲気が残っていたり、飾らない「素顔のハワイ」に出会える、小さなローカルタウンを訪ね歩く「ハワイ島ロコ街シリーズ」。これまでキャプテンクックカイルア・コナ、そしてホノムをご紹介してきましたが、第4弾は、映画「ホノカアボーイ」で一躍有名になったホノカアです!

1reIMG_0455.jpg
ホノカアはハワイ島の北東にある小さな街で、ヒロ空港から車で約1時間ほどのドライブで行くことができます。街の中心地では、国道240号線(ママネ・ストリート)沿いに飲食店やショップがチラホラと立ち並んでいますが、くるりと徒歩で回ることができるほど、本当に小さな街です。

レトロな街並みに似合う、こんなレトロな緑色のワゴンが走っていたりして。

2reIMG_0488.jpg
ホノカアといったら、ここでしょう!
「ホノカア・ピープルズ・シアター」。映画「ホノカアボーイ」の舞台となった場所で、街のランドマーク的存在です。

ホノカアは、かつてサトウキビ産業やマカダミアナッツ産業で栄えた土地で、日系移民との関わりも深く、街のあちこちに日系移民の歴史を感じることができます。このホノカア・ピープルズ・シアターは、プランテーション産業が衰退し、さびれていくホノカアの行く末を案じた日系移民のタニモト家の人々によって1930年にオープン。1988年に一度閉館したものの、人々の強い要望を受けて1999年頃リニューアルオープン。現役の映画館として営業を続けながら、館内にはカフェもあり、地元のコミュニティ・スペースとしても機能しています。

...ですが、私たちがホノカアを訪れた日、映画館は閉まっていました〜。残念...。

3reIMG_0459.jpg
ちょうどランチ時だったので、街をホロホロ(お散歩)しながら、お食事スポットを吟味。この看板は、以前ケイが編集後記で書いていたグランマ・キッチン」。外から店内をのぞいてみると、ものすごく賑わってました。

4reIMG_0461.jpg
グランマ・キッチンのすぐ近くにある、ヘルシーカフェ「シンプリー・ナチュラル」。この日のランチはここに決定!

5reIMG_0478.jpg
店内は、地中海っぽさとヒッピーっぽさをミックスしたような雰囲気。

カウンターでオーダーする、セルフスタイルのお店です。

6reIMG_0471.jpg
スムージーやサラダのほか、野菜たっぷりのサンドイッチがこのお店のシグネチャー。

「ハワイ島の美味しいハマクア・マッシュルームが食べたい!!」というリツコ編集長がオーダーしたのは、ベジー・マッシュルーム・サンドイッチ($8)。

7reIMG_0469.jpg
私はトーステッド・チーズ&トマト($7)にアボカドをトッピング。野菜が新鮮で美味しい!

8reIMG_0477.jpg
昼下がりのホノカアで、のんびりとランチタイム。地元の常連さんたちが、ドアを開けては「よぅ、元気?」なんて声をかけてくる、地元密着な空気を感じながら。

自分は旅行者なんだけれど、そこに人々の生活があって、生きている街の息吹を少しだけ垣間見ることができるこんな瞬間。「旅の醍醐味」を感じますよね。

9reIMG_0481.jpg
シンプリー・ナチュラルのオーナー、リズさん。「ホノカアボーイ」の原作者・吉田玲雄さんとはお友だちで、生まれも育ちもホノカアという生粋のローカルです。「日本の人は大好き! 今度、子どもを連れて日本のディズニーランドに行くのよ」とうれしそうに話してくれました。

通常、オーダーを取るところから調理まで、リズさん一人で行っているので、フードが出てくるまでに少々時間がかかることも多いかもしれません。でも、せっかくホノカアまで来た時には、急がず焦らず、のんびり待つ時間も楽しめると良いのではと思いました。

10reIMG_0516.jpg
ホノカアまで来たら、あともう少し、国道240号線をまっすぐ車で10分ほど行ってみましょう。そこには、ハワイ島の絶景名所の代表格、ワイピオ渓谷(Waipio Valley)の展望台があるんです!

国道240号線の突き当たりの終点が、展望台のある小さな公園になっています。入場できるのは7:00〜23:00の間。

11reIMG_0494.jpg
こちらが展望台。駐車場から丘の斜面を下りたところにあります。ここから眺めるだけでも、かなりの絶景〜!

12reIMG_0500.jpg
展望台からワイピオ渓谷を見下ろすと、黒砂海岸に真っ青な波が打ち寄せているのが見えます。

このワイピオ渓谷は「聖なるマナが宿る」と言われ、王族とも縁の深い土地。現在でもハワイアンの血を引く方々が、伝統的な生活を守りながら暮らしています。

渓谷内は立ち入り禁止ではありませんが、アクセスは4WD車のみで、レンタカーの保険適用外地域となっています。道路は未舗装でかなり急斜面のため、土地勘のある地元の人と一緒に行くか、ツアーに参加するのがおすすめ。私はまだ渓谷まで降りたことがないのですが、ぜひいつか、馬に乗って美しい渓谷の中を歩いてみたいです。

13reIMG_0515.jpg
展望台から駐車場を見上げたところ。この丘も、けっこう急ですよね。芝生の斜面を子どもたちがゴロゴロ寝転んで遊んでいました。

14reIMG_0504.jpg
合成写真のような記念写真(笑)。遠くから、渓谷に宿るマナをいっぱい浴びて、ヒーリング。この日はお天気最高で、海も空も真っ青の絶景を堪能することができました。何度来ても感動してしまう場所です〜。

魅力あふれるローカルタウン探訪が楽しいハワイ島。おすすめです!!

アロハストリートでは、ハワイ島・マウイ島・オアフ島の人気3島をめぐる「ハワイアン航空で行くハワイ3島の旅」プレゼントを実施中です。応募は今すぐ!
「ハワイ3島めぐりの旅」応募はこちら>>

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top