ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
新しいハワイ滞在のカタチ!ヨガでハワイ島【コナラニ・ヨガ・アシュラム】

新しいハワイ滞在のカタチ!ヨガでハワイ島【コナラニ・ヨガ・アシュラム】

喧騒を離れたハワイ島の自然豊かなアシュラムで、海を眺めながらヨガをしたり、テントに泊まったり...。ヨガを始めたい人にもおすすめ!

公開日:2015.08.22

更新日:2017.12.10

ハワイ島(ビッグアイランド)特別コラム

 アロハ! メグミです。
グルメもお買い物も海も人も、なにもかもがハワイ感たっぷりに満たされた胸キュンスポットのワイキキ。そんな世界的リゾートのワイキキがあるオアフ島とは全く違い、時間がゆっくりと流れ、土地がやたらと広く、時に不自由ですらあると感じるハワイ島。その不自由さの中に、素顔のハワイを見つけられるハワイ島の魅力を、これまでアロハストリートではさまざまにお伝えしてきていますが...またまた見つけてしまったんです、新しいおすすめスポットを!!

400_1IMG_8878.jpg
そう、ヨガなんです! おっとここで「体が硬いから」とか「上手くないから」なんて反応した方もいるんじゃなかろうかと思いますが、ちょっとお待ちくださいよ。単なるヨガスタジオに留まらない、ほかにはない魅力あふれる場所なんです。名前は「コナラニ・ヨガ・アシュラム」。アシュラムとは、インドの僧たちが宿泊しながら修行を積む施設のこと。ってことは、単なるヨガスタジオよりもずいぶん本気度が高いんじゃないかと聞かれれば、もちろんその通りなのですが、すでにヨガを極めている人だけでなく、これからヨガを始めたいという未経験の人にも開かれた、とってもオープンマインドなアシュラムなんです。

何よりこの絶景ですよ! 緑豊かな景色の向こうには、真っ青なハワイ島の海が広がっているんです。ヨガを始めるには最高のロケーションだと思いませんか?

400_2IMG_8859.jpg
今回、毎週月・火・金・土の朝に行われているヨガ・ワークショップに参加させていただきました。ワークショップは、1回だけのビジターでも気軽に参加することができます。この日の講師は、上の2ショットにも写っているアバヤ先生。円弧状に帆が張られたオープンエアのスタジオは、オーシャンビューの絶景! ふわりとやさしい風とともに、草木の揺れる音や鳥のさえずりが聞こえてきます。何もしなくても、ここにいるだけでチャクラが開きそう(笑)。

400_3IMG_4900.jpg
あ〜気持ちいい〜! これまでビーチや公園でヨガをしたことはありますが、自然の中で行うヨガとはまた違った、リラックスの中で何かが深く染みこんでいくような、不思議な静寂さ。...と偉そうに言ってしまいましたが、私、ヨガはごくたま〜にしかやらない、なんちゃってヨギーニですから(笑)。ほかの参加者のみなさんも、近隣にお住まいのシニア層が多く、膝が痛いの〜と言ってできないポーズはパスしたり、疲れたら座ったりと、おのおののペースでのんびりヨガを楽しめる自由な雰囲気でした。

立ちポーズのあと、座りポーズをし、最後に瞑想のチャント(詠唱)とシャバアサナ(横になる屍のポーズ)で、約1時間45分のヨガセッション。このワークショップ自体もとても魅力的で、細かくご紹介したいところなのですが、気になる方はアシュラムに問い合わせていただくとして(え!笑)。なぜって、ほかにご紹介したいポイントがたくさんあるのです!

400_4IMG_9054.jpg
なんといっても私がいちばん感動したのは、このアシュラムの類まれなる素晴らしい環境! コナラニ・ヨガ・アシュラムはハワイ島のコナ空港から車で約30分、繁華街であるカイルア・コナのダウンタウンから約10分の場所にあるのですが、海を望む高台に、約5エーカーもの広大な敷地を有しています。上の写真はオープンエアのリビング&ダイニング・デッキなのですが、どこから見てもオーシャンビュー! しかも、視界を遮るホテルやコンドミニアムなどのビルは一切ありません。海に沈むサンセットも、季節に関わらず見ることができるのだとか。なんて贅沢なんでしょう〜!

400_5IMG_8895.jpg
こちらは毎朝メディテーション(瞑想)を行うシュライン(聖堂)。仏像や、このアシュラムの源流であるシャンババ・ヨガ創始者の写真が飾られ、静謐な空気が漂います。アシュラムのヨガ講師のひとり、サティアム先生が、チャンティングで使う古いオルガンのような楽器を演奏してくださいました。温かみを感じさせる神秘的な音色にうっとり...。

400_6IMG_8919.jpg
見てください、この大きなマンゴー! 庭というにはあまりにも広大な5ヘクタールの敷地には、バナナやパパイヤ、パイナップル、ククイなどの植物が元気に育っています。このお庭をのんびりと自由に散歩したり、熟れごろのフルーツをもいで食べたりできるのも、コナラニ・ヨガ・アシュラムの大きな魅力ですね。私もこのマンゴーを味見させてもらったのですが、濃いマンゴーの甘みが本当に美味しかったです。

400_7IMG_8921.jpg
広い広い敷地はゆるやかな坂になっていて、上のほうに登っていくとグリーンのコテージが見えてきました。数日〜数週間、数カ月にわたり滞在してヨガを学ぶ生徒たちのために、アシュラムにはさまざまなタイプの宿泊施設が用意されています。このコテージは、去年の秋にできたばかりの新しいゲストルームです。

400_8IMG_8931.jpg
室内は広々としていて、とってもキレイ! しかも、オーシャンビューですよ〜。

400_9IMG_8961.jpg
コテージの近くには、テントのお部屋もあります。下にはデッキの土台が組まれていて、しっかりとした造り。このテントのお部屋も、去年の秋にできたばかり。

400_10IMG_8955.jpg
テントの中は思ったよりも広々! ラウハラ・マットが敷かれ、小さなベッドとちゃぶ台、プラスチックの小さなたんすまで置かれていて、なかなか快適そうです。

このほか、スタジオやリビングなどがある母屋の建物内にもドームルームがありますが、立派なベッドが置かれ、なかなか素敵でしたよ。希望の滞在スタイルに合わせて、お部屋が選べるのはうれしいですよね。安心・快適なドームルームも良いけれど、せっかくなら自然をすぐ間近に感じられるテント滞在も楽しそうだな〜なんて、アシュラムでの暮らしをあれこれ想像して夢気分(笑)。
アシュラムの施設の写真はこちら>>

400_11IMG_9066.jpg
ヨガ講師のアバヤ先生(左)、サティアム先生(右)、そして日本語通訳の孝子さん(中央)。日本語による21日間のティーチャートレーニングでは、孝子さんによる通訳が入るので、より理解を深めることができますね。またティーチャートレーニング以外でも、申し込み手続きや質問など、孝子さんが日本語でサポートしくれるので、安心です。

まとまったお休みが取れたら、このアシュラムに滞在して、ヨガをしたり、お庭でフルーツをもいで食べたり、ビーチまで出かけてシュノーケルをしたり、サンセットを眺めた後は、ファイヤーピットの火を囲んで談笑したり...なんて、素敵ですよね。ちなみに、アシュラム滞在ではベジタリアンの食事が提供されるのですが、すべてオリジナルレシピによる料理はとても美味しいと評判で、料理本を3冊も出すほどなのだとか! 新しいハワイ旅行のスタイルとして、ヨガ・アシュラム滞在を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

マローン恵(メグミ)

アロハストリート副編集長。ワイキキ、マノア、モンサラット、マキキを経て現在はカイムキ在住。好きなものは地ビールと地コーヒーと地チョコレート(全部発酵食品!)。ハワイ島取材班としても意欲的に活動中。

Twitterアカウント:@Megumiinhawaii

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top