ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
泣けるほどの絶景海前レストラン「KPC」【カムエラ・プロビジョン・カンパニー】

泣けるほどの絶景海前レストラン「KPC」【カムエラ・プロビジョン・カンパニー】

ハワイ島旅行で必ず訪れたいオーシャンビューレストラン、カムエラ・プロビジョン・カンパニー。目の前に沈む夕陽を眺めながら味わう料理はプライスレス!

公開日:2015.08.02

更新日:2017.07.18

ハワイ島(ビッグアイランド)特別コラム

 アロハ! メグミです。
真っ黒な溶岩の大地や透明度の高い海、標高4,000メートル級のマウナケア山など、雄大な自然の魅力あふれるハワイ島、通称ビッグアイランド。ハワイ諸島の中でもいちばん広大なハワイ島の中で、その桁外れのスケールで知られるヒルトン・ワイコロア・ビレッジに、リツコ編集長と一緒に宿泊してきました! 1日では回りきれないほど広大なリゾート内を探検したり、新カテゴリーのマカイ・プレミアム・ルームを堪能した私たちですが、今回は有名な、あのオーシャンビュー・レストランをご紹介します!

400_1IMG_8665.jpg
広大なヒルトン・ワイコロア・ビレッジの南の端に位置するレストラン「カムエラ・プロビジョン・カンパニー」は、ハワイ島を代表するレストランのひとつ。非日常のバケーションの思い出に、特別な日のディナーにと、必ず訪れておきたい場所となっています。上の写真は、エントランスを入ったところにあるバーエリア。高い天井と、広めに取られたスペース、心地良い風と午後の光りがリゾート気分を盛り上げます。ディナーの予約時間の少し前に来て、ここで軽く飲んでから...というのも粋ですよね。

400_2IMG_8629.jpg
室内にも豊富な席数があり、大小パーティに適した個室空間などもあるのですが、カムエラ・プロビジョン・カンパニー(通称KPC)に来たからには、この開放的なテラス席に座らないわけにはいきません! こんなに贅沢にスペースが取られたテラス席って、オアフ島ではなかなか思い当たらないですよね。真っ青な空に流れる雲、そよぐヤシの木...これぞネイバー・アイランド! そして、振り返ると、そこは...?

400_IMG_8636.jpg
海前、ドーン!! こんなにパノラマのオーシャンビューが広がっているんです。このオーシャンビューの絶景だけで、胸がいっぱいになってしまいますよね〜。ああ、なんてロマンチックなんでしょう...。ちなみに、このオーシャンフロント・シートはとっても人気で、予約が必須となっているうえに、1人につき$25の追加料金がかかります。$25にはシャンパンと前菜が含まれ、なによりこの絶景はここでしか味わえないですから、プラス$25を払っても惜しくないと思いますよ!

400_4IMG_8698.jpg
まずはシャンパンとカクテルで、乾杯〜! 手を伸ばせばすぐに届きそうなところにある海の、飛沫を上げてくるりと巻きながら来ては返す波を眺めながらの一杯...これを最高と言わずして、何と言うのでしょう! こうした海の景色を眺めるためにも、ディナーは陽があるうちにスタートするのがおすすめです。

400_5IMG_4661.jpg
左のお皿は、追加料金に含まれるココナッツ・シュリンプ。大ぶりの立派なエビが、カラッと揚がったココナッツの衣をまとって、外はサクッ、中はプリッの完璧なハーモニー。右のお皿は、お店の方におすすめされたコナロブスターとローカルコーンを使った贅沢なチャウダー。ロブスターから出た濃厚な出汁の旨みとコーンの甘みが相まって、バゲットに付けて永遠に食べ続けたいほどワンダホー!

400_6IMG_4676.jpg
KPCに来たら絶対に食べたい!と思っていたのが、こちらの冷製シーフード・サンプラー。ジャンボシュリンプ、牡蠣、タラバガニの脚、マグロのポケが豪華な盛り合わせになっています。これがもう、新鮮そのもので美味しいのなんの! カクテルソースも添えられていますが、シンプルにレモンをちゃっと絞っていただくのが一番。オーシャンビューを前にして味わうシーフードって、なんでこんなに最高なんでしょう〜。

400_7IMG_4686.jpg
シグネチャーメニューともいえる「マウカ・マカイ」。ハワイ語で「山と海」を意味するこちらのお料理は、ロブスターテールのグリルとテンダーロインステーキが夢の共演を果たしています。香ばしく焼かれたロブスターは、口に運ぶと驚くほどのジューシーさ。お肉のほうは、さすがステーキの本場アメリカ、これまた感動のやわらかさです。ポテトとアスパラガスも添えられ、満足感たっぷり。飲み物をビールに変えておいてよかった〜!と感動するぐらい、この豪快な料理はビールとの相性抜群でした。私はビール党なのですが、赤ワインとも合うと思います!

400_8IMG_4667.jpg
この海前のゴージャス感、たまりませんよね! ハワイ島の中でもこのロマンチックなロケーションとハイクオリティな料理から、ハネムーンや特別な日に訪れる人たちが多いというのも納得です。わいわいと賑やかな雰囲気ですが、とはいえスペシャルなお店に変わりはないので、ドレスコードを意識してお出かけするのがおすすめですよ。陽が落ちた後は肌寒くなる日もあるので、カーディガンなど羽織るものもお忘れなく。

400_9IMG_4715.jpg
料理とお酒に舌鼓を打ちつつ、気づけば夕暮れ時。目の前の水平線に、茜色の大きな太陽の塊が落ちていきます。刻々と変わりゆく情景に、息をするのも忘れるほど。泣けるほど切なく美しいこの雄大な夕景に、感動で胸がいっぱいに満たされて、命の洗濯をさせてもらいました。

400_10IMG_4699.jpg
最後に、シェフ・エディがハワイ島の栄えあるグルメ賞に輝いたという受賞作のチョコレート・トルテをデザートに。あ〜幸せ! 美味しい料理の数々と、何よりこの絶景ロケーションに、大満足の夜となりました。お店はヒルトン・ワイコロア・ビレッジ内にありますが、宿泊ゲストでなくてもレストランの利用が可能です。ハワイ島に行くなら、必ず一度は行って損なしですよ。ハネムーンや夫婦旅行はもちろん、この夕陽を前にプロポーズ...っていうのも最高だと思いますよ〜!

これまでのレポート「ホテル探検編」はこちらからどうぞ↓↓
その1「とにかく広い!編」>>
その2「静かで不思議な北編」>>
その3「動物いっぱいの南編」>>
その4「新ゲストルーム編」>>

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top