ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
インドア派な私のカイルア・カヤックデビュー【カイルアビーチアドベンチャーズ】

インドア派な私のカイルア・カヤックデビュー【カイルアビーチアドベンチャーズ】

マリンアクティビティに縁遠い私の初カヤック体験。楽しい日本人ガイドと一緒に渡った無人島に季節限定で住む、ある生き物との出会いに感動!

公開日:2015.07.30

更新日:2017.06.14

編集部体験レポート

 アロハ! ケイです。
 「暑いのが苦手だから、ビーチや海には一年に一度行くか行かないか、くらいかなぁ〜」と言うと、「YOUはどうしてハワイに引っ越してきたの?」なんてよく聞かれるほど、海とは縁遠い私。そんな私がこのたび、なんとカイルアでカヤックデビューしちゃいました! 自分でも驚きですが、またトライしたいと思っているくらい楽しかったんです。なにが楽しかったのかって?ひとつずつお伝えしますよ〜!

11.jpg まず今回、私史上初の偉大なる冒険(カヤック)の手助けをしてくれたのは、カイルアビーチのすぐそばにあるアクティビティ&レンタルショップ「カイルアビーチアドベンチャーズ」のヤスヨさん(写真左)。私が無事初カヤックをやり遂げて、しかもまたトライしたくなっちゃったのはヤスヨさんのおかげと言っても過言ではありません。なんと言っても日本語でガイドしてくれる安心感、そして小柄なのにいざとなったら大きな男の人でも救助できるというパワフルさ、さらにカイルアビーチよりもまぶしい笑顔で明るい人柄!

practice.jpg 実は今回のツアーには、数々のマリンアクティビティ経験者であるメグミ副編集長が、私のあまりの海離れっぷりを知り、「そりゃいかん!」と無理やり(?)連れてきてくれたのです。ちなみに今回参加したガイドツアーはカヤックでカイルア湾に浮かぶ「フラットアイランド」へ上陸することを目指すもので、ワイキキへの送迎・ランチ・カヤックの利用料・ロッカールーム&更衣室・日本語ガイドツアーが料金に含まれています。まずは海に行く前にショップで、ヤスヨさんがカヤックの乗り込み方、パドルの漕ぎ方を教えてくれるところからスタートです。「ふたりで息を合わせて漕がないと、余計に大変になりますよ〜! はい右〜、左〜」しっかり陸上練習をしてから、ビーチへ出発します。

kayak1.jpg ビーチへ到着するとこの景色! エメラルドグリーン、スカイブルー、そしてイエローがまぶしいカヤックのコントラスト。 インドア派な私もさすがにこの景色には一気にテンションアップさせられました。ビーチにいるスタッフが私たちがカヤックに乗り込むのを手伝ってくれて、安全確認をしてから、いよいよ水平線に細長く見える島「フラットアイランド」へ出発!

22.jpg こちらに見えるのがフラットアイランド、その名の通り「平らな島」です。まるで楽園のような、この美しい景色を眺めながら優雅にカヤックを漕いで•••いられるかと思いきや、開始早々なかなかの体育会系アクティビティだということがわかってきたのです。近くでひとり用カヤックに乗ったヤスヨさんが「しっかり漕がないと、島へたどり着きませんよ〜! ほらがんばって!」と声をかけてくれるのですが、カイルア特有の向かい風がこの日に限って強めで、漕いでも漕いでも押し戻されている感覚。運動不足の私の肩には結構くるものが•••。でも、もう一息!

33-1.jpg 上陸〜!! ヤスヨさんの励ましを受けながら、なんとかかんとか30分弱でフラットアイランドへ到着することができました。感無量です。ヤスヨさんが持ってきてくれたお水とおやつで休憩をとりましたが、がんばった後のお水って、なんでこんなに美味しいんでしょうね〜。

 入江のようになっている長さ10メートルほどの小さなビーチには、私たちのもの以外にもいくつかのカヤックが並んでいます。ちょうど夏休みシーズンで、旅行中のファミリーがシュノーケルを楽しんでいました。この島周辺は岩礁が広がっているので、いろいろな魚を見ることができるそうです。そして「この無人の島は、この時期ある生き物たちの別荘地となっているんですよ〜」とヤスヨさん。その生き物とは•••?

bird2.jpg 海鳥! オナガミズナギドリという種類で、春から秋にかけてマーシャル諸島から渡ってくるんです。島のゴツゴツした岩肌にできた空洞を住処にして、ここで卵を産みます。島全体に張り巡る多肉植物のアクリクリが、日中の太陽光の熱を取り込んで、温度を一定に保ってくれるため卵の管理がしやすいそう。「そこら中の穴にいるから、歩くときは注意してくださいね」とヤスヨさんに言われた瞬間、足を下ろした数センチ先に、つぶらな瞳でこちらをじっと見つめてくるオナガミズナギドリが。ご、ごめんね•••でも、なんてかわいいの〜! 先祖代々、遠いところからわざわざ飛んできてこのカイルア湾を子育ての地に選んでくれているんだなと思うと、大切にその環境を守ってあげたくなりますね。

island.jpg そしてこのオナガミズナギドリが再びマーシャル諸島に帰る秋以降、今度はアラスカからクジラたちが子育てのために暖かいハワイへやってくるので、ここカイルア湾からもクジラを見ることができると、ヤスヨさんが教えてくれました。ハワイって、人間だけじゃなくて動物たちにとっても楽園なんですね。今度は冬期にクジラに会いにまたカヤックで来よう、と心に決めた私でした。

 そしてなぜかヤスヨさんに言われるがまま、ヨガのポーズで記念撮影。これが本日のベストショットとなりました(笑)。フラットアイランドからは、ビーチからだととても遠くに見える双子のモクルア島が近くに、そしてまわりは透明度の高い美しい穏やかな海。この最高に美しい場所、時間をひとりじめしているような感覚になりました。

kayak33.jpg 島を30分ほど巡って、オナガミズナギドリにさよならをして再びカヤックへ乗り込み、カイルアビーチへ戻ります。行きのときとは逆に、風向きが進行方向だったためラクラク〜。ようやく、海面からの景色を楽しむ余裕ができました。ビーチからでもきれいだと思っていたけど、360度エメラルドグリーンかターコイズブルーの海に囲まれて眺める水平線と、静かな海面。このまま海へザブンと飛び込みたい気持ちをこらえて(自力でカヤックに戻るのは大変だそうです。万が一のときはヤスヨさんが手伝ってくれるのでご安心を!)、ゆったりとビーチへ戻ります。トータルで約2時間ほどなのに、それ以上の充実感と達成感と感動を味わえました。

outside.jpg カイルアビーチアドベンチャーのショップは、カイルアビーチから歩いてすぐの場所にあります。お店の前には黄色いカヤックが並んでいるので、簡単に見つけられます。ロッカーをひとり1つ利用できて、さらに更衣室もあるので、マリンアクティビティで最も不安になるポイント(私自身と周囲の声より)、「着替えはどうするの?」「荷物はどうするの?」「貴重品は(以下略)」が一挙に解決!

lunch.jpg ちなみに今回私たちが参加した「2時間ガイド付きカヤックツアー」にはランチが含まれています。チェックイン時に渡されるチケットを利用して、ショッピングセンター内にあるK&K BBQ、BOB's PIZZERIAもしくはカイルアの街中にあるAloha Saladsの中から好きなお店を選ぶことができます。チケットと一緒に渡される紙にお店の詳しい場所と、おすすめのメニューが日本語で書いてあるのでわかりやすかったです。午前中のツアーに参加する人はツアー終了後、午後のツアーに参加する人はツアー開始前にランチをいただくことができます。

 カイルアビーチアドベンチャーでは、「2時間ガイド付きカヤックツアー」やその他のツアー、レンタル料金が15%オフになる、アロハストリート限定割引を実施中です(2015年9月19日まで)。カイルアビーチアドベンチャーの公式サイトの申し込みページで、利用人数を選択したあとに出てくるラベルの「Add promo code or discount code」を押して、割引コード「alohastreet」を入力すると割引価格が適用されます。ぜひ今度のハワイ旅行で家族やお友だちと、新しい感動と、また戻ってきたいと思う出会いを体験してみてください〜!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top