ハワイの最新現地情報が満載!

注目度高! ワードビレッジの新レストラン【ワードビレッジ】

注目度高! ワードビレッジの新レストラン【ワードビレッジ】

ワードビレッジのPR担当でもあり、グルメライターでもあるショーン・モリスさんと一緒にニューオープンのお店をご紹介!

公開日:2015.07.03

更新日:2017.06.14

編集部体験レポート

 アロハ! ヒロヨです。
 開発の進むワード・カカアコ地区。通るたびに新しいコンドミニアムの建設が進み、新しく生まれ変わろうとしています。ワードエリアの中心的な存在、ワードセンターズも名前を改めワードビレッジとなり、新店が続々オープン中。

wardcenter.jpg
 今回は新しくオープンしたレストランやカフェをご紹介します! そして、アロハストリートのウエブでもグルメコラムを執筆している、PR会社社長のショーン・モリスさんにも同行してもらいましたよ! ショーンさんは、なんとこのワードビレッジのPRを担当。彼の専門分野でもあるレストランの見どころならぬ、食べどころを一緒にレポートします。

Poke_Salad.jpg
 最初に訪れたのはワード・センターにオープンしたワード・ウエアハウスにある「パイナ・カフェ」の2号店。好みのポケが選べるポケ丼が人気。2号店では1号店とほぼ同じメニューがそろいます。ポケの種類は常時6種類以上そろえ、サイズはスモール、ラージ、エクストララージから選べます。キムチ、ふりかけ、納豆50¢~などのトッピングの追加も可能。このほかサンドイッチやサラダ、プレートランチ、スムージー、アサイボウルもあり、とにかくメニューが豊富です。「ここでは、食後のデザートにピッタリのジェラートやソルベも販売しているよ」とショーンさんが言うように、マンゴーやストロベリーなど魅惑的なフレーバーが店内のショーケースにずらり。シングルは$3.95、ダブルは$5.25、トリプルは$6.50です。ジェラートやソルベは2号店のみの販売となります。

Sean.jpg
 カメラを向けるとおとぼけな表情で楽しませてくれるサービス精神旺盛なショーンさん。彼が持っているのは、ワサビ・マサゴ・アヒ・ポケにとろろをトッピングしたスモールサイズのポケ丼です。ワサビが結構強めでツンとくる辛さをとろろでマイルドな風味に。喉越しもよくてペロリと食べられます。女性ならスモールでも結構お腹いっぱいになりますよ。

AguJun15-1.jpg
 次もワード・センターに2号店をオープンさせたロコ絶賛のラーメン店「アグ・ラーメン・ビストロ」。「ここはじっくり時間をかけて作る本格とんこつスープのラーメンが人気だよ。新メニューの担々トンコツも加わってメニューがさらに充実。僕は柚子地鶏ラーメンも好きだなあ!」。場所は、クアアイナ・サンドウィッチの隣。ランチタイムは近くで働くロコで賑わい大盛況。ラーメン以外の丼ものやサイドメニューも美味しいと評判なのでぜひラーメンと一緒に注文を。待つのが苦手な方は少し時間を外して訪れるのがおすすめです。

Pasta.jpg
 カジュアルなラーメン店のあとは、デートにぴったりのスタイリッシュなイタリアンレストラン「ベリーニ・ビストロ&バー」へ。オープンエア席もあり、お洒落な雰囲気漂う店内では、本格イタリアンが楽しめます。ランチタイムはサンドイッチを中心とし、ディナーはパスタ、肉、魚など豊富なメニューでロマンチックな食事を満喫。ボンゴレ$22は細かく刻んだ貝の身をたっぷりとトッピングしてあるので、ちょっと贅沢な気分に。

Hiroyo_Bellini.jpg
 お店の名前にもなっている、スパークリングワインにピーチピューレを混ぜたカクテル「ベリーニ」はフルーティな味わいとシュワッとした弾けるような炭酸が口の中をリフレッシュ。食事のスタートにぴったりの1杯ですよ。お店の中にはバーカウンターもあり、料理に合わせて飲み物をチョイス! 大人の優雅な食事に利用したいレストランです。

Ginza.jpg
 「次のお店のオーナーは僕の同級生なんだ。」とショーンさんからプチ情報をゲットし、食べ物以外にも個人的に興味深々で「ギンザスシ」へ行くと、笑顔でオーナーのランスさんが迎えてくれました。きびきびとよく働くところがショーンさんと似ています。「ランスはテイクアウト専門だったニンジャスシを改装して、ダイニングスペースを作り、このギンザスシを開店したんだ。価格も手頃だし、いろいろな人に利用してもらいたいな」。定食コンボは、照り焼きチキン、唐揚げ、刺し身、とんかつなどのおかずから2品選べ、ごはん、サラダ、味噌汁がついて$13.95~。ボリュームたっぷりで和食のほっとする美味しさに思わずにんまり。

Sean_Ginza.jpg
 オリジナル巻き寿司のギンザスペシャル$12.95は、エビの天ぷら入りの巻物にスパシーアヒをトッピング。下の巻物が見えないくらい豪快に乗ったスパイシーアヒと天ぷらの香ばしさが絶妙です! 同級生のお店ということでリラックスしたのか、ショーンさんもノリノリでポージングして記念撮影(笑)。ここまで紹介したお店の4店舗はすべてワード・センター1階のアウアヒ通り沿いにある路面店です。トロリー乗り場も目の前にあってアクセス便利ですよ。

Brue2.jpg
 ワード・センターをあとにして、今度はワード・ウエアハウスの「ウエディング・カフェ」内に新登場したカフェ「ブルー・バー」へ移動。このカフェはダウンタウンにカフェをオープン後、カカアコのプランツショップ「パイコ」内に2号店を、そして3号店をここに開け、現在4号店も近日オープン予定という急成長中のカフェなのです。ショーン、ここのおすすめは?「ここは、アメリカのバリスタ御用達のアルファ・ドミンチェ製スチームパンクを導入しているんだ。ホノルルでは珍しいこの機械を使ったコーヒーは試してみる価値があるよ。週変わりでコーヒーのラインナップも変わるので、訪れるたびに新しい味に出会えるのも魅力だね」。

BrueCoffee.jpg
 実際にこのスチームパンクを使用したコーヒーを飲ませてもらったのですが、コーヒー豆の持つ酸味、苦味、コクなどすべての味がしっかり感じられ、豆の旨味がしっかりと引き出されていました。エスプレッソに使用しているコーヒー豆はハワイでローストしているそうですよ。

Brue_owner.jpg
 取材中、偶然オーナーのマットさんと娘さんのコートニーさんに遭遇。「この場所にお店をオープンできてとてもハッピーだよ。お店の雰囲気もとてもいいので、たくさんの人に利用してもらえるとうれしいな」とマットさん。ショッピングの合間の休憩スポットとして利用したいおすすめカフェです。

 新しいお店が続々オープンし、今後もその動向に目が離せないワードビレッジ。要注目のショッピング&グルメスポットでハワイのトレンドをキャッチしてみませんか?

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top