ハワイの最新現地情報が満載!

ハレイワ発スペイン風ガーリックシュリンプ

ハレイワ発スペイン風ガーリックシュリンプ

ノースショアと言えば、サーフィンが有名。そしてもうひとつ...そう、ガーリック・シュリンプ!噂のスペイン風ガーリックシュリンプをご紹介!

公開日:2015.04.23

更新日:2017.11.15

編集部体験レポート

 アロハ!ユカリンです。
オアフ島のノースショアと言えば、ウィンターシーズンに押し寄せるビッグウェーブでのサーフィンが有名。そしてもうひとつ、ガーリック・シュリンプの存在を忘れてはいけません!ノースショアのカフク地区で養殖しているカフクシュリンプは、プリップリで一度食べたらそのおいしさの虜になること間違いなしなのです。そんな養殖池があるカフクはもちろん、ホノルルから一番近いノースショアの入口、ハレイワにもガーリックシュリンプを堪能できるランチワゴンが数軒点在しています。

IMG_8192.jpg
ホノルルからH1、H2とハイウェイを乗り継いで、ハイウェイの終了地点ワヒアワを少し走って行くと、パイナップルで有名なドール・プランテーションがあります。そこを通り過ぎると道路はこんな一本道。お天気がいいと目の前には真っ青な水平線が広がって、それはそれはキレイなんですよ~(この日は曇り空でしたけど...)。道の両側にはパイナップル畑やコーヒー畑があって、私の大好きな風景です!

IMG_8196.jpg
ノスタルジックな雰囲気が魅力的な町、ハレイワタウンに入ると、おいしいコーヒー&スイーツが人気のカフェ「コーヒーギャラリー」や、100%ホームメイドのジェラートが大好評のショップ「イル・ジェラート」などがある「ノースショア・マーケットプレイス」があります。そこを越えて少しすると右側の奥にある、このショッキングピンク色のランチトラックが今回のお目当て、ガーリックシュリンプのお店「カマロン・シュリンプワゴン」です。

それにしても「カマロン」ってなんかあまり馴染みのない名前ですよね?マカロンなら知っているけど(笑)。オーナーシェフの西川さんにカマロンの意味を伺ってみたら...。「スペイン語でエビって意味なんです」とサラリと言われてしまいました。実は西川さん、学生時代はスペインで過ごした経験があるんだそうです。私には読むこともできませんでしたが(苦笑)、トラックには「Camarones De Ajo Original(オリジナル・ガーリックシュリンプ)」って、スペイン語の看板がありますね。

IMG_4906.jpg
こちらがカマロンのメニューです。ガーリック・シュリンプ($13)、スパイシー・ガーリック・シュリンプ($13)、レモン・バター・シュリンプ($13)、シュリンプ・スキャンピ($15)、ココナッツ・シュリンプ($12)、ココナッツ・シュリンプ&ガーリック・シュリンプ・コンボ($15)。このほかに日替わりスペシャルもありますよ!この日はフライドチキン(6ピース、ご飯付き/$7.95)、フライドチキン(6ピース、フレンチフライ付き/$8.95)、フライド・フィッシュ(3ピース、ご飯付き/$8.95)、フィッシュ&チップス($9.95)がありました。

IMG_4910.jpg
どれにしようか散々迷った挙句、欲張りな私は「ガーリック・シュリンプ&ココナッツ・シュリンプ・コンボ」をゲット。見てください~、このクリーミーなソースのガーリック・シュリンプ!ハワイで何度となくガーリック・シュリンプを食してきましたが、こういうスタイルは初めて!!ご飯にもたっぷりとソースがかかっていてなんだか得した気分でうれしーい。

IMG_8209.jpg
ここでまたオーナーにこのクリーミーソースについて伺ってみました。これはスペイン風のソースなんですって。このガーリックシュリンプを頬張りながら目を閉じると...まるで地中海にいるみたい~(笑)。ココナッツ・シュリンプも衣がサクサクでおいしーい。サラダとパイナップルが付いてくるっていうのもかなりポイント高いですよね。ランチプレート・ボックスじゃなくて、キレイなお皿に盛り付けられていたら高級レストランのお料理ですよ、これは!

IMG_4928.jpg
なにがうれしいってこの大振りなサイズ!食べ応えバツグンです。ご飯は残そう、残そう、って思っていたのに、ソースがおいしすぎてまさかの完食(笑)。

IMG_8214.jpg
お料理は高級レストランのような味わいだけど、目の前には鶏の親子が普通にお散歩中...。やっぱりここはのどかなハレイワなのでした。

IMG_8215.jpg
カマロン・シュリンプワゴン」は、ハレイワのメインストリート「カメハメハ・ハイウェイ」からちょっとだけ奥まった場所にあるから、手前にあるこのブルーのシェイブアイス&アイスキャンデーのランチワゴンを目印にしてね。

IMG_8199.jpg
ハワイに来るまでは、アメリカ本土で30年ほど過ごし、バージニア州では、キャノンUSAのカフェテリアでお料理を作っていたというオーナーの西川さん。「これまでに食べたガーリック・シュリンプと比べると、ひと味もふた味も違うスペイン風の『Camarones De Ajo Original』をぜひ召し上がってみてくださいね!」とメッセージをいただきました。

ハレイワタウン散策の際は、「カマロン・シュリンプワゴン」のガーリックシュリンプで、ハワイにいながらちょっぴりスペインな一度で二度おいしいひとときを過ごしてみませんか?

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top