ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
モデルも通う痩身エステでスッキリ初体験!

モデルも通う痩身エステでスッキリ初体験!

話題の痩身サロン、イリカイ・マッサージ・スパでスリミングマッサージ初体験!オーナーのカリスマ美容家、長村幸子統括総店長に特別に施術してもらいました。

公開日:2014.11.11

更新日:2017.06.14

編集後記ブログ

 アロハ!リツコです。
 「絶対に結果を出す痩身エステ」として注目を集めているイリカイ・マッサージ・スパのオーナーであり、日本に15店舗のエステサロンやヨガスタジオを展開するカリスマ美容家、長村幸子統括総店長。以前から、ずっとお会いしたい...と思っていた憧れの幸子さんがハワイのサロンにいらっしゃるとお聞きし、思い切っておじゃましてきました!

002.jpg お写真ではいつも拝見していましたが、実際にお会いしてみるととにかくキュートでオーラがいっぱい。華奢で小顔、お肌はもちもち!そして何より笑顔が最高にかわいらしくてドキドキしてしまいました(笑)。日本では、幸子さんの施術を受けるために数カ月の予約待ち...という人気ぶりなんですよ〜。

003.jpg そして、今回は特別に幸子さんのマッサージを体験できることに!総店長自らの施術を受けられるなんて、なんという贅沢...。ワクワクしながらベッドに横になると、まずは足からぎゅーっとスタート。これがイタ気持ちいい!そこから腰や背中、首肩...と進んでいくのですが、部分によって思わず「ううっ」と声が出てしまうような箇所があるんです。でも、ある程度マッサージを受けてから、同じ場所を同じ強さでもんでもらうと、不思議なくらい痛みがない。これは、身体の中の老廃物がこりこりになっていたのをほぐして流してもらった証拠なんですって。確かに、施術の後は足の腿の部分がやわらかーくなって疲れも軽減。肩も背中も、びっくりするくらい軽く感じます。

 「最初は痛いですよね?でも、私としては40%くらいの力でマッサージしてるんですよ」と幸子さん。こんなにスリムなボディから、どうやってこんなパワーがでるんだろう?と不思議に思うほどでしたが、ご本人は「自分は全然疲れないんです。ちゃんとコツもあるんですよ〜」と笑顔。ちなみに、毎日早朝4:00に起き(!)、ヨガや半身浴を絶対欠かさないようにして、心身のケアをされているんだそうです。食事にも気をつかい、常に自己管理を怠らないそう。やっぱり努力すると、その結果が伴うんですね。素敵すぎます...。

004.jpg マッサージの後は、サウナの3倍の効果があると言われるデトックスラップも体験。最初はほんのり温かくていい感じ〜と思っていたのですが、15〜20分ほどすると汗がどんどん出てきてちょっと苦しくなってきました(笑)。でも、先ほどのマッサージでほぐされた老廃物や毒素が汗と一緒に排出されると思えば、なんとありがたいこと!がまん、がまん...。途中、冷やしたタオルを顔に乗せてくれたのが最高に気持ちよかったです。

IlikaiNov14-1.jpg 最後に、これまたずっと気になっていた「セルティックマシン」も特別に体験。スペシャルな振動でセルライトをガシガシ除去してくれるという夢のマシンです(笑)。長村さんのスリミングマッサージで身体をほぐしてもらった後なので、マシンの効果も倍増なんだとか。最先端技術とゴッドハンド...。最強のコンビネーションで私のセルライトを減らしていただきました!

 今回私が体験したのは、脂肪燃焼スリミング+デトックスラップのコース。さらに一度受けただけでも、固かった腿や背中がやわらかくなり、身体全体がスッキリするのを感じました!これが、長村式スリミング&デトックスかあ...。モデルさんや芸能人の皆さんが、撮影前の駆け込み寺として通うというのも納得です。ちなみに、アロハストリート・マガジンのクーポンを使うと、通常約2時間$338のスリミングコースがなんと$99に!ぜひ、お試しあれ〜。

001.jpg このコース以外にも、ロミロミやリンパマッサージ、さらにブライダルエステなど様々な施術を受けることができるイリカイ・マッサージ・スパ。毎月とってもお得なマンスリースペシャルのキャンペーンを行っているので、お見逃しなく。アロハストリートには、施術が30%オフとなるお得なウエブクーポンもありますので、こちらもチェックを〜!身も心も軽くなる魔法のサロンへ、足を運んでみてはいかがですか?

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top