ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ハワイから始まる!iichikoの新しい挑戦【iichiko USA】

ハワイから始まる!iichikoの新しい挑戦【iichiko USA】

いいちこから、iichikoへ。フルーツリキュールYUZUとUME、スピリッツのBLUがハワイ限定で発売!

公開日:2014.11.09

更新日:2017.06.14

アロハストリート・インタビュー

 アロハ! メグミです。
 日本は大分県宇佐市で生まれ、いまや国民的ブランドと言っても過言ではない焼酎「いいちこ」。ここハワイでは「iichiko」として、レストランのアルコールメニューやリカーショップでも頻繁に見かけることができ、ローカルにも広く愛されています。そんなiichikoから、今年8月、ハワイ限定のお酒が登場! 現在はホノルルの厳選されたレストランやバーで味わうことができるという、新登場のiichikoについて、「iichiko USA」の宮崎さんにお聞きしました!

IMG_5214_400.jpg
 こちらがiichiko USAの宮崎さん。じつは、10月30日にアカクラハウスで行ったアロハストリート・イン・ワイキキのパーティ・イベントにて、iichikoの特設バーを出展してくださいました。その時に大人気だった、ハワイ限定ライン3種が、こちら!

InWaikiki_iichikoBottle400.jpg
 右から、「iichiko Bar FRUITS UME」「iichiko Bar FRUITS YUZU」「iichiko BLU」。「iichiko Bar FRUITS」の2種は、焼酎にフルーツフレーバーを組み合わせた、スイートな果実リキュールのシリーズ。そして「iichiko BLU」は、レストランやバーで飲まれることを想定して創り出された、まったく新しいコンセプトを持つ焼酎なのだとか。

 これらハワイ限定の新しいiichikoが生まれた背景には、アメリカ本土やヨーロッパを含む海外と比べ、ハワイでは突出して焼酎が飲まれているという、ハワイならではの食文化が大きく影響していると言います。

「いいちこの全生産量のうち、海外に輸出されるのは約1%ほど。そのうちの多くが、ハワイで消費されています。じつは、アメリカをはじめ海外では、日本酒が"SAKE"として一般化しているのに比べ、焼酎はまだまだ浸透していないのが現状。ところが、ハワイだけは、日本食レストランではもちろん、多くのバーや飲食店、またリカーショップでも、"SHOCHU"として目にすることができ、広く浸透しています。なかでもiichikoは、ローカルの人にとっても愛されているんですよ。たとえば......"iichikoタワー"って、聞いたことがありますか?」

IichikoTower400.jpg
「これがiichikoタワーです。飲み終わったボトルキャップを、こうして重ねてタワーにしているんですね。ハワイの日本食レストランや寿司バーなどでは、iichikoタワーを見つけることができますが、これは日本にはなく、ハワイだけの現象なんです」

 iichikoが地元に根付き、愛されているハワイで、限定ラインを発売することになったのは、自然な流れを感じさせます。と同時に、この限定ラインの発売は、焼酎の新たな可能性を広げる「挑戦」でもあると、宮崎さんは語ります。

yuzu_ocean400.jpg
「焼酎の飲み方は、お湯割りやロックが一般的で、これは日本でもハワイでも同じ。逆に、それ以外の飲み方がされないお酒だとも言えます。ところが、焼酎は蒸留酒なので、スピリッツでもあるんですね。世界の四大スピリッツであるジン、ウォッカ、ラム、テキーラは、それ単体で飲まれるだけでなく、ほかの素材とミックスしてカクテルとしても楽しまれています。四大スピリッツと肩を並べるのに十分なクオリティを誇るiichikoも、バーテンダーの手によって、カクテルスピリットとして無限大の魅力を感じてほしい...そういった思いから、iichiko Bar FRUITSのYUZUとUME、そしてBLUが誕生しました」

ume_black400.jpg
 今回発売されたYUZUとUMEは、ストレート・ロックがいちばん美味しい飲み方。もちろんソーダで割ったり、カクテルに使っても美味しいフルーツリキュール。私も試飲させていただきましたが、UMEは梅酒を思わせるフレーバーで、飲みやすい口あたり。YUZUは柑橘系のフレッシュな香りが爽やかで、どちらも女性に喜ばれそうなイメージです。

「YUZUとUMEは、現在はレストランやバーで味わっていただけますが、2015年1月より、ハワイのABCストアやスーパーマーケット、リカーショップでの販売がスタートします。ホテルのお部屋でリラックスしながら楽しんだり、ハワイ先行発売で日本未発売ですからおみやげにもおすすめですよ」

IMG_7298_400.jpg
 一方、iichiko BLUは、ショップでの一般販売はせず、バーやレストランなどの外食シーンに限定したお酒。

「BLUは、ハワイのバーテンダーたちに愛され、使ってもらえるようにと生み出されました。このままで飲んで美味しいのはもちろん、カクテルに使用した時にも最高の持ち味を発揮します。BLUを使ったカクテルレシピをバーテンダーと共同開発し、今後はカクテルとして味わえるお店も増えていく予定です。また、バーに似合うデザインにもこだわり、ハワイの海をイメージしたブルーのボトルと、水中から海面を見上げたような美しいラベルに仕上がりました」

 日本では「下町のナポレオン」と呼ばれ、長きにわたり親しまれてきたいいちこ。ハワイでローカルから愛されてきたiichiko。今回、ハワイで始まったiichikoの新しい挑戦が、海を渡り、世界のバーで飲まれる日が来るかもしれません。夢が広がりますね!

IMG_7293_400.jpg
 さて、11月いっぱい、YUZUとUME、そしてBLUの発売を記念して、ホノルルのレストランで特別イベントが行われています。11月7日(金)のファーストフライデーには、ダウンタウンの「HASRビストロ」にて試飲イベントが行われました。私もお邪魔してきましたが、ファーストフライデーのおしゃれなロコたちがたくさんブースを訪れ、とても賑わっていましたよ。

IMG_7289_400.jpg
 今後は、11月15日(土)の夜にギンザ・ナイトクラブの「イエロー・カンパイ・ナイトパーティ」にてYUZUが登場。また11月17日(月)〜30日(日)、アラモアナ地区のMWレストランとダウンタウンのザ・ピッグ・アンド・ザ・レディにて、iichikoを使った特別メニューが登場します。ぜひチェックしてみてくださいね!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top