ハワイの最新現地情報が満載!

ハワイ島1週間のリゾートステイ体験〜前編

ハワイ島1週間のリゾートステイ体験〜前編

2014年夏に行われたキャンペーンで、ハワイ島のリゾートステイ「コナ・コースト・リゾート」に当選された久保砂織さんのレポート・前編です!

公開日:2014.11.19

更新日:2017.06.14

ハワイ島(ビッグアイランド)特別コラム

 2014年夏に行われたプレンゼント・キャンペーンで、ハワイ島のリゾートステイ1週間に当選された久保砂織さんが、その様子をレポートしてくださいました。「タイムシェアリセール専門会社 くじら倶楽部」が企画した、ハワイ島のリゾート施設「コナ・コースト・リゾート」2ベッドルームのお部屋でのステイの様子をたっぷりの写真とともに紹介してくれます。ぜひお楽しみください!

〜〜~コナ・コースト・リゾートでの滞在を終えて 前編~〜〜

 この度はハワイ島初上陸の素晴らしい機会を与えて頂き、心より感謝申し上げます。オアフ島に馴染みのある私にとって、ハワイ島の空気・景色すべてが全く別ものでした。ハワイ島の火の女神ペレの懐に抱かれて、時間がゆっくりと、体の細胞一つ一つが蘇る!そんな感覚の中、ハワイ島でのバケーションを楽しませて頂きました。

 コナ・インターナショナル空港に到着後、レンタカーを借りに。今回お世話になったのは「enterprise」社。事前にネットで予約し、なんと破格の1週間レンタルで$231。ミドルサイズの数種ある車の中から、現地で自分の好きな車を選ばせて頂きました。選んだのはFord社の「Focus」。乗り心地もよく燃費もバッチリでした。

breakfast-400.jpg 朝早いフライトだったので、コナの町まで15分程ドライブし、海の見えるローカルレストラン「Bongo Ben's Island Café」にて朝食。海が見渡せる席をお願いし、美味しい朝食を頂きました。

Saori sama-400.jpg その後、コナ・コースト・リゾートへ向かい、場所を確認後、チェックインの16:00までたっぷり時間があったので、ボルケーノまでドライブ。カルデラをバックに写真撮影したり、サーストン・ラバ・チューブ(溶岩トンネル)の中をお散歩したり、ハワイ島が生きていることを実感しながらのワイルドな時間を過ごしました。

property-400.jpg さあ、いよいよ待ちに待ったチェックイン。リゾートの敷地内に入りチェクイン・カウンターのある建物へ。日本語を話せるスタッフがいるかは確認しませんでしたが、簡単な手続きのみなので、英語が苦手な方でも大丈夫かなと思います。クレジットカードを提示し、レンタカーの駐車登録、エアコン使用の有無の確認、エアコンが必要な場合は書類にサインをし、エアコンキーとルームキーを人数分もらい、チェックイン完了。エアコン代金と宿泊税はチェックアウトの際に支払います。クレジットカードか現金での支払いになり、その場で選べます。リゾート内は非常に広くて、自分たちが滞在するお部屋を探すことしばし。ビルナンバー23を見つけ、目の前にある駐車場に車を入れました。駐車場はたくさんあるので、まず停められないことはないですし、いつでもユニットの目の前に停められます。

SVC_Kona_CoastIMG_7445_P400.jpg ワクワクしながら、お部屋の中へ~。いや~実に広い!さすが2ベッドルームのユニット。すべてがゆったりと作られていて、もちろんアメリカサイズですから、スケールが大きいですね。本当にのんびりと我が家以上にくつろぐことができました。

SVC_Kona_Coastbedroom4_P400.jpg マスターベッドルームはキングサイズの大きなベッドが一つ。高さもありマットレスも丁度いい柔らかさ。ぐっすりと寝ることができ、体を十分に休めることができました。ゲストルームにはクイーンサイズのベッドがツインで。試しに寝てみましたが、マスターベッドルームのベッドに比べるとマットレスがちょっと硬い感じです。マットレスの硬さの好みは個人により違うと思いますので、何とも言えませんが、私は少し柔らかめの方が好きなので、マスターベッドルームのベッドに大満足でした。

 そして、それぞれのベッドルームにバスルームがあります。マスターベッドルームにはトイレ、洗面台、シャワーブースと大きなバスタブが分かれてあります。お風呂好きの日本人にとってはたまらない設備。とっても大きいのでゆっくりと体を伸ばし、快適な時間を過ごせます。ステップもついていますので、半身浴での読書も楽しめますよ。

 ゲストルームのバスルームにはトイレ、洗面台とシャワーブース。バスタブはありませんが、マスターベッドルームのバスタブをシェアできるので問題ないですね~。シャワーはどちらともヘッドが取り外せないタイプ。日本人としてはちょっと使い勝手が悪いかもしれませんね。取り外しできるシャワーヘッドだと嬉しいのですが~。アメリカでは固定式が一般的なので仕方ないですね。水量ももう少し多いと嬉しいです。でもバスタブの水量は完璧。とても使い勝手が良かったです。タオル類はバスタオル・フェイスタオル・ハンドタオルが各1枚ずつ6名分用意されています。たっぷりあって嬉しいかぎりでした。

sunset-400.jpg リビングルームには大きなソファーセットと大きなダイニングテーブルが。とにかくゆっくりと座れます。6名でも十分な広さではないでしょうか。テレビは各部屋にあり、計3台あります。見たい番組をそれぞれ見ることができますね。!リビングルームとマスターベッドルームはオーシャンビューです。とっても素敵な景色に癒されます。ただ、海はビーチではなく溶岩でゴロゴロしていますので、目の前の海で泳ぐことはできません。海までのリゾート敷地内からの正式なアクセスはないです(滞在中、お庭の整備をしてくださっているスタッフの方に海を見に近くまで行きたいのですが~と聞いてみると、ゴルフ場を突っ切って行っても大丈夫だから、こっそり行ってごらん~と教えてもらい、溶岩で出来ている絶壁まで行ってみました。車があれば近くのビーチまですぐに行けます。土日はローカルの人たちも加わって、ビーチは賑やかでした。ビーチで見るサンセットは何とも言えない美しさ。うっとりとしながら眺めていました。

BBQ-400.jpg リビングルームから続くテラスには大きなテーブルセットが。テラスのすぐ横にはバーベキューのコンロがありますので、みんなでバーベキューなどのパーティも楽しめます。夕日を眺めながらのステーキディナーも素敵ですね。

 キッチンもフルキッチンなので、みんなで楽しく調理することもできます。ただ炊飯器はなかったです(気が付かなかっただけかな?)。IHコンロ、電子レンジ、大型オーブン、トースター、ブレンダー、コーヒーメーカー、鍋、フライパン、他に必要なものはすべて揃っています。食洗器やディスポーザーも完備です。キッチンが広いと調理するのも楽しいですし、お部屋でゆっくりとお食事したい時に便利ですね。

 そして何より私がうれしい設備が、お部屋に洗濯機と乾燥機が完備されていること。遊び疲れている中、ランドリールームまでわざわざ行く必要がなく、洗濯したい時にピックアップしに行く時間を気にすることなく洗濯できるのはとても嬉しいです。私はホテルよりコンド派なので、ユニット内に洗濯機・乾燥機があることはかなりポイントが高いんですよね。

 収納スペースもたっぷりとあります。マスターベッドルームにはパウダールームも別にありますので、おめかしにゆっくりと時間をかけることができますよ。ベッドで寝ている人を起こしてしまうのでは~と気にすることなくお出かけの準備ができるのでとても助かりましたし、うれしい仕様でした。セーフティボックスもありますので、貴重品をきちんと管理できます。

 お部屋ではWi-Fiが使用できます。Wi-Fiネットワーク設定で「AT&T」を選ぶとWEBサイトに飛びますので、そこで「get connected」ボタンをクリックすると使えるようになります。 パソコンやスマホでインターネットを部屋で使えるのは便利でした。チェックイン・カウンターの建物内にパソコンが一台ありますので、そこでもインターネットが使えますよ。

 ハウスクリーニングは滞在中1回、4日目にきれいに掃除して頂き、快適な環境が維持できました。チェックイン時に、いつハウスクリーニングが入るか教えてもらえるのですが、お部屋に着いてすぐ、ハウスキーパーよりお電話が部屋電にかかってきて、再度確認の連絡がきました。ていねいな対応でとても気持ちよかったです。

■まだまだ魅力いっぱい...レポート後編はこちら>>

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top