ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
紅茶の本場イギリスとハワイが香る新カフェ

紅茶の本場イギリスとハワイが香る新カフェ

ワード・ウェアハウスにオープンしたばかりの新しいカフェ「ザ・モナーク・ティールーム」に行ってきました。アンティーク調の空間と美味なるスイーツにうっとり!

公開日:2014.06.26

更新日:2017.06.14

編集部体験レポート

 アロハ! ヨリエです。
 6月21日(土)、ワード・ウェアハウスに新しいカフェ「ザ・モナーク・ティールーム」がオープンしました。オープンに先駆けて参加したメディア向けお披露目イベントでは、美味しいスイーツとキュート過ぎるアンティークな食器、こだわりの紅茶セレクションに、心をわし掴みされてきました〜!

300RIMG_5690_edited-1.jpg

 じゃーん! 一番のオススメは、アフタヌーンティーです。イギリスで暮らし、さまざまなビジネスにおいて成功してきたオーナー夫婦が、ハワイの歴史に惚れてオープンしたこちらのお店。紅茶の本場ロンドンと、高貴なオールド・ハワイが融合したような不思議な魅力にあふれています! アフタヌーンティーは、サンドイッチ、サーモンのクラッカー、サラダ、マフィン、スコーン、マカロン、カップケーキなどの盛り合わせと、約27種類から選べるオーガニックティーが楽しめます($28/1人、$36/2人)。

400_IMG_5686.jpg

 スコーンには、イギリスの定番、濃厚なミルクのデボンクリームと、タヒチアン・レモン・カスタード、ハワイのフルーツで作ったフレッシュなジャムを添えて。サンドイッチの具は、リリコイ(パッションフルーツ)でマリネードしたチキンとコリアンダー。スイーツは、ハワイの有名レストランでも活躍するパティシエが作っているとあり、興奮してしまう美味しさでした!

 こんな、まるで宝石みたいな食べ物が、24Kゴールドがあしらわれたアンティークのお皿にのっているのです。ああ、なんて幸せな光景! アフタヌーンティーが楽しめるのは、12:00〜16:00限定。ぜひ事前に予約してくださいね。

400_Loose leaf teas.jpg

 紅茶は注文前にひとつひとつ手に取り、香りを確かめることができます。世界のコンテストで賞を受賞したものをはじめ、すべて上質なオーガニックを厳選しているそうです。ちなみにアフタヌーンティー以外にも、紅茶だけ、ペストリーだけの注文も、もちろんOK。また、紅茶のみならず、こだわりのコーヒーも絶品なのだとか。ショッピングの休憩にも気軽に立ち寄りたいですね。

300IMG_5702.jpg

 この日私が試したなかでお気に入りだったのは、「カンタロープ&クリーム」。メロンとクリームのほんのりやさしい香りに癒やされました。

300IMG_5705.jpg

 カップケーキ、絶対また食べに行こう…っと! しっとりとしたスポンジも、甘いだけでなくリッチな美味しさがあるクリームも期待以上でしたよ。

300IMG_5724.jpg

 こぢんまりとした店内には、オーナーが集めたアンティークのティーセットやハワイ王族の写真などが飾られています。外観からは想像できない異空間ですね。

300IMG_5719.jpg
400IMG_5709.jpg
300IMG_5729.jpg

 お店のスタッフもヴィンテージなスタイルで、いい雰囲気。こちらカフェは、「ナ・メア・ハワイ」という本とハワイアン雑貨がそろうショップの一角にあります。ショップで販売している本は自由にカフェに持ち込んで、読んでもいいのだとか! Wi-Fiも利用できるので、パソコンやスマートフォンを使いながら、のんびり過ごすのもいいですね。

400IMG_5737.jpg

 お店の場所は、ハッピーハレイワ博文堂があるワード・ウェアハウス1階。2階にオールド・スパゲティ・ファクトリーのある端に位置しています。写真上の「ナ・メア・ハワイ」を見つけたら、ショップの奥に遠慮なく進んでください。ワクワクさせてくれるカフェに、ぜひみなさんも行ってみてくださいね。

ザ・モナーク・ティールーム
The Monarch Tea Room

[エリア] ワード

[アクセス] アラモアナセンターより徒歩約15分、ワード・ウェアハウス1階
[電話] 808-382-6118、または808-330-8853
[営業時間] 10:00〜18:00(月〜日)※アフタヌーンティーは12:00〜16:00(要予約)
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top