ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
コアなファンも多い話題のエキゾチカバンド

コアなファンも多い話題のエキゾチカバンド

エキゾチカ・ミュージックの第一線で活躍するバンド、ドン・ティキが5月23日のベネフィット・コンサートに参加。レアなライブパフォーマンスは必見!

2014.05.06

アロハストリート・インタビュー

 ウクレレ・ピクニック・イン・ハワイ2014の一環で、5月23日(金)に開催されるウクレレ・ミュージアム・ベネフィット・コンサート。そのコンサートに参加する話題のバンド、ドン・ティキのリーダーであるキットさん(下の写真・右)と日本人キーボード奏者のオカ・リョウコさん(下の写真・中央)、プロデューサーのロイドさん(下の写真・左)に、イベント出演のきっかけや意気込みなどをインタビューしました。

Dontiki.jpg

 

Don Tiki/エキゾチカバンド
ドン・ティキ


ハワイとアメリカ本土のミュージシャンやダンサーで編成された音楽グループ。ジャングルジャズとも呼ばれるエキゾチカ・ミュージックをベースにハワイアンやラテンなど多彩なジャンルを融合し、現代的にアレンジした独特の音楽スタイルで、世界中にファンを持つ。ナ・ホク・ハノハノ・アワードにも3度ノミネートされた実力派。

ウェブサイト www.dontiki.com

──アロハ! 初めまして。ウクレレミュージアムの建設費用を集めるベネフィット・コンサートに出演することになったきっかけは何だったんですか?
リョウコ:もともとウクレレ・ピクニック・イン・ハワイのエグゼクティブ・プロデューサーである関口さんファミリーとは、7年前くらいから個人的に交流があったんです。でも、自分が参加しているドン・ティキのコンサートを見に来てくださいなんて、日本のトップミュージシャンである関口さんには恐れ多くて言えなかったんです。ところが4年前くらいにハワイで開催したコンサートに関口さんがプライベートで見に来てくださったんです。コンサート終了後、バックステージで「前からドン・ティキのファンだったんだよー」っておっしゃってくれて。それから毎回コンサートに来てくださるようになりました。今回ずっと夢だったベネフィット・コンサートに参加させて頂くことになり、本当に光栄です。
──関口さんは以前からドン・ティキをご存知だったんですね。
リョウコ:そうですね。CDもすべて持っていらっしゃいました。エキゾチカ・ミュージックを愛好するミュージシャンって結構いるんですよ。このジャンルを開拓したマーティン・デニーの名曲「ファイヤークラッカー」を、その昔YMOがカバーしたり。
ロイド:ジェニファー・ロペスの曲にもそのサウンドが使用されていますよ。
リョウコ:世界中にエキゾマニア(笑)がいるんです。
tgifcover400.jpg

──なるほど、とくに音楽関係者の間では常に注目されているサウンドなんですね。ドン・ティキは主に欧米でライブを開催されていますが、毎年どのくらいの頻度でライブをされているんですか。

キット:大体年に1回ぐらいですね。アメリカ本土にいるメンバーも多いのでそんなに頻繁にはできないんです。
──では、今回参加されるベネフィット・コンサートは、ドン・ティキのライブが見られる貴重なチャンスですね。このイベントは毎年多くの日本人が来場するので、いつものライブとは違った客層を前にしてのパフォーマンスになると思いますが、どういうお気持ちですか?
UkuCon14-2.jpg

ロイド:たくさんの日本の方の前で公演をするのは初めてですが、とてもうれしいです。僕たちのバンドにはミュージシャンだけでなく、ダンサーもいるので、歌詞が分からなくてもビジュアルで楽しむこともできるし、曲の雰囲気も伝わりやすいと思っています。

キット:そうですね、できるだけ多くの日本の方に僕たちの音楽を知ってもらういい機会だと思っています。コンサートでは、ボーカルに1曲日本語で歌ってもらおうかなとも考えているんですよ。
──日本語でのエキゾチカ・ミュージックがどんな雰囲気になるのかぜひ聞いてみたいです! 話は変わりますが、メインランド在住のメンバーがハワイを訪れた時にいつも連れて行くお気に入りの場所はありますか?
ロイド:サンドアイランドにあるラ・マリアーナ・セイリング・クラブ内、「ティキ・バー&レストラン」へはよく行きます。滝や緑豊かな植物とともにヴィンテージのティキがディスプレイされていて、オールドハワイの雰囲気たっぷりです。とても居心地がいいですよ。地元の人でも知らない人が多い穴場的レストランなんです。
──知らなかったです。そこは会員制のレストランなんですか?
キット:誰でも行けますよ。サンドアイランドのケエヒ・ボートハーバー近くです。マーティン・デニーもそこでライブをやりました。
All.jpg
──そうなんですね。ぜひ今度行ってみたいと思います。では最後に、アロハストリート読者にメッセージをお願いします。
キット:まずは僕たちの音楽をぜひ聞いてみてください。バンドのオフィシャルウエブサイトでも過去のライブが見られるので、コンサートに来られない人はぜひウエブをチェックしてくださいね。
ロイド:このウクレレ・ミュージアム・ベネフィット・コンサートがきっかけになって、いつか日本でライブを開催できたらいいなと思っています。
リョウコ:エキゾチカ・ミュージックってすごくおもしろいカルチャーだと思うので、フラなどのハワイアンだけでなく、こういう音楽のジャンルもあるんだということをドン・ティキを通して、もっと日本の方にも知ってもらいたいですね。この最高の音楽をぜひ、コンサートに来て体験していただきたいです。
──そうですね、コンサート楽しみにしています。今日はどうもありがとうございました!
インタビューを終えて

エキゾチカ・ミュージックと言われると、どんなジャンルなのかピンとこなかったのですが、音楽を聴いて「あ、知ってる!」と思うくらい、ポピュラーなサウンドだったことにびっくり。しかもドン・ティキの音楽は世界各国のいろいろな音楽を融合した進化系エキゾチカ・ミュージック。とってもかっこ良くて、たちまちファンになってしまいました。ベネフィット・コンサートでの演奏が本当に楽しみです。

ウクレレ・ミュージアム・ベネフィット・コンサート
[イベント開催日] 5月23日(金)17:30開場、18:30開演
[会場] ハワイ・プリンスホテル・ワイキキ マウナケア・ボールルーム
[チケット料金] 前売り券$60、当日券$65
[問い合わせ] 808-312-4381
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top