ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
「世界一の朝食」を食べに行かなくっちゃ!【ビルズ】

「世界一の朝食」を食べに行かなくっちゃ!【ビルズ】

シドニーはもちろん、日本、ロンドンに留まらず、全世界の朝食文化を変えたと言われるカジュアル・ダイニングがオープン!

2014.04.06

編集部体験レポート

 アロハ!ユカリンです。
 オーストラリアのシドニー発のレストラン「ビルズ」は、シドニーはもちろん、日本、ロンドンに留まらず、全世界の朝食文化を変えたと言われるカジュアル・ダイニング。そんなビルズがアメリカ初進出のレストランをハワイにオープン! オープン前日に行われたお披露目パーティにお邪魔してきましたので、その様子をご紹介しますね!

IMG_0107.jpg

 ビルズ・ハワイがあるのは、ワイキキの中心にあるTギャラリア by DFSから徒歩5分くらいの場所。ハードロック・カフェのお隣りです。

IMG_2515.jpg

IMG_2597.jpg

 1階は、スタイリッシュなインテリアのカフェ&バー。朝は6:00からオープンして、おいしいコーヒーをはじめ、絞りたてのフレッシュジュースやオレンジジュース、シェイク、フラッペなどのドリンクのほか、サラダやサンドイッチ、バーガー類、パンケーキにスイーツなどが気軽に楽しめます。そして2階はダイニングフロア。朝の7:00から有名な世界一の朝食がいただけます。それでは2階へ行ってみましょう!

IMG_2528.jpg

 吹き抜けで天井が高い~!!それだけではなくて、天井にある大きなガラス窓からは、太陽の光がサンサンの降り注いでいます。開放的で気持ちいい~。全体的に木のぬくもりを感じるやさしい空間ですね。こんなに広いフロアーに座席数は150席とゆったりとした感じも贅沢でステキ。

IMG_2543.jpg

 さらにラナイ席もあって、ハワイのやさしい風を感じながらお食事がいただけるというのもうれしいですね。

bill4.jpg

 この日はお披露目パーティということもあり、こんな風にサーバーの方たちが一口サイズのお料理を次から次へと運んできてくださいました。ハワイ産の食材を使用した限定メニューをはじめ、ビルズ風シュリンプ天ぷらや、シグネチャー・メニューのひとつリコッタ・パンケーキなど、どれも素材の味が引き立ち「おいし~い!」としか言えない私たち(笑)。

IMG_2535.jpg

 2階フロアの奥には、バー・カウンターもあり、ワインがずら~り。世の中のアルコール類の中でもワインが一番好きな私は、それを見ただけでお気に入りのレストランになってしまいました。もちろん、ワイン以外にもビールやカクテルなど、各種そろっているので、お酒を飲みながらすてきなお食事タイムが過ごせそうですね。

bill7.jpg

 待ちに待ったレストランのオープンにリツコ編集長もメグミ副編集長もこの笑顔。サーブされるメニューどれもこれも見た目が美しいだけでなく、味も文句の付けどころなし。なんだかビルさんにやられた~って感じです。

Bills.jpg

 そんな中でダントツはやっぱりこれでしょう!「リコッタパンケーキ w/ フレッシュバナナ、ハニーコームバター」です。ふんわりフワフワのパンケーキの中にたっぷりと入ったリコッタチーズ。これまでのパンケーキとはまるで違う食べ物です。シロップとバターをたっぷり付けていただけば...あぁ、幸せ~♪

bill_hawaii_-147.jpg

 こちらが1993年にビルズ第一号店をオープンして以来、日本、ロンドンでも店舗を展開しているオーストラリアのレストランター、ビル・グレンジャー氏。

 パーティの最中も、招待されたお客さんたちと気軽に会話を楽しんだり、笑顔で写真撮影に応じたり、とてもカジュアルな雰囲気のビルさん。そんなビルさんが、故郷であるシドニー&ハワイのビーチスタイルやライフスタイルのハイブリッドとも言えるお店で提供する「世界一の朝食」とローカル食材を使った限定メニューの数々。ぜひ味わってみてくださいね!

ビルズ
bills

[エリア] ワイキキ中央
[アクセス] DFSより徒歩3分
[住所] 280 Beachwalk 
[営業時間] 
●1階/6:00~23:00(日~木曜)、6:00~24:00(金、土)
●2階/7:00~23:00(日~木曜)、7:00~24:00(金、土)
※食事のラストオーダーは閉店の1時間前、ドリンクは30分前

 「カジュアルダイニングの王様」と称されるオーストラリア発祥のレストラン、ビルズのワイキキ店。 リコッタパンケーキやふわふわスクランブルエッグなど、日本のビルズ7店舗でも人気のメニューをはじめ…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top