ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ハワイ産チョコレートができるまで:農園編

ハワイ産チョコレートができるまで:農園編

ハワイ産クラフト・チョコレート「マドレチョコレート」のカカオ農園&チョコレート工場ツアーを体験!まずはカカオ農園ツアーをご紹介します!

2014.01.04

編集部体験レポート

 アロハ! 編集スタッフのメグミです。
 かつてハワイみやげの代名詞とも言えるほど一世を風靡したマカダミアナッツ・チョコレート。そのナッツはハワイ産でも、チョコレートに使われるカカオは海外産がほとんどでした。なぜなら、赤道直下で育つカカオは、北緯20度付近に位置するハワイには適していないと言われていたからです。ところが近年、ハワイでもカカオ栽培がスタートし、正真正銘ハワイ産チョコレートが注目を集めています。そんなハワイのクラフト・チョコレートのひとつ、マドレチョコレートで、カカオ農園ツアー&チョコレート作り体験ができると聞き、出かけてきました!

IMG_8224_400.jpg

 マドレチョコレートでは、オアフ島北部カフクにあるカフク・ファームと、東部ワイアホレにあるオーガニック農園の2カ所と提携し、ハワイ産カカオを使用したチョコレートを生産しています。今回ツアーで向かったのは、ワイアホレのオーガニック・カカオ農園。この地域はオアフ島内でも緑豊かなことで知られていますが、生い茂る緑の中を進み、透き通った水が逃れる小川を渡り、農園を目指します。

IMG_8117_400.jpg

 タロパッチ(タロイモ水田)が見えてきました。雨がよく降り、水量が潤沢なオアフ島東海岸は、タロイモ栽培でも有名です。ここまで来ると、携帯の電波もほとんど入りません。ここからさらに奥地へと進むと、山の中腹を切り開いた小さなビレッジがあり、そこが農園の中心となっています。

IMG_8097_400.jpg

 こちらが農園ツアーのガイド役であり、マドレチョコレートの共同創立者のひとりでもあるデーブさん。アマゾンのジャングルが茂るエクアドルにて、環境保全活動に携わっていたデーブさんは、その時に南米原産であるカカオと出会い、チョコレート作りをスタートするきっかけを得たとか。デーブさんの指差す先にあるのがカカオの実です。このオーガニック農園では、自然なままの山の斜面にカカオの木がランダムに生えています。

IMG_8104_400.jpg

 一見、真っ赤に熟しているかのようですが、じつはこのカカオは成熟に関係なく赤色をしている種類なのだとか。「実が熟しているかを見極めるには、外側を少しだけ爪で削ってみるんだよ」。試しに削ってみると…グリーンの部分が見えてきました! このカカオはまだ熟していないようですね。ちなみにカカオの木が成長するのに5〜6年、実が成熟するのに約半年かかるそうです。

IMG_8156_400.jpg

 カカオの木を見学したら、ビレッジに戻り、カカオについてのレクチャーがスタート。熟したカカオの実(カカオポッド)は、こうして木に打ちつけ、外側の厚くて硬い皮を割ります。この写真のカカオは、前出の木に成っていた赤いものとは別の種類で、表皮は黄色ですが完熟しているそうです。

IMG_8168_400.jpg

 カカオポッドの中には、20粒ほどの豆が入っています。豆は「フルーツパルプ」と呼ばれる白いネバネバした繊維に覆われています。ツアーではこの採れたての生豆を食べさせてくれます。コリッとした生のナッツのようで美味しいのですが、まさかここからチョコレートができるとは全く想像ができない味でした。

IMG_8179_400.jpg

 フルーツパルプを発酵させたドリンクも振る舞われました。ヨーグルトドリンクのようにさっぱりしていて、体の中からすっきり元気になる味。これは美味!

IMG_8202_400.jpg

 ビレッジには、カカオをはじめコーンやナッツなど、作物を乾燥するためのプロセス小屋があります。カカオポッドから取り出された豆は、まず発酵してフルーツパルプを取り除き、この小屋で1〜2週間かけて天日干しされます。

IMG_8072_400.jpg

 乾燥したカカオ豆は、こんがり赤褐色。ちょっとチョコレートに近づいてきた感じがしますよね。この段階ではまだ生の豆ですが、農園での作業はここまで。次はチョコレート工場に移動し、カカオ豆からどのようにしてチョコレートが作られるのかを見学します。

IMG_8217_400.jpg

 デーブさんと、このオーガニック農園で美味しいカカオをはじめとする農作物を栽培しているチャーリーさん(左)。なんとこの農園のカカオは、チャーリーさんともうひとりのポールさんという兄弟2人で栽培されているのだとか。「ハワイ産のカカオは、ほかの地域のものと違ってブラックベリーのような独特の味わいがあります。ぜひ多くの人に味わってほしいですね」とチャーリーさん。

 レポート後編では、チョコレート工場でのチョコレート作り体験の様子をお伝えします!
後編:チョコレート工場体験レポートはこちら>>

マドレチョコレート
Madre Chocolate

★カイルア店
[アクセス] メイシーズ・カイルアから徒歩3分。カイルアバイシクルからすぐ。
[住所] 20A Kainehe St. Kailua
[電話] 808-377-6440
[営業時間] 11:00〜19:00(火〜金曜)、11:00〜18:00(土曜)、日・月曜定休

★ダウンタウン店
[住所] N Pauahi St
[営業時間] 11:00〜18:00(火〜土曜)、日・月曜定休

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top