ハワイの最新現地情報が満載!

大人も大満足!ウォーターパーク体験

大人も大満足!ウォーターパーク体験

ハワイ唯一のウォーターパークで大興奮! 絶叫ものから癒し系まで、たっぷり遊べるワンダーランドの大人的楽しみ方をご紹介します。

公開日:2013.06.10

更新日:2019.06.26

編集部体験レポート

 アロハ! タマコです。 

 オアフ島西側に位置する巨大ウォーターパーク、ウェット・アンド・ワイルド・ハワイ。地元紙でロコの選ぶ「家族で行きたい場所No.1」にも選ばれた人気スポットなのですが、多種多様な水のアトラクションの中にはスリル満点のものも多く、大人にもおすすめなのです。そこで、今回は大人の目線でレポートすべく、編集部ヨリエと体験してきました!

wetn400_13.jpg

 東京ドーム約3個分の広大な敷地は、なんと6000人も収容可能。15以上もの絶叫スライダーや癒し系アトラクションがあり、休日や祝日の混みがちな日でも、あまり待たずに楽しむことができます。日本のプールでは、サマーシーズンの休日ともなると、プールの中で隣の人とぶつかってしまうほど混みあうこともありますよね。まわりを気にせずゆったりと遊べるのは、とっても魅力的です。

wetn400_14.jpg

 荷物をロッカー(有料)にしまったら、本日の最大の目的でもある、絶叫スライダーに挑戦です! まず、一番はじめに行ったのは、世界最大級のハーフパイプ2人乗りスライダー、「シャカ」。実は高所恐怖症な私。ほぼ90度に近い急勾配を見ているだけで失神しそうです。頑張ろうと気合いたっぷりに向かったのですが、結局「これだけはできません! 」と泣きつき、ビデオ係に徹しました。私が立ちすくんだ絶叫スライダーをぜひ動画でお楽しみください〜。落ちる瞬間、一瞬なんですが、本当に怖そうなんですよ!

 普段はクールなヨリエも「ギャーーー!!!」と絶叫。いつもとは違う姿が垣間見られるのも楽しいですね(笑)。スライダーの頂上では、命綱をつけた係員のお姉さんが、チューブに安全に座っているかの確認をしています。大丈夫だと判断されたらチューブを押してくれるのですが、いつ落とされるのか分からない、スタートを待っている時間と、落ちる瞬間が怖いそうです。ですが、一度トライするとスカッとしてやみつきになるそう。私たちが行った平日の午前中は空いていたこともあって、私たちの前後の人たちは何度も滑っては登り、また滑って、と繰り返していましたよ。

wetn400_15.jpg

 絶叫して、笑って、少し疲れたら「シャカ」の隣にある波のプールで波に揺られながらプカプカと休憩もおすすめ。ここのプールには、無料で使える浮き輪やライフジャケットが置いてあります。また、デラックス・パッケージだけの特典で、ここでボディーボードレッスンを受けることもできますよ。ボディーボードが初めてという人も、プールでのレッスンなら沖に流される心配もなく、安心して楽しめますね。

wetn400_2.jpg

 波のプールのまわりには、レンタル可能なVIPカバナ(1日レンタル$100)もあり、借りるとビーチチェアやフルーツボウル、クーラー、マイチューブ(浮き輪)などがついてきます。チューブは、各スライダーやプールにて無料で借りることができますが、数に限りがあり、スライダーが混んでいなくてもチューブ待ちをしなければならないこともあるため、マイチューブがあると便利! プライベートな空間でリラックスできて、アトラクションの待ち時間もなくなり、ちょっとセレブな気分になれますね。カップルやグループで借りて、交代で読書や昼寝を楽しむのもおすすめですよ。

wetn400.jpg

 さて、波に揺られてリラックスした後は、真っ赤なスライダーが存在感たっぷりの「アイランド・レーサー」に挑戦です。「シャカほどの直滑降ではないし、小さい子も楽しそうに滑っているし、これは大丈夫かも」と勇気を出していざ出発! 結果は…あまりのスピードに声も出ませんでした(泣)。体の大きな私は、スピードがつきやすく、途中で体が何度か宙に浮き、結構なスリルを体験。何がなんだかわからいうちに、一緒に出発した小柄なヨリエよりかなり早くゴール地点にいましたよ。でも、このドキドキ…癖になる!(笑)。

 グループで何度も何度もレースをしている人たちもいました。一斉にスタートして誰が一番にゴールするか競争するのは楽しそうです。体重があると有利だということが分かったので、また友だちと行って、本気レースをしてみようと思います。

wetn400_10.jpg

 ちょっと疲れがたまっている人にぜひおすすめなのが、「カポレイクーラー」という流れるプール。大きなチューブにゴロンと寝っ転がって、緑いっぱいのトロピカルジャングルの中をゆったりと流れます。さんさんと降り注ぐハワイの太陽を浴びながらのジャングルクルーズ。海だとギラギラの太陽に照らされ、短時間でアチチチ〜となるところも、ここなら緑が日光をほどよく遮ってくれて、たっぷり森林浴もできます。流れるプールの中央には「カッターズ・アイランド」という緑が繁る小さな島があり、温水ジャグジーや滝のプールなどで、さらにまったりできる癒しスポットになっています。

wetn400_11.jpg

 いっぱい遊んでお腹がすいたら、お待ちかねのランチタイムです。今回はフードコートでランチを購入。お隣にはバーもあって、ビールやカクテルも注文できるんですよ。ハワイでは、ビーチや公園など公共の場での飲酒は禁止されていて、なかなか青空のもとお酒を飲む機会がないのですが、この開放的な雰囲気の中でビールが飲めるのはうれしいですね。

wetn400_6.jpg

 さて、ランチは人気メニュー、バーベキューリブやテリバーガーをチョイスしました。たくさん動いたあとの濃厚ソースたっぷりのガッツリお肉は、最高においしかったです!

wetn4.jpg

 大人でも一日たっぷり楽しめるウェット・アンド・ワイルド・ハワイ。ワイキキからの送迎付きやランチ付きなど、便利なパッケージもあります。ぜひチェックしてみてくださいね!

ウエット・アンド・ワイルド・ハワイ
Wet' n' Wild Hawaii

[エリア] カポレイ
[アクセス] ワイキキから車で約30分
[住所] 400 Farrington Hwy, Kapolei
[電話] 808-674-9283 (内線107または108)
[営業時間] 10:30~15:30(曜日によりスケジュールに変更あり)季節により火、水曜休園。

◎子どもと一緒に楽しむウェット・アンド・ワイルドのレポートはこちら>>
詳しい情報はこちら>>
クチコミはこちら>>
予約はこちら>>

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top