ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
カイルアから穴場まで一日で制覇するには?

カイルアから穴場まで一日で制覇するには?

人気のカイルアやブーツ&キモズのパンケーキ、レナーズのマラサダ、そしてパワースポットや穴場まで一日で回れるツアーがあるって本当!?

2013.04.04

編集部体験レポート

 アロハ! メグミです。

 お楽しみがいっぱいのハワイ。ショッピングもしたいし、ハワイならではのグルメも味わいたい、観光名所も回りたいし、いま話題のスポットや、旅行者が行かないようなローカルな穴場にも行ってみたい…と、やりたいことが満載。そんな時にネックとなるのが、「滞在時間」というタイムリミット。加えて「移動はどうするの?」「英語が苦手だから自由行動は不安」と、なかなか思い通りにいかないことも…。

 しかし! ショッピングやグルメがたっぷり楽しめて、いま一番ハワイで注目のカイルアタウンにも行けて、さらにパワースポットやロコ御用達の穴場にも行ける、よくばりツアーがあるというのです。その真偽を確かめるべく、ツアーに潜入してきましたよ〜!

IMG_9950_400.jpg

 ツアーの名前は「カイルア&パワースポット・ツアーby Hoi Hoiハワイ」。Hoi Hoi(ホイホイ)はハワイ語で「ハッピー」「グッドラック」という意味があります。どんなハッピーが待ち構えているか、ワクワク…。

 集合は朝8:00。ワイキキ内のホテルまで迎えに来てくれます。ピッカピカの新品ベンツ・バンとともに登場したのが、ガイドのマイクさん。口ひげにサングラスという、見た目は完全にローカルですが、口を開けば日本語ペラペラ! 高校まで日本で暮らしていたそうで、その話しぶりは完全に日本人です(笑)。言葉の壁を気にすることなく、日本語でガイドがしてもらえるのはポイント高し!ですね。

IMG_9769_400.jpg

 この日はご家族の結婚式でハワイ入りしていたアベさんファミリーと一緒にツアーを回ります。ベンツ・バンに乗り込んだアベさんファミリー、この日のツアーで楽しみにしていることは?と聞くと、まず出てきた言葉は「レナーズのマラサダ!」。 ふわっふわのポルトガル風あげドーナツ「マラサダ」は、ハワイの人気グルメのひとつですが、なかでもレナーズはロコにも旅行者にも大人気。

 レナーズのマラサダが組み込まれているツアーも少なくありませんが、HoiHoiハワイでは、お店の中に入り、自分で好きなマラサダをオーダーできます。じつはレナーズのマラサダにはシンプルなお砂糖味からシナモン、中にチョコレートやカスタードが入っているもの、季節限定の味など、さまざまなフレーバーがあるのです。自分で好きなものが選べて、ロコ気分も味わえ、これまたポイント高し!です。お店の中でアツアツを味わうことができ、女の子もこのとおり、ニッコリ〜。

IMG_9795_400.jpg

 朝ごはんがわりのマラサダを味わった後は、オアフ島の南海岸を東へとドライブ。20分ほどすると、パワースポットのひとつ、ペレの椅子に到着です。ペレの椅子までは往復約30〜40分ほどかけて歩いて行くことができますが、この日は小さい女の子がいたこともあり、ペレの椅子は遠くから眺めるだけに。そのかわり、マカプウ灯台のあるハイキングコースを登ります。写真のように、道路が舗装されているので、ベビーカーを押していくこともできますよ。

IMG_9816_400.jpg

 20分ほど歩いたところで、記念撮影! 後ろにココヘッドとハナウマベイ、そして右にはダイヤモンドヘッドがうっすらと写っている、マイクさんおすすめの絶景スポット。写真の左側には太平洋が広がり、冬の間はザトウクジラを見ることもできるんですよ。

IMG_9825_400.jpg

 次に、パワースポットであるマカプウ・ヒーリングプールへ。ここは、古代ハワイアンが「神が飛び立つ場所」と言い伝える神聖な場所。ビーチの岩場には潮だまりがあり、その海水には癒しのパワーがあると言われています。いまでもハワイアン系のロコたちは、結婚する前や子どもが生まれた時など、このヒーリングプールで身を清める人も少なくないそうです。水は澄み渡り、足をつけるとひんやりと心地よく、体も心も浄化される気がしてくるから不思議…。

beach_400.jpg

 ヒーリングプールを後にし、ツアーではオアフ島東海岸をぐんぐん進みます。人気のローカルタウン、カイルアに行く手前で、ワイマナロビーチへと立ち寄ります。見てください、この海のブルーと白浜の美しいコントラスト! 全米No.1ビーチにも選ばれたカイルアビーチから地続きというだけあり、絵葉書のような美しい景色が広がります。しかも、人がまったくいないという独り占め状態! 人がいない時間帯を見計らってマイクさんが連れてきてくれるので、ほかの人を気にすることなく、ビーチを貸し切り状態で満喫できるのです。ああ、なんて贅沢…。

beachphoto_400.jpg

 ビーチをバックにジャーンプ! マイクさんが何枚もベストショットを撮ってくれます。大人気のワイキキビーチも、もちろん素晴らしいですが、バックに人が写り込まない絶景ビーチ写真は、ローカルエリアまで来ないとなかなか難しいもの。気兼ねなく撮影大会が楽しめるのも、ツアーの醍醐味ですね。

 ここでちょっと別話。その美しさから大人気となったカイルアビーチ、そのお隣のラニカイビーチですが、2013年3月現在、条例により商用車の乗り入れが一切禁止となっているため、ツアーや貸し切りチャーターなどでカイルアビーチへ行くことができません(個人でレンタカーや自転車、徒歩などで行くことは可能です)。しかし、「美しい東海岸のビーチを体験してほしい」という思いから、HoiHoiハワイのツアーでは、こちらのワイマナロビーチを訪れています。

IMG_9912_400.jpg

 ロコビーチを堪能した後は、いよいよお待ちかね、カイルアでランチの時間です。行列が絶えないことで知られるカイルアの名物レストラン、ブーツ&キモズで大人気のマカダミアナッツ・パンケーキをテイクアウトし、近くのオープンエア・スペースでいただきまーす! ふんわりトロトロのマカダミアナッツ・ソースが食欲をそそり…女の子はカメラそっちのけでパンケーキに夢中です(笑)。

IMG_9947_400.jpg

 絶品パンケーキでお腹が満たされたら、カイルアタウンで自由時間。閑静な街並みに注目のブティックやショップが点在するカイルア。おしゃれなタウンを気の向くままぶらぶら歩いてみたり、ショッピングを楽しんだり。自由時間はたっぷり2時間ほどあるので、思いのままにカイルアを満喫できるのが、これまたポイント高し!(時間の長さは、その日のツアー進行により多少変わります)。自由時間から戻ってきたアベさん、「カイルアで絶対に行きたいと思っていたムームーヘブンで、ヘザーブラウンの絵を買っちゃいました!」と、ビンテージ布のトートバッグに入った絵を見せてくれました〜。

IMG_9939_400.jpg

 カイルアを離れた後は、高級住宅地カハラにあるショピングセンター、カハラ・モールへ立ち寄ります。ここでも自由時間があり、オーガニック系スーパーで人気のホールフーズや、アメリカンなキッチン用品がいっぱいのザ・コンプリート・キッチン、ナチュラルなインテリア雑貨のお店ソーハなど、注目ショップをチェックすることができます。とくにホールフーズは、カラフルなカットフルーツやおいしそうなデリを眺めているだけでも楽しいスポット。オリジナルのエコバッグは、おみやげにもオススメですよ!

 このほか完全ローカルエリアにある穴場スポットにも立ち寄り、ワイキキのホテルに戻ってくるのは16:30ごろ。乗り心地の良いピッカピカのベンツ・バンで、流暢な日本語のガイドを聞きながら、オアフ島を一日たっぷり遊ぶことができるHoi Hoiハワイのツアーは、コストパフォーマンスを考えても、とってもお得だと思いました。今回のアベさんファミリーのように、小さい子どもから大人までが気兼ねなく一緒に行動できるのもうれしいですよね。初めてのハワイ旅行ではもちろん、マイクさんの知識豊富なガイドはハワイ通の人でも楽しめること間違いなし。ビーチから人気のパンケーキ、パワースポットや穴場ショッピングまで、たっぷり満喫できる楽々ツアーをぜひチェックしてみてくださいね!

 HOIHOIはハワイ語で「ハッピー、Good Luck」という意味。ツアーに参加した人全員を笑顔にしたい、という意味が込められている。サービスとホスピタリティにあふれたスタッフが案内するツア…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top