ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
カフェの店員が案内するハイキングツアー

カフェの店員が案内するハイキングツアー

自然大好きカフェ店員がガイドするユニークなハイキング・ツアー!定番コースとは違ったローカルスタイルが楽しめます。

公開日:2013.02.25

更新日:2017.06.14

ハワイのスポーツ情報「スポナビハワイ」

 アロハ!スポーツナビゲーターのA-1です。

sponavi_1.jpg

 ハワイでハイキングというと、ダイヤモンドヘッド山頂やマノア滝まで行くコースが定番ですが、ちょっと面白いハイキングツアーができたと聞いて、早速行ってきました。「ハイキング・ハワイ・カフェ」というヘルシーでおしゃれなカフェがあるのですが、ここの店員さんが大の自然好きでハイキングに連れて行ってくれるというのです。

sponavi2.jpg

 今回参加したツアーは、コオラウ山脈の南側にあり、オアフ島東海岸が一望できるクリオウオウ・リッジ・トレイル。ワイキキから車でハワイカイ方面に向かい、アイナハイナという街を山側に入って行きます。トレイルの入り口からの標高差は約570メートル、距離は往復7.4キロ、所要時間は3時間ぐらいのそこそこ歩きがいのあるコースです。「クリオウオウ」とは、ハワイ語で「膝が鳴る音」という意味なので、膝がどんなことになるのか楽しみに行ってきました。

sponavi3.jpg

 まずカフェにて集合。場所は、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート近くにある「トウダイ・レストラン」の隣下にあります。半地下になっているので目立ちませんが、お店はおしゃれな雰囲気で、出発前においしいコーヒーとサンドイッチなどで腹ごしらえもできちゃいます。ハイキングに連れて行ってくれるガイドは、マイク、デイブ、チェルシーの若い3人。マイクは日本語勉強中で、デイブはウクレレ担当、チェルシーは植物博士と、個性的な3人と一緒に、わきあいあいと出発です。

Sponavi4.jpg

 クリオウオウ・リッジ・トレイルの入り口近くに車を止め、いざ出発。歩きやすいシューズと服装は必須ですが、ミネラルウォーターやちょっとしたおやつ、雨の場合のレインコート、ステッキなどはガイドさんが準備してくれています。とにかく行きは登り一辺倒ですが、ハワイ固有の植物や外来の樹木についてチェルシーが説明してくれます。これは「ラウアエ」というシダの仲間で、昔ポリネシアの人たちがハワイに持ち込んだそうです。なるほど…。

sponavi5.jpg

 こちらは健康に良いとされているノニ・フルーツ。踏むとスゴイ匂いなので、気を付けて観察。ほかにもグアバやパンノキなど、ハワイらしいフルーツもたくさん見ることができます。中腹あたりまで登って後ろを振り返ると、ハワイカイからダイヤモンドヘッドへ続く海が見えてきます。このトレッキングコースは、地面や周りの景色、生息している植物などにも変化があるので、歩いていても全然飽きないですね。途中に休憩所もあり、ひと休みすることも可能です(トイレはありません)。

sponavi6.jpg

 頂上まであと少しと迫る最後の難関、「100段階段」(実際に100かどうかは確かではありません)を上ります。ここまで片道約4キロ弱、結構汗をかいていますが、まだ膝は悲鳴を上げていません。きっと膝は帰りに鳴くんだろうなあなんて思いながら歩いていると、「あと少し! 」と、マイクが勉強中の日本語で励ましてくれます。これがなんだか面白くて、地元の友だちと一緒にハイキングしているようなローカルスタイルな感覚が楽しめます。

sponavi7.jpg

 ようやく頂上に到着です! すご〜い!! 登ってきた甲斐が充分あります。オアフ島東海岸の青い海が一望できる最高のスポットです。麓にはワイマナロの街が望め、遠くにラビットアイランドや、カイルア方面にはラニカイビーチの前の双子の島まで見えたりと、「素晴らしい」の一言に尽きる景色です。また東から吹くトレードウィンドが山脈に当たり下から上に吹き上げるところに立つので、爽やかな風が汗をすぐに乾かしてくれます。

sponavi7b.jpg

 みんなで記念写真を撮ったり、ミネラルウォーターとおやつ補給をしてちょっと休憩。頂上には展望台のような柵やフェンスがありません。周りの岩場も風化していてもろく、滑りやすいところがあるので、少し注意が必要です。さて、あとは下るだけ。「下るだけなんだけど、普段あまり鍛えていないと、これが膝に来るんですよねえ」なんて笑い話をしながら、来た道を戻ります。

sponavi8.jpg

 途中、ウクレレ担当のデイブが器用にウクレレを弾きながら一緒に歩いてくれて、BGMでハイキングを盛り上げてくれました。知らないトレイルに自分たちだけで行くときは迷わないかちょっと心配ですが、ガイドさんと行くツアーは植物やハワイの地理的な話も聞けたりと、やはり楽しくてよいですね。ガイドが主に英語になりますが、ハワイの若いローカルガイドたちと行くローカルスタイルのハイキング・ツアーはとても楽しめました。

sponavi9.jpg

 ハイキングが終わるとカフェに戻り、空いたお腹を満たそうとサンドイッチをオーダー。注文を受けて作ってくれたのが一緒にハイキングに行ったガイドさんたちって、結構ユニークだと思いませんか!?

 地元ハワイのガイドと一緒に楽しめるハイキング・ツアーは、レアなトレイルを楽しみたい上級者はもちろん、はじめての方も歓迎です。ローカルがオススメするコースでハワイの大自然を満喫しましょう!

goto_sponavi2.gif

■このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。たくさんのメールお待ちしています!!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top