ハワイの最新現地情報が満載!

ナホクも受賞!今を輝くナプア・マクア

ナホクも受賞!今を輝くナプア・マクア

フラダンサーとして、シンガーとして、母として妻として。今とても光り輝いているワヒネ、ナプア。元気いっぱいフレッシュな声をお届けします!

公開日:2012.02.03

更新日:2017.06.14

アロハストリート・インタビュー

ハワイを代表するクムフラ&シンガー、ナプア・マクアさん。2月12日(日)に控えたウクレレ・ピクニックにも初参加が決定!今、絶好調に入った彼女に独占インタビュー。

NAPUA MAKUA(ナプア・マクア)

マウイ島出身。マウイ島にてフラ教室「ハラウ・ナ・レイ・カウマカ・オ・ウカ」を主宰。メリーモナーク、キングカメハメハ、クイーンリリウオカラニなど、数々のコンペティションで優勝、上位入賞などを果たしている。また、シンガーとしても活動しており、2011年ナホク・ハノハノ・アワードでは、最優秀女性ボーカリスト賞、最優秀ハワイアンアルバム賞、お気に入りのエンターテイナー賞の3冠受賞を果たす。

アロハストリート(以下アロハ):ナプアさん、アロハ!遅くなりましたが、2011年のナ・ホク・ハノハノ・アワードでは、なんと3冠受賞!おめでとうございました!受賞されたときのお気持ちや、ハワイアンミュージックに対する想いなどをお聞かせいただけますか?

napua4.jpgナプア・マクアさん(以下ナプア):ありがとう。とても名誉なことですよね。ナ・ホク・ハノハノは一般的なアワードとはちがって、音楽関係者だけでなく、一般リスナーの皆さんからも投票していただく機会があったので、「私の歌は、本当にリスナーの心を捉えているのだろうか?」「人々はどんな曲を求めているのだろう?」その答えをダイレクトに知ることができてとてもうれしかったわ。また、人々がハワイアンミュージックを理解し愛し続けていてくれているのだ、と知って、改めて自信を持つことができました。

アロハ:本当におめでとうございます。授賞式でナプアさんのお名前が呼ばれたとき、たくさんの人たちの歓声が巻き起こったことを今でも覚えています。ところで、フラダンサーと、シンガー、もともとはどちらを最初に始めたのですか?

ナプア:母がシンガーだったので、小さなころからダンサーとして活動していました。現在はクムフラとなり、マウイ島にてハラウ(フラ教室)を開講しているのよ。

アロハ:となると、歌を始めたきっかけはどのようなものだったのでしょう?

napua1.jpgナプア:実は、お世話になっているアテンドの方がいるんだけど、その方と日本にいるときにそのチャンスをもらったのよ。だから、人生で初めてステージに立って歌ったのは日本だったの。これまでフラダンサーとしてや、プライベートではよく日本に行っていたんだけどね。

アロハ:うわー、それはオドロキ。ナプアさんの人生の転機となった場所が日本だったなんて。

ナプア:でしょう?そのときは本当に緊張して大変だったんだけど、周囲の人たちが近くで励ましてくれたりそばにいてくれたおかげで今があると言えるわね。

アロハ:2012年も始まったばかりですが、今年はどんなスケジュールを予定されていますか?

napua2.jpgナプア:去年が少し忙しすぎたので、音楽活動は今年は少し休憩しようと思ってるの。でもクリスマスソングCDはリリースしたい。なぜならクリスマスが大好きだから(笑)あとそれと、実はカレッジに戻って勉強し直そうと思ってもいるんですよ。

アロハ:ダンサー&シンガーとして今絶頂の中にいるナプアさんが、このタイミングでカレッジですか?それはまたどんなことを学びに?

ナプア:組織学ですね。というのも、この度、ハワイ州が主催する、新しい委託業務のメンバーとして任命されたの。具体的には、ハワイ州の発展に貢献するための事業計画をレビューしたり、意見を述べたりとコミュニティに密着した活動を行う予定。それでカレッジで一度、組織運営の仕組みについて詳しく勉強したいな、と思っています。

アロハ:へえ、それは名誉なことですね!何事にも積極的なナプアさん、輝いています。地域活動といえば、去年は東日本大震災の救援活動のために、ハラウを連れてチャリティーイベント「Aloha Iapana」を行われましたよね。

aloha-iapana.jpgナプア:震災を知ったときは、本当にショックでした。わたしたちハワイアンには、小さなころから悲しいときも楽しいときも、いつでも音楽とフラがありました。ハワイのみんなの温かい声援、祈りが日本のみなさんに届いたと信じています。

アロハ:ハワイアンのひとたちはアロハスピリットに溢れていて、元気付けられます。ナプアさんはふだんマウイ島で生活していますが、今回オアフ島に来て、どこか出かけられましたか?

ナプア:そうね、今日ここにくる前にコアロハ・ウクレレ工房へ行ったんですが、各パーツからどのようにウクレレが作られるのか実際の工程を見ることができて、とても興奮しました!今までは、楽譜を見ながら弾き方ばかりに目がいっていたのですが、今は各パーツをどのように組み合わせたら私の声に合う音がでるのか、といったことに興味が沸くようになり、また違った視点からウクレレを見れるようになりました。とっても面白かったので、機会があったら是非行ってみてくださいね!

アロハ:とても楽しそう!ぜひチャレンジしたいですね。ウクレレといえば、来週には「ウクレレ・ピクニック」への出演を控えていますね。意気込みを聞かせてください!

2012UkulelePicnic400.jpgナプア:ウクレレ・ピクニックへの参加は今年初めてなのでまだどんなものになるのか想像がつかないけど、いろいろなミュージシャンに出会えるのも楽しみだし、たくさんの人達が来場すると聞いているので、とても楽しみです。マウイ島でもこんなイベントがあったら良いんだけどね。(笑)

アロハ:ぜひ、また素敵なステージを見せてくださいね。応援しています。それでは最後に読者のみなさんにメッセージをお願いします!

ナプア:そうですね、フラ、ウクレレ、ハワイアンミュージック・・・いつもハワイを丸ごとサポートしてくれて、本当にありがとう。私たちはいつもここにいます。これからもお互いに困ったときは支えあい、愛を持って生きましょうね。マハロ!

napua&.jpg

この日のライブを見に駆けつけていた、ナプアさんの祖母とパチリ。

アロハ:今日は本当にありがとうございました!これからも、ますますの活躍を期待しています!

第4回 ウクレレ・ピクニック・イン・ハワイ
Ukulele Picnic in Hawaii
[日時] 2月12日(日)9:00~日没まで
[会場] カカアコ・ウォーター・フロント・パーク(ワイキキDFSから無料シャトル有)
[公式サイト] www.ukulelepicnicinhawaii.org/
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート・マガジン

アロハストリート ハワイ島版

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top