ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
驚き!アロマ&ロミロミでスッキリ快調

驚き!アロマ&ロミロミでスッキリ快調

定期的に襲ってくるひどい肩こりと腰痛。放っておいたら頭も痛くなってきそうな予感…。よし、マッサージに行こう!

公開日:2011.11.21

更新日:2017.06.14

編集部体験レポート

 アロハ!ユカリンです。
 定期的に襲ってくるひどい肩こりと腰痛。仕事中の姿勢が悪いことが一因とはわかっているけれど、放っておいたら頭も痛くなってきそうな予感…。こうなったらマッサージで揉みほぐしてもらわなくっちゃ!せっかくだからマッサージとともにアロマセラピーもしてくれるという「アロマ・アット・ホーム」に行こうっと♪

IMG_8031.jpg

 アロマ・アット・ホームがあるのは、ワイキキからザ・バスの2番、13番で10分くらいの場所、カラカウア通りとカピオラニ大通りの角にあるセンチュリーセンター・ビルの10階。先日APECが開催されたハワイ・コンベンション・センターの目の前です。

IMG_4837.jpg

 今日は、ロミロミ・マッサージにアロマ・オイル&フットバスがセットになったロミロミ・スペシャルというコース($85/80分)を受けることに決めました。フットバスには、ティートゥリーオイルなどをブレンドした、フットバス用のオイルを数滴落としてくれて、このオイルには、殺菌効果やむくみなどをとってくれる効果があるんですって。

 マッサージをする時に使うアロマ・オイルも、ひとりひとりの症状に合わせて、セラピストさんが時間をかけてカウンセリングをしながら選んでくれるんです。私は、むくみを取って、リンパの流れを促進するとともに、デトックス効果もあるというフェンネルを配合したスペシャルブレンド「Women's」というアロマ・オイルを使うことに決定。

IMG_4859.jpg

 強弱を加えたリズミカルで流れるように施してくれるロミロミが気持ちいいのはもちろんのこと、アロマ・オイルの香りに癒され、体も頭の中もとろけていきそう~(笑)。

IMG_4874.jpg

 ところで、アロマセラピーっていうのは、ただ香りを鼻から吸い込んで「あぁ、いい香り」ってリラックスするだけではなくて、鼻や口から体内に入ったアロマ成分が、血液の中に入り、副交感神経に作用するってことを知っていましたか?血液に浸透した成分がホルモンバランスを整えたり、筋肉の緩和もしてくれるんだそうですよ。だからアロマ・オイルは、分子の細かい天然100%のグレードがよいものを使わなくてはいけないんですって。なるほど~!

IMG_4870.jpg

 あまりの心地よさに眠りに落ちてしまいそうでしたが、貧乏性の私は、この極楽気分を十分に満喫するために意地でも寝ませんっ!ロミロミ&アロマでの相乗効果で、それぞれだけでは発揮できない効果も期待できるなんて聞いたら、おちおち寝ていられませんから(笑)。

IMG_4880.jpg

 施術が終わったら、10階からの絶景を眺めながらしばしリラックスタイム~♪なんだかすごく贅沢な気分です。あー幸せ。

IMG_4839.jpg

 「毎年ホノルル・マラソンの時期は、たくさんの方がハワイにいらっしゃるので、ご予約はお早目にしてくださると、ご希望の日時に予約が確実に取れるかと思います。また、オイルが筋肉を柔らかくして、リンパの流れを整えることで、ケガの予防や筋肉痛防止に効果がある、マラソン参加者専用ブレンドのスペシャル・オイルも用意していますので、ぜひお試しになってみてくださいね」とオーナーのマルさんからメッセージをいただきました。

 あの重くてダルダルだった痛みも、施術終了後にはすっかり軽くなった私。みなさんも完全予約制の極上隠れ家サロンで、本格派アロマセラピー&ロミロミをぜひ堪能してみてくださいね。

アロマ・アット・ホーム

Aroma at Home

[エリア] アラモアナ
[アクセス] ワイキキからバスで10分、アラモアナから徒歩8分
[住所] 1750 Kalakaua Ave.(センチュリーセンター・ビル、1005号室)
[電話] 808-941-2190(予約受付:9:00~21:00)
[営業時間] 10:00~21:00(無休)

 センチュリー・センター・ビル10階にある「アロマ・アット・ホーム」は、ワイキキやアラモアナから徒歩圏内にある完全予約制のプライベートサロン。サロンからはアラモアナ・ビーチからワイキキまでを見…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top