ハワイの最新現地情報が満載!

ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
ホノルル・トライアスロン完全レポート!

ホノルル・トライアスロン完全レポート!

公開日:2009.06.29

更新日:2017.06.25

ハワイのスポーツ情報「スポナビハワイ」

 アロハ! スポーツ・ナビゲーターのA-1(エイワン)です。
 オアフ島最大のトライアスロン・イベント、ホノルル・トライアスロンが、今年も5月16日(土)、17日(日)の2日間にわたってアラモアナ・ビーチパークで開催されました。
 初日である16日の14:00からは、7~10歳を対象にしたキッズ・トライアスロン。昨年まではカピオラニ公園の近くで行われていたのですが、今年は本会場であるアラモアナ・ビーチパークで開催されたため、例年以上の盛り上がりを見せました。

re 1kids.jpg

 まずスイムは100メートル。ビーチと平行に足の立つところにコースが取られているので、中には水の中を走る子どもも。そしてバイクは5キロ。アラモアナの駐車場を完全に閉鎖して5周走ります。そして最後のランは、景色の素晴らしいマジックアイランドを1周(1キロ)して、ゴールです。翌日に大人たちがゴールする本物のフィニッシュラインのゲートをくぐる子どもたちの表情はとても満足気。ハワイの子どもたちだけでなく、日本からも多くの子どもたちが参加していて、皆真剣なまなざしで頑張っていたのが印象的でした。

re 2kids.jpg

 そして今年は、レース前から当日の17日にクラゲの出没が懸念されており、やはり本レースでのスイムはやむを得ず中止となりました。当日はラン-バイク-ランのデュアスロン(2種目)に変更されましたが、遠くからハワイを訪れたアスリートたちにスイムにもぜひ挑戦してほしいとの思いから、レース前日にスイムのタイム計測を実施することが決定。16:00にカテゴリー別、年齢別にスタートするウェイブスタートで行われました。泳ぐ距離は、スプリントが男女共に400メートル、オリンピック・ディスタンスはもちろん1,500メートルです。このスイムは計測はされるのですが、表彰の対象にはなりません。あくまで参考タイムですが、スイムの練習をしてきたアスリートやスイムが得意なアスリートにとっては、真剣そのもの。本レースはデュアスロンとなりましたが、スイムも十分に満喫されたのではないかと思います。

re 3swim.jpg
re 4swim.jpg

 さていよいよレース当日。朝6時のスタートに向けて、トランジションがオープンした4:00になるとと同時に、アスリートたちがアラモアナ・ビーチパークに徐々に集まってきました。トランジション・エリアに入る前に、自分のレースナンバーを腕に書いてもらうボディーマーキングをスタッフにしてもらいます。そしてタイミングチップを受け取り、昨日チェックインした自分のバイクのところでセッティングを最終確認して、スタートまで準備を整えます。

re 5transition.jpg

 レースのスタートは、6:00ちょうど。暗かったスタート地点もうっすらと明るくなってきました。クラゲの影響でデュアスロンとなってしまったので、競技はラン-バイク-ラン。USAT(アメリカ・トライアスロン協会)のルールに基づき、オリンピック・ディスタンスは、ラン(5キロ)、バイク(40キロ)、ラン(10キロ)。スプリント・ディスタンスは、ラン(3キロ)バイク(20キロ)、ラン(5キロ)のレースになります。
 スタートの合図とともに、オリンピック・ディスタンスのアスリート全員が最初のランに飛び出していきました。そして早くも20分くらいすると先頭ランナーが戻ってきました。その後も続いてチラホラとランナーたちが戻ってきます。

re 6start.jpg

 ランナーたちは、次々とトランジション・エリアに入っていき、バイクに乗り換えます。ランニングシューズからバイクシューズに履き替えて、ヘルメットをかぶり、バイクとともに出口に走る。この間も時間が計測されているのでランからバイクへの切り替えも素早く行うのですが、時間をロスすることなくスムーズな動きで飛び出していくひとが多い中、焦りからか上手くスタートすることが出来ずに転倒するアスリートの姿も…。

re 7run.jpg

 バイクに乗り換えたアスリートたちは、アラモアナ・ビーチパークからホノルル港、ホノルル空港を通り過ぎて、折り返し地点となるアロハスタジアム手前のアリゾナ記念館前を目指します。コースのハイライトは、空港そばのラグーンドライブ。海を眺めながら風を切って走るのはとても気持ちよさそうですが、実際に乗ると結構風がきついんですよね。そしてまたダウンタウンを抜け、一気にアラモアナへ戻っていきます。

re 8bike.jpg
re 9bike.jpg

 そして最後の種目、ランニング。今年からランニング・コースが変更になり、オーシャンフロント・コースといっても過言ではないぐらい、海沿いばかりのコースです。アラモアナ・ビーチ・パークから隣のケワロ湾を駆け抜け、カカアコ・ビーチ・パークの中を1周します。そしてゴールとなるマジックアイランドに戻ってくると、多くの声援が待っています。最後に美しいマジックアイランドを1周するのですが、この最後の1キロは、アスリートにとって長く感じてしまうつらいところ。

re 10run.jpg

 トップでゴールしたランナーのタイムはなんと1時間44分08秒でした。早っ!!そして、次々とゴールするランナーたちの表情は皆、達成感溢れる笑顔で、うれしさ一杯といった感じでした。両腕を上げてのゴール!!ラストのランナーがゴールしたのは表彰式が始まって30分くらい経った10:00過ぎ。表彰式の進行を一旦ストップして、参加している全員がこのラストランナーとなった女性をフィニッシュラインで迎えいれました。

re 11goal.jpg

 レース後には、もうひとつのお楽しみが待っていました。今年新たに設営されたフードテントです。ワイキキに新しくオープンした「アロハ・テーブル」と「食堂」さんがスポンサーをして、参加したアスリートにおいしい食事を提供してくれました。カレーライス、焼きそば、ホットドック、シェイブアイスなど、レース後にお腹がすいたアスリートに大人気でした。

re 12shokudo.jpg

 快晴に恵まれ、大きな事故もなく無事に終了したホノルル・トライアスロン2009。参加したアスリートそれぞれ違った達成感があると思いますが、とくに完全クローズされたバイクコースとカカアコのオーシャンフロント・ランは好評だったようです。やはりハワイらしさは、この青い空と青い海ですね!

Tri0100.jpg
ハワイのスポーツ情報満載!

goto_sponavi2.gif

■このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。たくさんのメールお待ちしています!!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

page top