第2回 ホノルル・トライアスロン

第2回 ホノルル・トライアスロン

公開日:2007.06.20

更新日:2017.06.25

ハワイのスポーツ情報「スポナビハワイ」

チャレンジャーA-1の「スポナビハワイ」
第2回  キッズから大人まで大集合!「ホノルル・トライアスロン」
 アロハ! スポーツ・ナビゲーターのA-1(エイワン)です。
 トライアスロンというと、過酷できついスポーツと思われがち。たしかにアイアンマンと呼ばれるレースは、スイム3.8キロ、バイク180キロ、フルマラソン42.195キロの距離を競い合い、トップ・アスリートでさえ完走に9時間もかかる厳しいものですが、今回参加した「ホノルル・トライアスロン」は比較的参加しやすい「オリンピック・ディスタンス」(スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)を採用しています。その歴史はまだ浅く、1977年、ハワイの海兵隊員が酒の席で、遠泳、サイクル・ロードレース、マラソンの中でどの種目が1番きついかを議論しながら考え出したという話は有名。しかし「オリンピック・ディスタンス」は2000年のシドニー・オリンピックから正式種目となり、現在世界の85%のレースで採用されています。
 さらにホノルル・トライアスロンは、今年からより参加しやすいように「スプリント・ディスタンス」(スイム0.5キロ、バイク20キロ、ラン5キロ)も新設。初心者にもチャレンジしやすいレースになりました。

ハワイのスポーツ情報満載!
スポナビハワイ www.sponavihawaii.com
A-1 本名:阿部栄一(A-1/エイワン)
ハワイ在住8年のイベント・コーディネーター。マラソン、サイクリング、トライアスロン、サッカー、フットサルなど、主にスポーツ・イベントのサポートを行っている。これまでトライしたスポーツは数知れず、現在はトライアスロンに挑戦中。好きが高じて、ハワイのスポーツ情報サイト「スポナビハワイ」を主宰。米国トライアスロン協会認定レース・ディレクター。
⇒ スポナビハワイ www.sponavihawaii.com

今回参加したレース: ホノルル・トライアスロン

 アラモアナ・ビーチパークから始まる美しいコースに、世界中からアスリートが集結するビッグ・イベント。2日間かけて「キッズ・トライアスロン」、トップ・アスリートが参加する「ITUコンチネンタル・カップ」、「オリンピック・ディスタンス・トライアスロン」、「スプリント・ディスタンス・トライアスロン」の4つのレースが行われます。

日時:2007年5月19日(土)、20日(日)
参加人数:計1,214人(2007年)
URL:www.honolulutriathlon.com/jp/index.cfm

1日目はキッズ・トライアスロン
 ハワイが発祥の地であるトライアスロンは、ロコの子どもたちにも人気の高いスポーツ。親がやっているので、子どもも影響を受けて始める、というパターンも多いようです。とにかく小さいときからほめて、楽しませて、安全に参加することを覚えさせるというのがハワイ流。スイムでは水の中を泳ぐのではなく、走っていたり、バイクも補助輪付きの自転車に乗っていたり、できる範囲で参加すればOK。気負わず、気軽に楽しめばいいのです。スポーツを気軽に楽しめる環境が整っているところも、ハワイの魅力のひとつですよね。
 「キッズ・トライアスロン」のレースは、7~10歳はスイム50メートル、バイク3キロ、ラン800メートルで、11~14歳はスイム100メートル、バイク6キロ、ラン800メートル。日本の子どもも含め、合わせて100名近くが参加しました。上位入賞者の中にも、たくさん日本の子どもたちが見られました。

▲最初の種目、スイムのスタートを待つ子どもたち。表情は真剣そのもの。

▲みんな慣れた様子でバイクに乗り換え。大人顔負けです。

▲走る姿はアスリートそのもの。沿道から大人たちも声援を送ります。

▲ゴール!! この感動を味わうと、また参加したくなるはず。

▲上位入賞者たち。よくがんばりました! 優勝した男の子は、このあと野球の試合があるとか(笑)。

▲日本から参加した子どもたちも、楯を手ににっこり。

オリンピック・ディスタンスに参加しました!
 翌日はいよいよ大人の番。まずは朝6時に、全米やオーストラリアなどから、エリートと呼ばれる一流選手たちが参加して行われる「ITUコンチネンタル・カップ」がスタートしました。トップ・アスリートたちの完成された肉体美とそのスピードには目を奪われます。
 そしてその後、僕も参加した「オリンピック・ディスタンス」がスタート。トライアスロンは通常5歳ごとのエイジ・グループに分かれており、年齢が若いグループから順番にスタートしていきます。続いてリレー部門、スプリント部門と、続々と選手たちが長いレースへと出発していきました。
 スイムの舞台となるアラモアナ・ビーチは、初心者にも安心のコース。ビーチに沿って平行にコースが設定されており、ライフガードも多く配置されているので安全です。リーフの内側なので波がほとんどないのもポイントです。
 スイムを終えると、トランジション・エリアでバイクに乗り換え、アラモアナ通りへ。空港へ向かう大通りですが、競技中は全車両通行止め。安心して気持ちよく走れます。アップダウンが比較的少なく、空港近くのラグーン・ドライブは海沿いを一直線に走れるハワイならではのコースで、爽快感も抜群です。
 そして最後の種目、ラン。アラモアナ・ビーチパークからダウンタウンの間を2周するコースです。平坦で走りやすいコースですが、さすがに疲れもピーク。沿道の応援を励みに、ゴールを目指します。

▲夜明けとともに大勢のアスリートたちがスタートを切りました。

▲スイムは1.5キロ。通常のローカル・レースより多めにブイが設置されています。

▲バイクに乗り換えて40キロの道のりへ。まだまだレースは続きます。

▲長い長いレースですが、海沿いを走ると疲れも癒されそう。

▲最後の種目、ランの頃には日も高くなってきて、疲れもピークに。

▲日本から参加のリサ・ステッグマイヤーさんは、走る姿も美しい。

ゴール! そして表彰式
 ゴールのアラモアナ・ビーチパークに戻ってくると、さらに多くの応援の人たちが待っていてくれました。ゴールラインに入ると同時にメダルの授与が。「ホノルル・トライアスロン」では、参加者全員が勝者というコンセプト。とてもうれしいご褒美です。
 そして表彰式。エリートをはじめ、エイジ・グループ別やリレー、スプリントの表彰が行われました。いつかこの表彰台に乗るのを目標に、これからもがんばります!

▲ついにゴール! なんとか完走できて大満足です。

▲次々に表彰が行われます。いつかあの台に乗るのが目標!

▲スポナビのアドバイザーでもある白戸太朗さんは見事エイジ・グループで優勝。さすがです。

 ハワイは夏に向けてトライアスロン・シーズン真っ盛り。ハワイのあらゆるところで、10月まで毎月トライアスロン大会が開催されています。ぜひ1度参加してみませんか? ハワイの美しいコースに、きっと病みつきになるはずです!

ハワイのスポーツ情報満載!
スポナビハワイ www.sponavihawaii.com

■このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。たくさんのメールお待ちしています!!

公開日 : 2007年 6月 20日
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハブリーズ alohabreeze ポイント2倍キャンペーン
ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top