ハワイの最新現地情報が満載!

ハワイアン航空の機内食が新メニューに

ハワイアン航空の機内食が新メニューに

ハワイアン航空の機内食がリニューアル。人気レストラン「ココヘッド・カフェ」シェフ監修の新メニューは、ハワイらしさ満点!

公開日:2016.03.16

ハワイお得情報

 ハワイアン航空では3月1日(火)より、日本路線(東京、大阪、札幌)全ての定期便において、機内食をリニューアルしました。

 11月30日(水)まで提供する今回のメニューでは、オアフ島の人気レストラン「ココヘッド・カフェ」のオーナーであるシェフ、リー・アン・ウォンさんと、引き続きコラボレーションします。

HAkalua.jpg 日本出発便で提供するウォンシェフ監修の機内食には、ハワイの伝統料理「カルアピッグ」をアレンジした「豚バラ肉のカルアスモーク」や、リリコイソースをあしらった杏仁豆腐、「ココヘッド・カフェ」でも提供しているオリジ ナルメニュー「エッグ "ハンドイッチ"」が含まれ、ハワイ到着前に一足早く機内で「ハワイらしさ」をお楽しみいた だけます。

HAhand2.jpg ハワイアン航空の機内サービス「Mea Ho'okipa - メア ホオキパ」(「私がおもてなしいたします」の意)は、ハワイの文化、人々、 アロハスピリットを理念としており、ハワイアン航空にしかできない本物のハワイ体験として、これまで多くのお客さまに提供してきました。

 また、羽田発便で使用する豚肉には、千葉県北総台地で養豚業を営む在田農場の「恋する豚研究所」のブランド豚を初めて採用し、安心・安全でおいしい豚肉料理を提供します。

●ハワイアン航空とウォンシェフとのコラボレーションの詳細はこちら>>
●日本発着の各路線の機内食メニュー詳細はこちら>>

 なお、「シェフ・チャイ」のチャイ・チャオワサリー氏は、引き続きハワイアン航空のエグゼクティブ・シェフを務めます。

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート・マガジン

アロハストリート ハワイ島版

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top