ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
コアロハで世界に一つのウクレレ作りに挑戦!

コアロハで世界に一つのウクレレ作りに挑戦!

昨年秋、アラモアナ地区に移転した「コアロハ・ウクレレ」の工場で、なんとマイ・ウクレレ作りにトライしました。さて、結果はいかに!?

公開日:2018.03.03

更新日:2018.05.11

編集部体験レポート

アロハ!リツコです。

今回、この手でウクレレを作らせていただく、という、とーーーっても貴重な体験をしてまいりました。

そんな体験をさせてもらったのは、アロハストリート編集部からもほど近いアラモアナ地区にある「コアロハ・ウクレレ」のファクトリー。

以前はカリヒの方にあったファクトリーを、2017年にアラモアナに移転、ツーリストにもアクセス便利になったウクレレ工場です。

 

●世界に一つのウクレレ作り、スタート!

ウクレレ作りなんて生まれて初めての私とメグミ副編集長。ド素人の私たちを助けてくれるのは、こちらのPeng(ペン)先生です。

まずは、材料の説明から。「ボディ、ネック、フィンガーボードにブリッジ…これらを順に組み立てていきます。こんな風にある程度かたちになったキットを使うので、初心者でも安心ですよ。もちろんお子さんもチャレンジできます」とペン先生。

たしかに。しかし、なにせ基本的に不器用な私…。内心、ドキドキです。

まずはボディにブリッジを接着。2種類のグルーを使ってぴったり付けます。ホワイトグルー(いわゆる木工用ボンドですね)を内側、スーパーグルー(瞬間接着剤)を外側に塗り、指定の位置にしっかり貼り付けます。

細かい部分のホワイトグルーは、手の指でていねいに塗るのがコツです。

クイックグリップという機械でぐっと固定させている間に、サウンドホール部分の飾り(ロゼッタ)を作ります。

ハートや太陽などいろんなシェイプから、私はハイビスカス、メグミはホヌを選んで色を塗ります。簡単そうな作業ですが、オリジナリティを発揮できるのはここですからね。蛍光ペンを使って、楽しみながらあれこれ色付け。

メグミちゃん、レインボーカラーですな。こういうところに、個性がでる(笑)。

で、お次はいよいよネックとボディを一つにする工程です。グルーでくっつけるだけ…なのですが、これがなかなか難しいのです。曲がらないように、どこにも隙間ができないように、ある程度くっつくまで自分の手で押さえておく。

はい、ここは機械に頼らず完全に人力です(笑)。

押さえながら笑顔でポーズを作ったりして。でも、手がずれちゃわないようにけっこう緊張しております、私たち。ゆえに、表情がちょっとぎこちない(笑)。

はみ出ちゃったグルーは、カッターの刃やサンドペーパーできれいにします。

フィンガーボードをネックにくっつけて…

またまた、はみ出たグルーをきれいに処理。

ネックとボディの接合面がカクカクしているので、そこもヤスリなどを使ってなめらかにしていきます。

しばし、無言。この黙々とした作業が、非常に楽しい。なんどもヤスリをかけて、表面や角部分をすべすべにしていきます。

先程のロゼッタも接着して

オレンジオイルでブリッジやフィンガーボードを磨きます。つやつや〜。気持ちいい〜。

 

●ウクレレの弦も自分で張ります!

ここで登場したのが、バッテリーかなにかのようなボックス。

これ、ウクレレの弦なんですね〜〜〜。こんな風になっているの、初めて見ました。

先生のお手本を見ながら、太さの違う4本の弦を自分で張っていきます。ウクレレの弦を自分で張るなんて、なんだかすごく緊張します。私なんかがやっちゃっていいの?と思いながら、トライ。

ブリッジの穴に弦を通してしっかり留めたら、ヘッドの金具に通してペグをクリクリ…。留め方にもそれぞれコツがあって、それもちゃんとペン先生が教えてくれるので安心。

メグミちゃん、真剣。

スーパー不器用な私も、なんとか自力で弦を張ることができました。憧れのウクレレの弦を自分で張るという作業に、感動すら覚えながらの貴重なひとときでした。

最後は先生が、チューナーでちょちょいと細かい調整をして…

ソ〜ド〜ミ〜ラ〜〜〜♪

うおー。ウクレレの音階になってる!って、先生がちゃんと調整してくれたから当たり前なのですが、でも、感激です。

所要時間1時間ちょっとで、自分だけのウクレレが完成しました。うれしい!

ペン先生、ありがとうございました!

コアロハのPRを担当されているメディアエトセトラの千尋さんとも、記念撮影〜。ありがとうございました!

●●●●

この後、ウクレレを作っている工場の中も少し見学させていただきました。その様子は写真とともにギャラリーでどうぞ。

●●●●

いやー、それにしても本当に楽しい時間でした。せっかく作ったこのウクレレ、久しぶりにちゃんと練習したくなってきました。がんばるぞ!

●今回私たちが体験したのは「スペシャルファクトリーツアー」。
自分だけのウクレレを作る体験と、ファクトリーツアーの両方が含まれています。
全体の所要時間は1時間半〜2時間。1名から参加できます。
参加費は1名$350(税抜き)。
要予約なので、下記から英語でお申し込みを〜!

●予約メール:info@koaloha.com
●予約電話番号:808-847-4911 もしくはフリーダイヤル 866-840-4911
(ご希望日の48時間前までに予約してください)

月曜から金曜まで毎日13:00〜開催の「ファクトリーツアー」は、予約不要・無料で参加できるのでこちらもお見逃しなく!

 どこか懐かしい雰囲気の街、カリヒで1996年に生まれた今やハワイを代表するウクレレメーカー。パパことアルヴィン、ママのパット、長男アラン、次男ポールのあったかファミリーから生まれるウクレレは…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top