ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
知っていると通!ワイキキのブティックホテルまとめ

知っていると通!ワイキキのブティックホテルまとめ

大型リゾートホテルもいいけど、最近の旬はおしゃれで便利な「ブティックホテル」。つぎのハワイ滞在で利用してほしい、おすすめをご紹介。

公開日:2018.01.05

更新日:2018.01.17

まとめ記事

ワイキキのホテルと言えば、オーシャンフロントに建つ名だたる老舗や、世界的ビッグチェーンの大型リゾートを思い浮かべる人が多いはず。でもここ数年、ワイキキにジワジワと増えてきているのが、小規模ながら随所にこだわりが詰まったオシャレな「ブティックホテル」。今回は次回のハワイ滞在にもおすすめしたい、知っていると「通」なワイキキのブティックホテルをまとめてご紹介します!

 

どこを撮ってもフォトジェニック
ワイキキのホテルの流れを変える革命的な存在!

ザ・サーフジャック ホテル&スイムクラブ

2016年秋にグランドオープンし、オシャレ感度の高いロコや旅行者の間で話題になった最旬ブティックホテル。ワイキキのメインストリート、カラカウア通りから一本奥に入ったクヒオ通りにあり、また低層ホテルのためオーシャンビューはありませんが、建物に入った瞬間からスタイリッシュなビンテージ・ハワイの空間が広がり、ここだけのハワイ感をたっぷりと堪能することができます。

お部屋は通常のワンルームタイプ、ファミリーやグループ宿泊にも便利な3ベッドルーム、広々としたプライベートテラスのあるペントハウスなどがあります。ベッドサイドのランプや目覚し時計、壁のアートなど、おしゃれなインテリアにも注目です。

ホテル1階にはハワイの有名シェフ、エド・ケニー氏が手がけるレストラン「マヒナ&サンズ」と、コーヒースタンド&セレクトショップ「オリーブ&オリバー」があります。ホテルに宿泊していなくてもぜひ立ち寄ってほしい、ハイセンスなスポットです。

ザ・サーフジャック・ホテル&スイムクラブの詳細はこちら>>

 


ワイキキのゴールドコーストに建つ隠れ家
洗練された大人のためのホテル

ロータス・ホノルル・アット・ダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッドの麓に広がるカピオラニ公園の海側、オーシャンフロントに小さなホテルやコンドミニアムが立ち並ぶ「ゴールドコースト」と呼ばれるエリアにひっそりと佇むブティックホテル。

モダンなリゾートスタイルにまとめられたインテリアのお部屋では、ワイキキの喧騒を離れ、落ち着いた大人のハワイ滞在が楽しめます。

毎日7:30〜にカピオラニ公園で開催されるモーニングヨガやレンタル自転車の貸し出しなどのアクティビティのほか、ホテルロビーでは6:00〜10:00のコーヒー&ティータイム、16:00〜17:30にはワインをサービスで提供してくれるなど、宿泊者特典も充実しています。

ロータス・アット・ダイヤモンド・ヘッドの詳細はこちら>>

 


 

ヨットハーバーを見下ろす都会派ホテルで
贅沢なハワイ時間を満喫

ザ モダン ホノルル

ワイキキ西、アラモアナセンターまで徒歩圏内のロケーションに建つスタイリッシュなデザイナーズホテル。大きな窓から自然光がたっぷりと入り明るいお部屋に、目の前はアラワイ・ヨットハーバーで、ロマンチックな景色が広がっています。

ホテルのプールはファミリーでの利用もOKのサンライズプールと、アダルトオンリーのサンセットプールの二種類。プールサイドのウッドデッキにはリクライニングチェアや、大きなデイベッドがずらりと並び、ゆったりとラグジュアリーな時間を過ごすことができます。

ホテル内に昨年オープンしたばかりのシグネチャーレストラン「ラヴィッシュ・レストラン」のほか、夜にはミュージシャンの生演奏を聴きながらカクテルや軽食が味わえるラウンジ「ザ・スタディ」があり、ロコが特別な日に利用するデートスポットとしても人気です。

ザ モダン ホノルルの詳細はこちら>>

 


 

オフィスビルが大変身!?
便利・快適・オシャレがそろう優秀ホテル

ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ

ワイキキ中心で長年オフィスビルとして存在した「ワイキキトレードセンター」が全面改装し、スタイリッシュなホテルとして生まれ変わりました。小さいながらもプールもあり、フィットネスセンターもありと、アクティブなハワイ滞在が叶う設備が整っています。

1階、クヒオ通り側には、オフィスビル時代と同じくフレッシュジュース店「ジャンバジュース」や、カフェチェーン「スターバックス」の上級版「リザーブ」が、さらに新店舗としてオフプライスショップ「ノードストローム・ラック」、グルメ&ショッピングの「デュークス・レーン・マーケット&イータリー」が入店しています。

ハイアット セントリック ワイキキ ビーチの詳細はこちら>>

 


 

ワイキキど真ん中なのに隣島の雰囲気
レトロでキュートな最新ホテル

ザ・レイロウ・オートグラフ・コレクション

2017年3月末にオープンしたばかり。もともとはアクアワイキキウエーブというホテルだったものが、全面改装を経て生まれ変わりました。お部屋の中はゆったりと空間がとられており、まるでネイバーアイランドのリゾートホテルかのようなリラックスした雰囲気も魅力。

チェックインするとお部屋に置かれているウエルカム・バスケットの内容も盛りだくさん!レトロ&スタイリッシュな空間に加え、アロハたっぷりのホスピタリティは、ハワイ慣れしている人も、ハワイ初心者もホテルステイを満喫できること間違いなし、です。

ザ・レイロウ・オートグラフ・コレクションの詳細はこちら>>

 


 

ビーチまで1ブロック!
モダン&スタイリッシュな便利ホテル

ホテル・リニュー・バイ・アストン

海までたったの1ブロックという立地に建つ、都会的な雰囲気のホテル。ロケーションの利便性や内装のスタイリッシュさはもちろん、リーズナブルな価格も人気です。

宿泊料金にはコンチネンタル・ブレックファストが含まれており、毎日7:00〜9:30にはコーヒーやジュース、ペストリーなどの簡単な朝食を食べることもできるほか、カクテルをサービスするカクテル・レセプションも開催(週1回)されているなど、ほどよいおもてなしが、アクティブにハワイ旅行を楽しみたい人にぴったりです。

ホテル・リニュー・バイ・アストンの詳細はこちら>>

 


 

2016年改装でキレイに!
コストパフォーマンスgoodな穴場ホテル

ココナッツ・ワイキキ・ホテル

カジュアルでアットホームな雰囲気の、ファミリーフレンドリーな小規模ホテル。気取らないリラックスしたステイができると、リピート率が高いのが特徴の「知る人ぞ知るブティックホテル」です。

ワイキキ中心にあり、Tギャラリア by DFSなどのショッピング施設にもアクセス抜群。また宿泊料に、ペストリーやフルーツ、コーヒー、ジュースなどのコンチネンタルブレックファストが含まれていてお得感満載!

ココナッツ・ワイキキ・ホテルの詳細はこちら>>

 


 

シェアハウスのようなアットホーム感も楽しめる
共同リビング付きのスタイリッシュホテル

バイブ・ホテル

目の前にバス停がありアラモアナ・ダウンタウン方面へのアクセスが便利だったり、ビジネストリップにも利用される機能面と快適さが備わったコンビニエントなホテル。毎朝食べ放題のコンチネンタルブレックファストが料金に含まれているほか、ビーチパラソル、ビーチマット、タオル、ボディボードなどを無料で利用することができ、バケーションで滞在にも最適です。

ロビーにある「リビング&ラウンジ」では無料のコーヒーやお水、そして電子レンジなどが用意されており、まるで自宅のリビングでくつろいでいるかのような雰囲気を味わうことができますよ。

バイブ・ホテル・ワイキキの詳細はこちら>>

 


 

お手ごろ価格でワイキキ滞在
行動派のハワイ旅にぴったりな新ホテル

ステイ・ホテル・ワイキキ

元コンドミニアムだった建物をホテルに改装してオープン。各お部屋はもともとは生活スペースだったこともあり、コンパクトで使い勝手の良い作りが魅力です。また、各部屋に電子レンジがあるほか、宿泊者共同のコインランドリーが備わっているため、中〜長期滞在にもおすすめ。

気軽に泊まれる料金なので、朝から夜までアクティビティにショッピングに出かけっぱなし!という行動派の方に最適です。

ステイ・ホテル・ワイキキの詳細はこちら>>

2009年1月から、Wホノルル・ダイヤモンド・ヘッドから名称が変更となった。現在はスターウッド・ホテル&リゾートを脱退し、変わってキャッスル・リゾート&ホテルズがマネジメントしている。

ワイキキとアラモアナの中間、ヨットハーバーや青い海を眼下に見渡す絶好のロケーションに位置するデザイナーズホテル。白を基調とした明るい印象の客室は、チーク材の家具をアクセントに、洗練されたデザイ…

 ビーチまで1ブロックというロケーションに建つホテル。天然素材とモノクロームが芸術的に融合したホテル内のインテリアが、モダンでスタイリッシュな空間を生み出している。72室を有するリゾートでは、…

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top