ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
憧れのハワイ航路…ピンクパレスを徹底レポート【ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート】

憧れのハワイ航路…ピンクパレスを徹底レポート【ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート】

まさにピンクの宮殿!歴史的ホテルの代表格「ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート」をくまなくチェック!

公開日:2017.08.07

更新日:2018.05.11

編集部体験レポート

アロハ! メグミです。
エレガントなベッドルームから失礼します。
この心ときめく色使いにピンときたアナタは、ハワイ通!

 

はい、「ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート」です!

1927年創業。その風貌から「太平洋のピンク・パレス」と呼ばれる、歴史と格式あるホテルです。
ワイキキ中心という賑やかな立地にありながら、豊かな緑に囲まれ、静かで落ち着いた空気が漂う、まさに別世界。

 

そんなピンク・パレスを今回ご紹介してくださったのは…。

ホテル広報担当のアキコさん。

かなり見どころ盛りだくさんなので、今回のレポートは写真多めでお届けします!

 

まずは、建物の外を、ぐるりと歩いてみましょう。
フラミンゴを思わせる淡いピンクの壁、藍色の大きな瓶(かめ)、空のブルーとのコントラストが秀逸ですね〜。

 

敷地内のいたるところに、南国ハワイらしい草花があふれていて、まるで熱帯植物園のよう。

 

シグネチャーな「マルラニ・プール」。
サイズは小さめですが、落ち着いた大人の雰囲気。
ここでもテーマカラーのピンクがふんだんに使われています。

 

ワイキキのオン・ザ・ビーチ・バーといえば、ご存知「マイタイ・バー」。
撮影で訪れた時は午前中だったため、まだバーがオープンしていませんでしたが、真っ青な海を眺めながらお酒が味わえる、最高のロケーションです。

 

プールサイドにあるオープンエア・レストラン「サーフ ラナイ」。
ピンクのパラソル席が有名ですが、こんなフォトジェニックなテント屋根の席もあります。

 

オーシャンフロントのファインレストラン「アズーア レストラン」。

朝の時間帯は「サーフ ラナイ」として朝食ビュッフェを行っています。

 

プールサイドから見上げるこちらのタワーが、2015年4月にリニューアルオープンした「マイラニ・タワー」。

この建物自体は以前からあったのですが、全面的にリノベーションを行い、モダンラグジュアリーな空間に生まれ変わったということで…。
私も内部を見学するのは今回が初めて。ドキドキします〜!

 

 

【マイラニ・タワー】

マイラニ・タワーは、宿泊ゲストしか入れない専用のドアがあり、ルームキーで鍵をあけて入ります。

特別感にドキドキしますね…!

 

ドアを入るとそこは、宿泊ゲスト専用のラウンジ「マイラニ・ラウンジ」。
半オープンエアで、風が通り、心地良い〜。

 

広報アキコさん
「このラウンジでは、コンチネンタル・スタイルの朝食と、イブニングの軽食を毎日提供しています。アルコール類もお楽しみいただけますよ」
なんとなんと、宿泊ゲストは飲み放題、食べ放題ですってよ!

さらにマイラニ・ラウンジにはコンシェルジュや専用フロントデスク、24時間日本語ゲストサービスが待機。

日本語の新聞もありました。これはバリュー高い!

 

さて、ではゲストルームを見ていきましょう!

コンテンポラリーな、洗練された都会的なインテリア。
意外とピンクの要素が少ないですが、これはこれでアリですよね。

 

見てください、オーシャンビューですよ〜!

広報アキコさん
「計179室あるマイラニ・タワーのお部屋はすべて、ワイキキビーチに面しています」

 

どの部屋も、もれなくオーシャンビューなんですね〜。すごい贅沢。

 

ラナイ(ベランダ)には、ゆったりくつろげるソファ。

 

これぞまさにオーシャンフロント!
ちなみにこの写真、色加工なし、フィルターなしで、この彩度…たまりませんね!

 

ラナイから見下ろすと、先ほど歩いたマルラニ・プールが。
まるでジャングルの中のオアシスのよう…。かわいい〜。

 

では、お部屋の隅々をチェックしていきましょう!

大きめのデスクとフラットテレビ、液晶タブレットもあります。

 

バスルームの洗面台は1つ。
鏡が大きく、カウンタースペースが広いので、使いやすそうですね。
奥にはトイレと、その向かい側にはシャワーがあります。

 

トイレはもちろん洗浄機付き!

 

バスルーム・アメニティは、メイド・イン・ハワイの上質ブランド「マリエ・オーガニクス」ですよ〜!

 

 

次のページでは…

これぞ太平洋のピンク・パレス!
往年のハワイをたっぷり味わうヒストリック・ルーム

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top