ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
超オシャレ!優雅なステイを叶えるモダン・ホノルル【ザ モダン ホノルル】

超オシャレ!優雅なステイを叶えるモダン・ホノルル【ザ モダン ホノルル】

部屋にウクレレ?棚が回転?すべてがオシャレすぎるデザイナーズホテル、モダンホノルルを初訪問!宿泊したいホテルがまた増えました。

公開日:2017.07.12

更新日:2018.05.11

編集部体験レポート

 

アロハ! エリカです。

ハワイで私が泊まってみたいホテルの中のひとつ…それは、
 アラモアナとワイキキの間に位置するデザイナーズ・ホテル

「ザ モダン ホノルル(以下モダンホノルル)」!

モダンホノルル内のレストランには行ったことがあるのですが、ホテル内部を見学するのは今回が初めて。オシャレインスタグラマーたちがこぞって訪れ、フォトジェニックな写真をアップするのを見て、ずっと来てみたかったホテルなんです!ワクワク。

みっちりぎっしりモダンホノルルをレポートしますので、最後までお付き合いいただければ光栄です!


 


【客室】

モダンホノルルには眺望や大きさの異なるお部屋が全部で8タイプ。今回は、リビングルームと寝室がそれぞれ独立した「マリーナビュー・スイート」をご紹介します。

白を基調としたお部屋は、たっぷりと自然光が入って明るいです。

ロビーや廊下は間接照明のみを使用した暗めの雰囲気なので、部屋も同じ感じかと思いきやその逆。陰陽を生かした個性的な作りに、さっそくズキューンと心奪われちゃいます。

 そして、広い!

スーツケースを広げたら、足の踏み場がなくなりストレスを感じるなんて心配も一切ないくらい広々〜。

 壁には、ハワイ感を演出するウクレレやパレオなどの小物が。

お部屋によって色や柄が異なるらしいです。お楽しみってわけですね。

しかも、これらのアイテムは滞在中に使用することも可能なのだそう!※持ち帰りは不可

ポロンポロン…

ウクレレもちゃんと音が出ます。

水着の上からオシャレにパレオを巻いて、プールやビーチに行くなんてのもアリですよ。
にしても、私のパレオ使い慣れてない感が否めない…(笑)。

テレビ台にある木箱の中には、オリジナルのカプセルコーヒーペーパーカップリッド&スリーブワイングラスが入っています。

 キューリグ製のコーヒー・マシーンに…

 小さめですが、冷蔵庫もあります。

そして、マリーナビュー・スイートというだけあって、気になるのはラナイから見える景色。

 こちらのお部屋にはふたつのラナイがあるんです。

デッキチェアがある南側のラナイでは、「これ、ぜ〜んぶ私のヨットなの。」と言いたくなってしまうような、ヨットハーバーの絶景を独り占め。

 ふたりで座れるくらいゆったりサイズの椅子がある西側のラナイは、全面オーシャンビューとはいきませんが、街並3分の1、ヨットハーバー3分の2の割合で絶景が楽しめます。

スゥ〜。

ハワイの爽やかな風、波の音を感じながら、ゆ〜っくりと深呼吸…最高すぎる。

 奥の部屋へ進むと…

 寝室がありました。これまた視界を遮るものは一切なしのパノラマ・ビューが広がります。
窓を全開にして、一日中ここでゴロゴロしたい〜。

 テレビ横の引き戸の中には、洋服をたくさん掛けられるクローゼットが。セーフティボックスアイロン&アイロン台靴べらエチケットブラシに…

 薄手ながら、しっかり生地のバスローブもありました。

 バスローブは、モダンホノルルのロゴ入り。

 アメニティはカリフォルニアのLATHERというブランド。噂によると、ものすっごい良い香りがするみたいです。

 シャワールームとトイレは別。

固定式とハンド式の2種類のシャワーがあるのは、個人的にポイント高しです!

トイレの隣には大きな縦長の棚がありました。

旅先ではポーチやキャンドルなど、かわいい小物をおみやげに購入することが多いのですが、滞在中にゲットしたアイテムをこの棚にコレクションのごとく並べてみたいです。

 シャワーキャップソーイングセットスリッパなど、滞在を快適に過ごすためのアイテムもしっかり完備されています。


【プール(2階)】

●サンライズ・プール
ここここ!インスタグラマーたちがカクテル片手にキメていたお洒落プール!

チーク材を敷き詰めたウッドデッキ、それを取り囲む鮮やかなグリーン…これぞまさに楽園です。

しかも、プールの中に特殊なスピーカーが設置されているので、泳ぎながら音楽を楽しめるだそう!

どんな風に聴こえるのか気になって気になって、本当は頭を突っ込んででも確認したかったのはここだけの秘密…(笑)。

 プールサイドには、ひとり用のデッキチェアのほか、2〜3人でゆったり寛げる大きめサイズのデイベッドがずらり。

デイベッドは予約制で、宿泊ゲストは1日(7:00〜17:00):$60、アフター・ダーク(18:00〜21:30):$50以上でレンタルができます。

日頃寝付きがあまりよくない私でも、ここならぐっすり熟睡できそう〜。

 プールサイドには、柑橘系フルーツが入ったお水日焼け止めなんかも置いてあって、ホテルのきめ細やかな心遣いを感じられます。

 冷たいカクテルや軽食が楽しめるバーが併設されていたり…

 夕暮れ時にはロマンチックなサンセットが眺められたり、朝から晩までここに居ても絶対飽きない自信があります。

●サンセット・プール
 サンライズ・プール脇の階段を登ると、「アダルト・オンリー(大人限定)」の表示が。

そう。こちらのサンセット・プールは、18歳以上の大人のみが使用できるんです。

サンライズ・プールとは異なり、静かでよりトロピカルな雰囲気。まさに大人だけの空間が広がります。

 気持ちいい〜!

水深は浅く、泳ぐというよりは足をつけてリラックスするという感じ。最も深いプールの中央でも、スネくらいの深さしかありませんでした。

プールの周りには白砂が敷き詰められていて、まるでビーチにいる気分。

 サンライズ・プール同様、デイベッドもありましたよ。

なんとサンセット・プールのデイベッドは、ゲストじゃなくても、1日(7:00〜17:00):$100でレンタルできるのだとか。今度ハワイに遊びに来る友人とさっそく来ようっと。

また、月一でプール・パーティなども開催されるのだそう。きっとオッシャレ〜なパーリィピーポーが集結し、盛り上がるんだろうな〜。

次のページでは…
ロビーやショップ、レストラン&ラウンジをご紹介!

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top