ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
歴史オンチのための戦艦デビューat真珠湾【戦艦ミズーリ記念館】

歴史オンチのための戦艦デビューat真珠湾【戦艦ミズーリ記念館】

歴史に詳しくなくても大丈夫でした!超初心者目線でレポートいたします。戦艦って、時間を忘れるほど見所満載なんですね〜!

公開日:2016.05.25

更新日:2017.06.18

編集部体験レポート

title1.jpg

アロハ! ケイです。

ヨッコラしょっと、ハシゴを下りながらで失礼いたします。

22.jpg

とつぜんですが、私はいま、どこにいるでしょう〜か!?

.........

44.jpg正解は「戦艦ミズーリ記念館」です!

第二次世界大戦から活躍していたアメリカの戦艦で、いまはハワイ・オアフ島のパールハーバーに係留されている歴史的スポットです。

小・中・高と、歴史の授業中は、もっぱら教科書に載っている歴史的人物の写真に鼻毛を描きくわえるなどして過ごしていた「歴史オンチ」な私が、まさかの戦艦デビュー。そしてこの日、時間を忘れるほど夢中になってしまったのが...。

21.jpgこの中! 甲板からハシゴのように急な階段を下りて到着する先にあるのは、

37.jpgベーカリーに、

40.jpg図書館に、

45.jpg膨大な数の三段ベッド、エトセトラ!

小さな町が、戦艦の中にある感じ。ここでアメリカの軍人さんたちが、毎日生活をして、その合間に交戦していたんだな...。

戦艦ミズーリは昭和19年(1944年)に就役して以来、平成4年(1992年)まで現役で活躍し、平成11年(1999年)より「アメリカ史上最後の戦艦」として記念館となり、一般公開がはじまりました。いまも「マイティ・モー(巨大なミズーリ)」と親しみを込めて呼ばれる戦艦の中を覗いちゃいます!

42.jpgアメコミのキャラクター「ポパイ」のような絵が描かれたドアの向こう側は、

43.jpg

野菜用キッチン。

カウンターの上にはエプロンが無造作に置いてあったり、みずみずしいトマトが置いてあったりで、「あれ?コックさんはどこだろう?」と一瞬思ってしまうほど、生活感にあふれているんです。

25.jpgある日のお献立ボードも。ベイクドポテトやローストポークなど、ザ・アメリカンなメニューが並ぶなか、ひとつだけ「テリヤキステーキ」と、なじみ深い料理名が。果たして照り焼き味のお肉の評判はいかに...?

46.jpgこちらはクリスマスや感謝祭の日の特別メニュー。

ターキーやローストハムなど、アメリカのホリデーシーズンの定番料理が用意されたようです。日本のお正月のおせち料理といっしょで、やっぱり食べたくなるんでしょうね〜。きっと、ターキーを焼く良い香りが戦艦中に漂ったんだろうなぁ。

24.jpgここは海曹長の食堂。フェリーの客室を思い出す、質素なインテリアです。コーヒーメーカー、ドリンクディスペンサー、アイスクリームマシーンなども完備! 強面の上官が、食後のデザートに甘〜いアイスクリームを食べてウキウキしたり...してたのかなぁ。(※現在改装工事中のため見学できません)

26.jpg

ベーカリーは紹介しましたが、ペストリー(甘い系パン)のベーカリーもありました。パウダーシュガーのドーナツ、チョコレートのドーナツ、お・い・し・そ・う〜〜〜〜!

粉砂糖がまわりに散っていたり、本物と間違えるくらい、精巧に作られています。

28.jpgそして甘いものを食べすぎちゃった人の行く果て(!?)、歯医者さんもあるんですよ〜。

このほか、病院もあるし、床屋さんもあるし、日常生活に必要なものはすべてそろっていたんですね。

49.jpg

郵便局も。いまは使われていませんが、実は過去には、ここのポストで郵便を受け付けるイベントが行われたそうです。消印は「戦艦ミズーリ」。ロマンチックですね〜。

48.jpg海曹長ラウンジ。おじいちゃん先生が営んでいるような町の小さなクリニックの、待合室っぽい!このソファ、実際に座ってみてもいいんですよ〜。

船内はとても広く、じっくり見ると1時間以上かかるので、ここで休憩するのもアリ。(※現在改装工事中のため見学できません。ソファはほかのお部屋にもあるので、休憩はそちらでどうぞ!)

27.jpg

3段ベッドは少々窮屈な作りながらも、すべての乗員分の数が備わっています。ほかの戦艦では、数人でひとつのベッドに、交代で眠るシステムだったとか。それに比べたら個人用ベッドがあるなんて贅沢ですよね。

ちなみに、ここのベッドは現在、ロコの子どもたちが修学旅行に使用しているそうです。そして寝る前に盛り上がるのはやっぱり怪談話だとか(笑)。

そう、この船は戦艦としては現役を引退したけれど、今でもバリバリにいろんな用途に使われているのです!

その一番の役目はやはり、「歴史の生き証人」。アメリカ史上、最後に造られた戦艦として、その歴史をいまに伝えること。

次のページでは、日本語ガイドさんが案内してくれる、戦艦ミズーリの主要な見どころと特攻隊のエピソードをご紹介します!

 

この記事に関連するキーワード
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top