ハワイの最新現地情報が満載!

今シーズンノースで注目のサーフィン大会

今シーズンノースで注目のサーフィン大会

10月も終わりに近づきそろそろノースショアのビッグウェーブが出てくるころですね。そうです!サーフィンの大会の季節到来です!

公開日:2015.10.26

更新日:2017.06.15

ハワイのスポーツ情報「スポナビハワイ」

 アロハ!スポーツナビゲーターのA-1です。
 今年は雨の多いハワイですが、最近は日が短くなってきて徐々に秋に近づいていくのを感じる今日この頃です。というわけで10月も終わりに近づきそろそろノースショアのビッグウェーブが出てくるころですね。という事で、そこで今年から来年にかけてノースショアで行われる主なサーフィンの大会をご紹介したいと思います。

151021surf02.jpg
◎注目の大会スケジュール一覧!
日程(予備日含む) 大会名/場所
10/28~11/10:バンズ・プレゼンツ・ザHICプロ
Vans Presents The HIC Pro Sunset Beach サンセットビーチ
11/12~11/23: ハワイアン・プロ
Hawaiian Pro アーリィビーチ
11/24~12/6: バンズ・ワールド・オブ・サーフィン
Vans World Cup Of Surfing サンセットビーチ
12/8~12/20: ビラボン・パイプ・マスターズ
Billabong Pipe Masters パイプライン
1/29~2/8/:(予定) ボルコム・パイプ・プロ
Volcom Pipe Pro パイプライン
12/1~2/29:(予定) クイックシルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウ
Quiksilver in Memory of Eddie Aikau ワイメア
================================

141015surf09.jpg
バンズ・プレゼンツ・ザHICプロ
Vans Presents The HIC Pro Sunset Beach
 サンセット・ビーチで開催される、ヴァンズ・トリプル・クラウン・サーフィン(以降トリプル・クラウン)の前哨戦といえる大会。トリプル・クラウン参加へのワイルドカード(出場権)を手に入れることが出来るため世界を目指す若きサーファーが出場する大会です。112名の出場者のうち59名がハワイ出身、10代が34%を占めていることからも地元のキッズサーファーにとって重要な大会であることがわかりますよね。

 最年少の出場者は、日本からで14歳になったばかりの安室丈。また、同じ年代のローカルボーイ15歳のフィン・マグリル(Finn McGil)も次のジョンジョンと噂されて期待されています。

ハワイアン・プロ
Hawaiian Pro

 ハレイワ・ハーバーの西側に位置するアーリィ・ビーチは、2-4フィートでリップアクションのしやすい綺麗なライトの波が特徴でプロサーファーのトリッキーな技が見れます。そして、4-6フィートになると速くてパワフルな波が長いバレルを作りだし、6フィート以上になると、折れたサーフボートを見ることもしばしば。

151021surf04.jpg
バンズ・ワールド・オブ・サーフィン
Vans World Cup Of Surfing
 トリプル・クラウンの第2戦。舞台となるサンセットビーチは、西から北東のスウェルをひろい、トリプル・クラウンの3大会の中でも最もビックウェーブになる可能性が高い。オーストラリアのジョエル・パーキンソンは、「サンセットは、一番好きな波。フットボールコートを走るようなサイズと感覚の波がたまらない。難しいチャレンジングな波を乗りこなすのが好きだ。」とコメントしています。

ビラボン・パイプ・マスターズ
Billabong Pipe Masters
 そして、世界で一番エキサイティングな波、観光スポットとしても人気のあるパイプラインで行われるトリプル・クラウン第3戦「ビラボン・パイプ・マスターズ」。この大会は、前年度世界ランキング上位選手34人が1年を通して競い合うチャンピオンシップ・ツアーの最終戦となっていて、世界一のプロサーファーを決める大会でもあります。

141224triplecrown01.jpg
ヴァンズ・トリプル・クラウン・オブ・サーフィン
Vans Triple Crown of Surfing
 ハワイアン・プロ(11/12~11/23)、バンズ・ワールド・オブ・サーフィン(11/24~12/6)、ビラボン・パイプ・マスターズ(12/8~12/20)の3大会で構成されるイベント。それぞれの大会を通して総合ポイントが高い選手が優勝となる。

141224triplecrown04.jpg
ボルコム・パイプ・プロ 
Volcom Pipe Pro
 そして、年をこしてノースショアのレイトシーズンに開催されるボルコム・パイプ・プロ。世界を目指すローカルサーファーにとってはこの大会も重要な大会。ボルコム・パイプ・プロでトップ16の中に入ったハワイアンサーファーは年末に開催されるその年のビラボン・パイプ・マスターズで行われるトライアルに出れる。もちろん、すでに世界のトッププロも参加する。パイプラインと言えば、ジョンジョン・フローレンスが昨年は優勝してます。

クイックシルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウ
Quiksilver in Memory of Eddie Aikau
 世界中から選ばれる招待選手のみで競われるビッグウェーブの大会。1日を通して20フィート以上のコンディションが見込まれるときにしか開催されないので、過去29年間で行われたのはたったの8回。開催時は道路が混雑するため、開催されるかもしれない日は朝のニュースにもなるくらいのお祭りのような大会です。夏のワイメアベイはこんなに穏やかですが、今年はビックウェーブが予想されているので大会も開催される可能性が高くなってます!!

141224triplecrown06.jpg
 試合の開催は波のコンディションによるので、ノースに観光に行く際にはウェブサイトで試合が行われているかチェックしてみてくださいね。最近は現地に行けなくてもLIVECAMで生で見ることができるのでこちらもサイトでチェックしてみてください。

goto_sponavi2.gif

■このコラムへのご意見、ご感想、リクエストはこちらまで。たくさんのメールお待ちしています!!

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート・マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top