ハワイの最新現地情報が満載!

食べればわかる!90年以上愛されるハワイのクラッカー

食べればわかる!90年以上愛されるハワイのクラッカー

ハワイで愛されること90年以上!ロコにとっては懐かしく、そしてなくてはならない存在のクッキー&クラッカーが生まれる工場見学に行ってきました!

公開日:2015.03.20

更新日:2017.11.15

編集部体験レポート

 アロハ!ユカリンです。
ハワイで生まれ育ったロコが、物心ついた頃からずっと大好きなクラッカーやクッキーと言えば「ダイヤモンド・ベーカリー」。今から90年以上前、日本からハワイにやってきた移民が創業して以来、ハワイを代表するクラッカーやクッキーの焼き菓子ブランドとして、老若男女に愛されています。中でもソーダクラッカーはダントツの人気を誇るんですよ~。もちろん、わが子もプリスクールのおやつタイムに始まり、小学校の時は遠足用のスナック、そして現在でもイベントの打ち上げ時に、個別袋のクッキーにリボンを通して、お友だちに渡すキャンディ・レイとしても大活躍しています。

今回、その大好きなクッキーやクラッカーが生まれる「ダイヤモンド・ベーカリー」の工場見学に行く機会に恵まれました!それではさっそくレッツゴー!

IMG_7869.jpg
これは...ダイヤモンド・ベーカリーの商品のほんの一部。こんな小袋に入ったチョコレート・チップ・クッキーや、ハワイアン・ココナッツ・クッキー、ココナッツ・トフィ・クッキー、マウイ・クランチ・ケーン・シュガー・クッキーなど種類が豊富!

またスープやロコの大好物チリのお供にお約束のソーダクラッカーをはじめ、フリカケ味、シナモン・トースト味、ハワイアン・スイート・チリ味などがそろっています。商品の詳細はこちらをご覧になってみてね。

IMG_7877.jpg
工場に来て最初に目についたのがこちらの背高のっぽのタンク。ハワイ中はおろか、アメリカ本土にも流通している商品を毎日作るにはこれだけ大きな備蓄タンクが必要なのですね!それにしても大きい~

IMG_7747.jpg
ここでこねたクッキーやクラッカーになる生地は、季節によって量は変わるものの、900ポンド(400キロ以上)の生地が入るタブ(深いバスタブのような形)と呼ばれる入れ物に10~15個分も使うのだそう。...てことは、6000キロ!すごいーー。

IMG_7760.jpg
こねられた生地は何度も何度もロールする機械に通され、余分な空気を抜きます。この工程があの歯ごたえのいい層が詰まったクラッカーに仕上がるんですね。食べたらわかるけれど、ダイヤモンド・ベーカリーのクラッカーは、ほかのクラッカーのようにバサバサしてポロポロと崩れないんです。

IMG_7775.jpg
クッキーやクラッカーを型抜きする機械は、同じものを使用。スタンプ型を変えることでいろいろな形の商品に対応しているんですって。そして、型抜きをした後の生地は、そのまま処分せず、また再利用することで、資源を無駄なく使っているのです。材料はハワイ産のものを使い地場産業を支援しているというところも好きだなー。

IMG_7750.jpg
さて、いよいよクッキーを焼きます。このずらーっと並んでいるのがオーブン。このオーブンは、焼きの工程が3段階に分かれていて、手前のゾーン1は、直火ではなく、準備焼き、続いてゾーン2で遠火で湿気を飛ばしながらじんわりと焼きます。最後のゾーン3では、真上から焼いて表面に焼き色を付けていきます。工場内にはいい香りが立ち込め...あぁ、もう我慢できない~(笑)。

これらの機械は、1970年代からずっと現役で使用していて、毎日メインテナンスをするほか、土、日曜には、プロがメインテナンスをしているのだそう。歴史ある会社にはもういった年代物の機械がしっくりしますね。

IMG_7828.jpg
あ!これは!!息子たちが小さかった頃、毎日のように食べていたアニマルクッキーじゃありませんか!焼きあがったばかりのクッキーは、こんな風に冷ましながら袋詰めの工程を待ちます。

IMG_7845.jpg
これこれ、この袋~。見てるだけで元気になるピンクのキラキラとフィッシュ・プリント!素朴な味わいがまたいいのよね。

IMG_7858.jpg
季節ごとにスペシャルパッケージがでますが、これはイースター用のバラエティパック。小さめの袋入りがたくさん入ってるからおみやげにグッドだと思います!

IMG_7874.jpg
こちらが工場内の案内をしてくださったマギーさん。今から90年以上前、日本からハワイへと移民した3家族により1921年に誕生したダイヤモンド・ベーカリー。最初はサウスキング通り、現在のファミリー・レストラン「ジッピーズ」マッカリー店の向かい、タイムス・スーパーマーケットがある辺りで産声をあげたんですって。その後、どんどん事業を拡大していき、1970年代に現在のカリヒへと移転。移民だった創業者たちにアメリカの食べ物、クラッカーの作り方を伝授したのが、ハワイにいた宣教師だったという興味深い話なども昔の写真などを見せてくれながら教えてくれました。

IMG_6795.jpg
ハワイのロコが子ども時代から大人になるまで、ずっと食べ続けてるハワイで知らない人はいないとも言われるダイヤモンド・ベーカリーのクラッカー&クッキー。もちろん私もだーいすき!クラムチャウダーやコーンチャウダーに砕いたクラッカーを入れるとおいしいのよ~。まだ食べたことのない方、飾り気のない素朴な味をぜひ召し上がってみてね。日本からもオンラインでオーダー(商品が20%オフになるクーポンとオンラインオーダーが25%オフになるクーポンはこちら!)もできますよ。詳細はこちらをクリック

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハストリート•マガジン

ジャンル
CLOSE
島・エリア
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
CLOSE
page top