ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
ハワイのビルズだけ!おいしいカフェを攻略

ハワイのビルズだけ!おいしいカフェを攻略

「世界一の朝食」として絶賛されるレストラン「ビルズ」のワイキキ店は、世界で唯一カフェを併設。その楽しみ方をご紹介します!

2014.08.07

編集部体験レポート

 アロハ! ヨリエです。
 「世界一の朝食」が食べられるレストランとして日本でも大人気の「ビルズ」が、ワイキキに進出してから4カ月ちょっと。日本の4店舗(七里ケ浜、横浜赤レンガ倉庫、お台場、表参道)のほかにも世界的に数多くの店を展開していますが、ここ、ワイキキ店は、特別なんです! シグネチャーメニューのリコッタパンケーキやスクランブルエッグなどは、もちろん感動ものの美味しさなのですが、それだけではないのがワイキキ店のすごいところ。

300bills in Waikiki 1Fcounter_Photographer Mikkel Vang.jpg【ワイキキ店の特別なポイント】
・ハワイ産食材を使ったワイキキ店限定メニューも美味
・2階のダイニングは日本語でオンライン予約ができる(日本の店舗は予約不可)
・1階にテイクアウトもOKのカフェ&ダイナーがある
・1階のカフェ&ダイナーは2階ダイニングとは異なるメニューが注文できる

 では、1階では何が美味しいの!?

300IMG_3264.jpg ということで、今回は1階カフェ&ダイナーのメニューをリツコ編集長とともに調査してきました! オープンエアのおしゃれな店内、またはテラス席、どちらも居心地がよく、気分転換するには最高の環境ですよ〜。

300IMG_3190.jpg

キヌアサラダ w/ ひまわりのスプラウト、ビーツ、チリ、フェタチーズ $12、ウォーターメロン&ライムフラッペ、パイナップル&ココナッツフラッペ、レモン&ミントフラッペ $7

 まずは、キヌアのサラダ! ライムをギュッと絞っていただきます。コレステロールを下げ、美容効果もあるといわれるキヌアは、ヘルシー志向の人たちの間で熱い注目を浴びていますよね。ここのキヌアサラダは、上質な食材にこだわるビルズだからこそ作り出せるシンプルな美味しさ。シャキシャキのキュウリやポリポリとしたひまわりの種の食感も楽しめるおしゃれな一品です。食べてるそばから肌がキレイになりそう〜!

 さらに、シャリシャリのひんやりフラッペで涼しさ倍増! どれもスッキリ爽やかなのど越しで、ごっくんごっくん、一気飲みせずにはいられませんでした。

300IMG_3218.jpg

バターミルクパンケーキ w/ スモークベーコン、パイナップル、メープルシロップ $12

 もちろんパンケーキもあります。1階はリコッタパンケーキではなく、もっちりとしたバターミルクパンケーキ。ベーコンとパイナップルと一緒にいただく、しょっぱい&甘いの黄金コンビのパンケーキです。パイナップルには真っ赤なリーヒンムイ(ハワイでは「甘い梅」のこと)のパウダーがついていて、くちに入れた瞬間、パーッと線香花火がはじけるような夏の味がします(笑)。お腹をすかせたブランチにオススメ!

300IMG_3300.jpg パンケーキとセットでオーダーしたいコーヒーにもご注目ください。コーヒー文化が栄えているオーストラリア発祥のビルズは、アメリカの一般的なカフェとは少々異なり、メニューにドリップコーヒーはなく、すべてエスプレッソ・スタイルになっています。コーヒー好きならぜひ「ロングブラック」を。「ロングブラック」はいわゆる普通のコーヒーより濃いめ。ダブルショットのエスプレッソにお湯を入れて薄めたものですが、アメリカーノに慣れた人にとっては、かなり濃い印象。苦いというよりは、むしろコーヒー豆の甘みも感じられるくらい濃いです。

400IMG_3226.jpg

バターミルクパンケーキ w/ フレッシュフルーツ、ヨーグルト $12

 薄く焼いたバターミルクパンケーキにヨーグルトがたっぷり。レモン汁とヨーグルト、パウダーシュガーの甘みとバターが組み合わさることで爽やかな味に変身するから不思議です。甘さが少なくさっぱりとしているので、ひとりひと皿は楽勝! 大人も小さな子どもも喜ぶパンケーキ。

400IMG_3303.jpg

クリスピーポークベリーサンドイッチ w/ トマトチリジャム、ロール、野菜ピクルス $13

 食いしん坊の方にぜひかぶりついていただきたいのが、これ! カリッカリの厚切りポークとパン、という男前な風貌ですが、特製のソースがとってもフルーティで甘いので、味は上品なんですよ。果物のソースかなあ、と思いきや、トマトのジャムなんですね。ポークはかなりハードで噛み切るのが大変ですが、ハードだからこそ旨い。噛みしめるごとに肉の旨味が倍増します。ジャムとの相性も抜群。

300IMG_3278.jpg

バナナ、バニラアイスクリーム、パッションフルーツ、クランブルのサンデー $10

 ティータイムのおともには、ボリューム満点のアイスクリームサンデーを! 甘さ控えめのバニラアイスクリームとゴロッと大きなバナナに、生のパッションフルーツがかかっています。パッションフルーツは「リリコイ」の名でハワイでは人気の果物。ジュースにしたり、焼き菓子に練り込んだり、シェイブアイスのシロップにしたりしますが、そのまま生で食べられるお店は珍しいですよね。トロピカルな南国の冷たいおやつ。バクバク豪快にいただき、大満足です!

400IMG_3313.jpg このほかにも、まだまだメニューは盛りだくさんですが、まずはこれらのメニューからぜひ一度お試しを! 今回ご紹介したメニューは毎日11:30〜22:30の時間に、1階カフェ&ダイナーのみで注文可能。朝は6:00から営業していて、コーヒーやペストリーをテイクアウトする出勤前のロコもよく見かけます。すべてお持ち帰りできるので、近くのビーチまで持っていくのもありですね! お店ではWi-Fiも無料で利用OK! ちょっと休憩したいときにも気軽に立ち寄ってみてくださいね。

■ビルズをプロデュースするビル・グレンジャー氏のインタビュー
■オープニング・パーティの様子はこちら
■2階ダイニングの予約はこちら ※1階カフェ&ダイナーは予約不可です

 「カジュアルダイニングの王様」と称されるオーストラリア発祥のレストラン、ビルズのワイキキ店。 リコッタパンケーキやふわふわスクランブルエッグなど、日本のビルズ7店舗でも人気のメニューをはじめ…

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top