ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
MENU
CLOSE CLOSE
CLOSE
新コンセプトの魚介レストランがワイキキに!

新コンセプトの魚介レストランがワイキキに!

レストラン、タパスバー、そしてポケ丼カフェの異なる3つのコンセプトを併せ持つおしゃれなお店「ブルー・マーリン」がついにオープンしました!

公開日:2014.07.19

更新日:2017.06.14

編集部体験レポート

 アロハ! メグミです。
 次々と新しいお店がオープンしているハワイですが、ワイキキ中心にまたまた注目のレストランが登場しました。日本やハワイの新鮮な魚介類を使った「ジャパニーズ・フュージョン」をテーマに、レストラン、バー、ポケ丼カフェという3つのスタイルが一カ所で楽しめるという新しいコンセプトで、オープン前から話題になっていたのです。そんな注目店のメディアお披露目ランチに、リツコ編集長と出かけてきました!

1IMG_1024_400.jpg

 場所はワイキキ中心、シーサイド通りとクヒオ通りの角にあるホテル&コンドミニアム「マリン・サーフ」の1階。以前イタリアンレストランのマッテオスがあったところです。入口の階段を上がると、右手に「ブルー・マーリン・バー」のサインが見えてきます。このドアを開けると...?

2IMG_1015_400.jpg

 おしゃれな寿司カウンターが! ガラスの冷蔵ケースには、新鮮なネタがずらりと並びます。カウンターの上にあるマーリン(カジキマグロ)の看板がキュートですよね。

3IMG_1020_400.jpg

 カウンターの中では、寿司シェフが上質なネタをさばいている最中でした。このバーでは、寿司だけでなく、シーフードを使ったタパスメニューがお酒と一緒に楽しめます。とくにワインの品ぞろえが自慢で、壁一面を埋め尽くすほどのセレクション。カウンター席のほか、テーブル席もありますよ。

4IMG_1032_400.jpg

 カジュアルでにぎやかなバーをさらに奥へと進むと、雰囲気は一転、ファンシーで落ち着いたレストラン「ブルー・マーリン」の空間が広がります。ナチュラルさと洗練感が絶妙にマッチしたインテリアがとっても素敵。店内は大きく取られたガラスドアを通してラナイ(ベランダ)へと通じていて、外からの木漏れ日が降り注ぎます。ラナイ席もスペースが広めに取られていて、オープンエアでの食事も心地よさそうです。

5IMG_9204_400.jpg

 席につくと、お待ちかねのランチが運ばれてきました。まずはアソーテッド・サシミ・プラッターから。オイスターやオナガ、アヒ(マグロ)、ハマチと、新鮮なお刺身は美しい彩りにうっとり。ネタの上質さはもちろんですが、それぞれにジンジャーアイオリやシーアスパラガス、ポン酢ジェル&ハラペーニョなどのソースや薬味が添えられていて、ハワイらしいオリジナリティを感じさせます。

6IMG_1048_400.jpg

 2皿めはサーモン・スシロール。サーモンの裏巻き寿司は、ハワイではわりとポピュラーなメニューですが、薄くスライスしたレモンが巻かれていて、口に運ぶとトッピングの青ネギやポン酢がほんのりと香り、さっぱりとしていて美味! サラダ風の盛り付けが見た目にも美しいですよね。

7IMG_9228_400.jpg

 3皿めにサーブされたのは、サーフ&ターフ・パエリア。サーフ&ターフとは「海の幸、山の幸」といった意味ですが、ガーリックシュリンプ、スパイシーチキン、そして地野菜がひとつのプレートに乗ったこのメニューはまさに海と山の恵みのコラボ。程よく固めに炊きあげられたパエリアも、ガーリックシュリンプとの相性抜群でした。

8IMG_9214_400.jpg

 ランチが振る舞われる中、関係者の挨拶が行われました。こちらのキュートなふたりはお店のユニフォームデザインを担当したデザイナー、アリソン・イズ(左)と、サマー・シイギ(右)。アリソンは、自身のブランド「ALLISON IZU」で知られるローカルデザイナー。デニム素材を取り入れた洗練されたデザインで、ノードストロームなどでも取り扱いのある人気ブランドです。一方、サマーはファッションコーディネーターとして活躍する傍ら、最近はデザイナーとしてもキャリアを確立中。アリソンとサマーはローカルファッショングループ「ザ・カット・コレクティブ」をスタートし、いまハワイで注目を浴びています。

9IMG_9211_400.jpg

 こちらがブルー・マーリンのユニフォーム。上品なシャンブレーにアロハ生地を合わせたデザインは、ハワイらしいリラックス感の中にもモダンで洗練された印象が漂います。企画から縫製まですべてメイド・イン・ハワイで作られているのだとか。このユニフォームをはじめ、店内のすべてのディテールに、レストランへのこだわり、そしてハワイへの愛情がたっぷり込められているのがわかります。

10IMG_1030_400.jpg

 リツコ編集長と、赤いハットがおしゃれな社長のマサト・ジョージ・カネモトさん(左)。「ハワイでレストランを開くことが私の夢でした。ここブルー・マーリンを、ハワイで喜んでもらえるようなレストランに作り上げていきますので、ぜひみなさん気軽にお越しくださいね」とジョージさん。当面はディナーのみの営業ですが、いずれはランチメニューも考案していく予定だとか。今後がますます楽しみですね!

11IMG_9239_400.jpg

 さて、レストランとバーから廊下をはさんで隣りには、もうひとつのコンセプトであるポケ丼カフェ「ハイタイド・ポケ」があります。フィッシュ・マーケットで仕入れた新鮮な魚介類を使ったポケ丼が、おしゃれなカフェ空間で楽しめます。お店の詳しい情報は、また後日お伝えしますので、ぜひお楽しみに!

ブルー・マーリン
Blue Marlin

[エリア] ワイキキ中央
[アクセス] DFSから徒歩3分。シーサイド通りとクヒオ通りの角にあるマリン・サーフ1階
[住所] 364 Seaside Ave.
[電話] 808-922-5552
[営業時間] 17:00〜23:00

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

この記事をお友達にシェアしよう!

アロハスロリート•マガジン

page top