ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
注目のウクレレデュオ!ホノカ&アジータ

注目のウクレレデュオ!ホノカ&アジータ

キュートなロコガール2人のウクレレデュオ「ホノカ&アジータ」。5月18日、BEGINコンサートのオープニングアクトも務める話題のふたりにインタビュー!

2014.05.13

アロハストリート・インタビュー

 笑顔がキュートなロコガール2人のウクレレデュオ「ホノカ&アジータ」。2013年2月、ウクレレ・ピクニック・イン・ハワイの一環として行われたインターナショナル・ウクレレコンテストに出場。グループ部門1位と総合MVPを獲得したのをきっかけに注目を集め、本格的に活動を開始した2人は、ハワイはもちろん日本のイベントで演奏するなど活躍の場を広げています。そんな彼女たちに、2人が出会った場所でもあるウクレレスクール「ウクレレ・ハレ」でインタビューさせてもらいました。

hono11_edited-1.jpg
ホノカ&アジータ
Honoka & Azita

ホノカ(16歳)とアジータ(13歳)のふたりのロコガールによるウクレレデュオ。ジョディ・カミサトが主宰のウクレレスタジオ「ウクレレ・ハレ」で出会い、2012年秋頃からふたりで活動を開始。2013年度インターナショナル・ウクレレコンテストにてグループ部門1位と総合MVPを獲得し、一気に注目を集める。Youtubeなどを通じてその音楽は世界へ発信され、ハワイはもちろん日本での各イベントにも参加。その演奏テクニックとキュートな笑顔にファンが急増中で、毎週金曜の夜には、ワイキキ(カラカウア通り沿い、ワイキキ・ショッピング・プラザ前)でストリートパフォーマンスも行っている。

◎公式FACEBOOKページ:www.facebook.com/honoka.azita

honoka10.jpg

ーー昨年のコンテストでの優勝以来、ハワイでもめずらしいウクレレデュオとして注目を集めているおふたり。本当にすごい活躍ですよね!

ホノカ:ありがとうございます。実はインターナショナル・ウクレレコンテストにエントリーする時点では、優勝とか全然考えてなかったんです。当日の朝もパドリングの大会に出ていたくらいで(笑)。

アジータ:だから1位とかMVPとかに選ばれて、もうびっくり。もちろんとってもうれしかったです。

ホノカ:そのあと、去年のウクレレ・ピクニック・イン・ハワイのステージで演奏したり、BEGINのみなさんから沖縄のコンサート(昨年夏に行われた「うたの日コンサート2013」)に招待してもらったり、ハードロック・カフェでライブを行うようになったりしましたね。

BeginYafaiianFlyer-2.jpg

ーーBEGINといえば、5月18日にワイキキシェルで行われるBEGINのコンサート「BEGIN Yafaiian Music Concert 2014 in HAWAII」にオープニングアクトとして出演するんですよね?

ホノカ:はい!とってもとっても楽しみです。BEGINのみなさんと共演できるのは、去年のうたの日で最後だろうな…と思っていたので、また同じステージに立てるなんて本当にうれしいです。

アジータ:今、そのための曲を一所懸命練習しています。ものすごくワクワクしてます!

RIMG_7763.jpg

ーーふたりともすばらしい演奏テクニックですが、ウクレレが上達する秘訣ってあるんですか?

ホノカ:うーん、基本的には練習あるのみだと思うけど、楽しむことも大事かな。「練習しなくちゃ」って思うとたいへんだけど、曲を作ったりアレンジしたりし始めると止まらなくなって集中しちゃいますね。

アジータ:できれば毎日練習したいけど、なかなか…(笑)。でも、やっぱり楽しいからいっぱい弾きます。

hono01.jpg

ーーそんなふたりの先生は、ウクレレ・ハレのジョディ・カミサトさん(上の写真中央)ですが、先生の指導はどう?

ホノカ:ジョディは演奏はもちろんすごいんだけど、レッスン中も面白いんです。そして、いっつもハッピーでポジティブ。自分のことだけじゃなく、いろいろなことを考えている人です。一緒にボランティア活動をすることもあります。

アジータ:4歳の時からウクレレ・ハレでレッスンしているので、わたしの小さい時のことも知っていてくれる。想い出もいっぱいあって、大好きな先生です!

RIMG_7778.jpg

ーーホノカちゃんが高校生、アジータちゃんは中学生ということで、学校の勉強とウクレレの両立はたいへんなのでは?

ホノカ:うーん。たしかに忙しいけど、好きなことだから。毎日早寝早起きして、学校での授業中は集中して勉強します。で、アフタースクールにやりたいことを目一杯やる!ウクレレはもちろんだけど、サーフィンやパドリングも大好きなので、あちこち飛び回ってます。バランスが大事だと思ってます。

アジータ:私も、ウクレレを弾いているのが楽しいし、ホノカと一緒にいるのが楽しいからがんばれてる。ウクレレと関係なくても、よくふたりで遊んだりするんです。ウクレレ以外には水泳もやってますよ。

ーーすごく仲良しのふたりなんですね。ふたりで弾くのとひとりで弾くのと、どっちが好き?

ホノカ&アジータ:絶対ふたり!!(笑)

アジータ:一緒に弾くようになったのは1年半くらい前からなんだけど、ひとりで弾くよりふたりの方が楽しいです。

ホノカ:アジータとふたりっていうのがいいんです。ほかの誰かと弾くのとは、何かが違うっていうか。弾いてて私が「うわーーー!!」って感じてるとき、必ずアジータも「うわーーーー!!」ってなってる。盛り上がる部分も同じだし、すっごく気持ちいいんですよ。

RIMG_7787.jpg

ーー3歳違いの女の子同士…ケンカしちゃうことはないんですか?

アジータ:えー、今までケンカしたこと、一度もないと思います。なんでかな?(笑)

ホノカ:そういえばケンカしないね。もし何かあっても、あっと言う間に笑って終わっちゃいます。

RIMG_7790.jpg

ーーそんなおふたりの、これからの夢ってどんなものなのでしょうか。

アジータ:今は毎週金曜の夜にワイキキ・ショッピング・プラザの前(カラカウア通り沿い)でストリートライブを行ったり、Youtubeに自分たちの演奏をアップしたり、とにかく私たちのウクレレを多くの人に知ってもらいたいと思います。ウクレレを全然知らない人にも、私たちの音楽を聴いてもらいたいです。

ホノカ:私たちが体験させてもらっているすばらしいチャンスは、ウクレレを通じてもらったモノだと思うから、その感謝の気持ちをウクレレに託して恩返ししていきたいんです。世界中を旅行して、アフリカの子どもたちとウクレレを弾いたり、NYへ行って違う環境でウクレレの良さを伝えたり。ジェイク・シマブクロさんみたいに、ウクレレの世界をもっともっと広げていけたら最高だなと思います。

ーーすごいですね。私たちも楽しみにしています!

ホノカ&アジータ:ありがとうございます。5月18日のBEGINのコンサートだけでなく、5月24日のインターナショナル・ウクレレ・コンテスト(アラモアナセンター/センターステージ)、5月25日のウクレレ・ピクニック・イン・ハワイ2014でも演奏するので、ぜひ遊びに来てくださいね!

Honoka400.jpg

◎インタビューを終えて
16歳のホノカちゃんと13歳のアジータちゃん。インタビューの間も笑顔いっぱい、夢と希望があふれんばかりのハッピーオーラに包まれていました。アクティブなロコガールながら、日本語も堪能。ハワイと日本、そして世界をウクレレを通じて結んでくれそうな彼女たちのこれからに期待し、応援していきたいと思います。この夏にはウクレレの楽曲だけを集めたコンピレーション・アルバム「Island Style Ukulele2(アイランドスタイルウクレレ2)」に、2人が演奏する「Payphone」が収録、リリース予定。詳しくは、ホノカ&アジータの公式フェイスブックなどでチェックを!

☆ホノカ&アジータの情報はこちらでチェック☆
FACEBOOKページ:www.facebook.com/honoka.azita
Twitter:twitter.com/honoka_azita
YouTubeチャンネル:www.youtube.com/honokazita
インスタグラム:instagram.com/honoka_azita/

  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top