ジャンル
CLOSE

「店舗名・キーワードなど」「ジャンル」「島・エリア」はいずれか1つのみでも検索できます。

CLOSE
CLOSE
初体験の豪華ディナークルーズにうっとり

初体験の豪華ディナークルーズにうっとり

2010.07.13

編集部体験レポート

 アロハ! めぐみです。

 先日、上野編集長といっしょに、豪華ディナークルーズ「スターオブホノルル号」にお邪魔しました! 今回お招きいただいたのは、スター・オブ・ホノルル号の中でも一番ハイクラスの「ファイブスター」ということで、着なれないワンピースを着こんでみました。いかがでしょう? 普通のクルーズ、と思ったら大間違いで、ちゃんと「ドレスコード」もあるのです。短パン、ジーンズ、Tシャツ、サンダルは不可。皆がピッカピカのお洒落をして、一流気分を楽しむステキな場なのですね。

20100712184119_0.jpg

 実は私、ディナークルーズを体験するのは今回が初めて。「私みたいな庶民が行ってよいのかしら」「船って揺れるのかなあ」と、不安とドキドキが入り混じりつつ、いざ、港へ!

すると、見えてきたのは…。

IMG_4255_1.jpg

「で、でかい!!」と思わず大声が出てしまうほどのビッグサイズ。後ろに見えるアロハタワーが、おもちゃのように小さく見えますね。

 ファイブスターの客席は、船の最上階。エレベーターを上がると、そこは「全面ガラス窓の高級レストラン」といったゴージャスな風情が広がっています。座り心地のいい椅子、上品なテーブルコーディネート、ウエイターさんの紳士的なエスコート…「さすがファイブスターは違うね!」と、クルーズ慣れした編集長も感動していました。

 着席からほどなくして、船は港を出て、海上をすべるように沖へと進んでいきます。
 外の甲板へ出てみると…。

 レインボータワーから虹が出てる!! ある意味、ダブルレインボー!?

IMG_4304.JPG

 しかも、よーく見ると、左側にもうっすら虹が! 世にも珍しいトリプルレインボーを拝むことができるなんて、なんて幸先のいい船出でしょう。船内には、たくさんのハネムーンカップル。アメリカの方も日本の方も、そしてその他の国から入らした方も、それぞれの世界に浸って幸せそう。そのハッピーオーラが船内を包んで、私たちまで幸せ気分にしてくれます。

 さあ、いよいよお待ちかねのお食事です。

 ファイブスターのディナーでは、ハワイ産の新鮮な野菜や魚介類、フルーツをふんだんに使ったお料理が、7皿たっぷり味わえるコース料理です。そのクオリティの高さは、全米ネットワークの「フード・チャンネル」で紹介されるほど。

 乗船の際にドリンク券は3枚いただけます。ドリンクメニューを見ると、普通のクルーズではありえない豪華セレクション。ワインやシャンパンのセレクションも、一流レストランそのものです。グラスでいただけるハウスワインをいただくのも良し、船上にふさわしいお洒落なカクテルをいただくのも良し。食事をしながら2枚使って、デザートの時に、ちょっとリキュールの入ったおすすめの「カフェ・ゴダイバ」なんかをいただくのもおすすめだそうです。

IMG_4325_0.jpg

 お魚のメイン料理、活メインロブスターのサマーアスパラガス添え。この後、お肉のメイン料理にはプライム・テンダーロイン・ビーフが登場。どのお料理も、フレンチベースながら要所にトロピカルフルーツが使われていたりして、ハワイらしいアレンジがなんともバカンス気分をくすぐります。

 ここで私たちは、メニューに載っていない裏技ドリンクを教えていただきました。その名も「グリーン・アップルティーニ」。
船の中にもかかわらず、ファイブスターにはフルバーが備わっていますので、熟練したバーテンダーさんが、リクエストに応えて何でも作ってくれるのです。大人の旅の楽しみ方って感じ。
 このグリーン・アップルティーニは、グリーンアップルのテイストのマティーニです。爽やかでスッキリ、でもマティーニらしい風味はきっちりあって、お子様カクテルではありません。思い出の夜をさらに楽しくするお酒は、こんな風にファッショナブルであってほしいですよね。かんぱーい!

IMG_4322_0.jpg

 ほどよくお腹が満たされてきた頃、外はたそがれ模様に。
 オレンジ色の光が、大海原の向こう、ワイアナエ山脈に沈んでいくのが見えました。夏の間は、太陽の位置が北寄りになるので、海に沈むサンセットはこちらでは見られません。冬場は逆に写真左の方に太陽がずれていきますので、絵葉書のようなサンセットがのぞめます。

IMG_4340_0.jpg

 この日はあいにく雲が多く、真っ赤な夕焼けを見ることはできませんでしたが、これはこれで風情があり、切なさをさそう景色にしばし感じ入るばかり。
「地球はでっかいなー」。
 日々の小さなよしなしごとが吹っ飛ぶような、大きな景色でした。

 新婚のカップルたちが、次々にデッキに出てきては、うっとりとサンセットを眺めます。カップルさん同士が写真を撮り合う姿もとても微笑ましくて、サンセットを狙っていた私も、にわかカメラマンに変身。いったい何組の写真を撮らせていただいたことでしょう。

 日がとっぷり暮れた後は、本格ジャズのショータイムがスタート。生演奏をバックに、妖艶なシンガーがおなじみのナンバーをパワフルに歌い上げます。客席をまわりながらのパフォーマンスに、お客さんも大盛り上がり!

 
IMG_4365_1.jpg
 

 あっという間に2時間あまりの船の旅は終わりです。初めての豪華クルーズ、しかもファイブスターということで最初は緊張しましたが、ムード満点な船旅を満喫させていただきました。ワイキキやダイヤモンドヘッドなど、おなじみの景色も、海から見るとまた違ったように感じられたのも新鮮でした。

 豪華レストランに行くと、それだけでもひとり100ドル以上にはなったりします。頼むドリンクによっては、お値段も跳ね上がりますよね。極上の景色やショーも楽しめるクルーズがついて175ドル、というプライスは、実はとってもお得なんだ、と思いました。
 今度はぜひ、恋人と来てみたいものです。いや、ハネムーン希望で!!

スターオブホノルル号
Star of Honolulu
電話 808-983-7879(日本語ライン)
アロハタワー・マーケットプレイスより毎日出港
公式サイト www.starofhonolulu.com
  • この記事をあとでまた
    みたい場合は、
    マイページにクリップ!
  • クリップする

アロハスロリート•マガジン

page top